【ポケモンGO】いわゆる「きんズリ防衛」対策

ポケモンGO

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分34秒です。

いわゆる「きんズリ防衛」対策

「きんズリ」と「きんズリ防衛」

「きんズリ防衛」とは、ジム攻防戦において、ダメージを受けたジム防衛側のポケモンに対してひたすら「きんのズリのみ」(略してきんズリ)を防衛側が投げ続ける→ポケモンが受けたダメージがその都度全回復という、攻撃側からしてみると反則技に近い防衛方法です。

6匹のポケモン全部に対してきんズリを一個ずつ投げられる(結果、全てのポケモンのHPが全回復)くらいの事であればよくある話なのですが、削っても削っても延々全回復を繰り返されると、色んな意味で中々堪えます。

あと一息でジムを崩せると思っていたら「ええ? またやり直し!?」となってしまうからなのですが、ここはジム防衛側目線であれば「これだけきんズリ投げてるのに、まだ突撃してくるのか・・・」とも感じる場面ですね。

そんな防御側・攻撃側双方を客観視するのであれば、回復させ続ける側も回復させ続ける側ですが、突撃し続ける側にしてもまた然りだという、そんなアツいバトルの原因を作っている心憎いアイテムが、この「きんズリ」だったりするわけです。

誰しもこの「きんズリ防衛」に一度は泣かされたことがあるんじゃないか、反対に一度は救われたことがあるんじゃないかという、究極のジム防衛方法ですね。

一見難攻不落っぽい防衛方法なのですが、「きんズリ防衛されているジムは、しばらく落とすのをあきらめる(一定時間後に再チャレンジする)」ことを含め、幾通りかの対策が考えられます。

 

きんズリ防衛対策

「深夜~未明以外のジムの平均防衛時間が5~30分程度」みたいな超激戦地にあるジムだとどうだかわかりませんが、普通のジムであれば、なんの変哲もない時間帯に同時にきのみを投げるトレーナーさんって、そんなに多くないことが普通です。

多くても、精々3人程度じゃないでしょうか。

なので、ここでは「最大3人がきんズリ防衛をしている」と仮定しますが、きんズリ防衛を崩すためには、まずは防衛側にきんズリを投げ切らせてしまうことが必要になります。

スマホ二台持ちで、二つのアカウントでポケモンGOをしているのであれば、いわゆる「二段落とし」(裏技)が使えたりもするようなのですが、スマホ一台持ちであればどうしようもありません。

「二段落とし」のように、きんズリ防衛主を直で落とすことを狙うのではなく、まずはきんズリ防衛主にきんズリを投げ切らせてしまうことを狙うより他ないわけです。

きんのズリのみは一人当たり「30分で10個投げる」のが限度なので、3人がきんズリ防衛に参加している状態であれば、30分以内に3人に30個きんズリを投げ切らせてしまえば、そこから先防衛側はポケモンにきのみを投げることが出来なくなります。

そこで「ポケモンに与えたダメージがそのまま継続されていく→ジムを崩すことが出来る」となって、きんズリ防衛を崩せた形になります。

とっとと更地にしてしまおう、ではなく、腰を据えて確実に落としに行こう、という感じですか。

ポケモンGOの世界のきんズリ防衛を崩せたところで、現実社会で何を生み出せたという話しでは全くないのですが笑、特に2~3人と思しき「きんズリ防衛」を突破できた時の達成感は、中々のものだったりします。

これはこれで、ゲームのだいご味と言う奴ですよね。

 

一人のきんズリ防衛

話しを戻すと、要はきんズリ防衛サイドに「時間内にきんズリを投げ切らせることが出来るかどうか」に勝敗の分かれ目があるということなのですが、ジムを崩している最中にそれ(きんズリ防衛されてる?)と感じたら、まずはポケモンの崩し方に変化を付けて「そもそも誰がきんズリを投げているのか」の探りを入れてみましょう。

探りの入れ方としては、例えば、先頭のポケモンだけを2回連続で倒す、2回目に先頭のポケモンを倒したときに、そのまま2匹目3匹目のポケモンまで倒してみる、というような攻撃を2~3回程度繰り返すやり方があります。

こういう攻撃に対する「きんズリ」の投げられ方を見ると、不自然な回復をすることがあるんですね。

例えば、一体目は毎回即フル回復しているのに、2体目3体目はそのまんま、なんて感じですね。それとか、二体目のみ、あるいは三体目のみがフル回復、他放置みたいな場合もあるでしょうか。

そのような場合、毎回即フル回復しているポケモンを置いたトレーナーさんが「(十中八九)きんズリ防衛主だ」ということになりますが、一体目のみがフル回復しているときは一体目を集中的に削り、二体目あるいは三体目のみがフル回復しているときは、「フル回復ポケモン」までのポケモンを集中的に削っていきます。

もちろん、他にもうまいやり方はいくらでもあるでしょうが、ここで紹介させていただくのは、あくまで「私的お勧め」ということですということで、ご了承いただけたらと思います。

ちなみによくあるパターンは「直前にジムを崩した人」、つまり一番最初に出てくるポケモンを持つトレーナーさんがきんズリの投げ手であることが多いのですが、稀に2番目以降の何番目かにポケモンを置いた人が「たまたま気が付いた」感じできんズリ防衛をしてくることがあります。

こちらが探りを入れていた時点で3~4個は投げているはずなので、あとはただひたすら一体目のみ、もしくは「フル回復」したポケモンまでのポケモンを削って行く作業に終始していれば、比較的楽にジムを落とせる場合が多いです。

 

三人のきんズリ防衛

難しいのは、6人のうちの2~3人のトレーナーさんが協力してきんズリ防衛をしているジムを崩す場合です。例えば前の話しの続きでいえば、探りを入れても常に全回復、きんズリも軽く10個程度投げているはずなのに、それでもゴリ押しのきんズリ防衛が続いているというような場合ですか。

よくあるといえばよくある話、中々に絶望感が強い展開だったりもするのですが、こういう場合は2人以上のトレーナーさんによってきんズリ防衛がされています。探りを入れようと、例えば三体目のポケモンまで削ってみても、先頭に戻る頃には即全回復なんてことが何回も繰り返されます。

こういう場合は、適当なところでいったん諦めて切り上げるのも一つの手なのですが、どうしてもその場で落としたいなんて気分になってしまった場合は、一体だけ集中的に削るのではなくて、2~4体程度をまとめて削ります。そうしないと効率が悪いからですね。

きんズリ防衛主をきんズリ防衛中に落とせるかどうかではなく「きんズリ防衛主にきんズリを投げ切らせること」で勝負していくというどこかマッチョなやり方なので、きんズリ防衛に対してゴリ押しの攻撃で突っ込んでいきます。

例えば4体を一気に削って先頭に戻るという攻撃を繰り返していけば、4体を一度全回復させるのに4つのきんズリを必要としますが、「探り」後にこの作業を6~7回程度(30分以内で)繰り返せば、あとはきんズリ防衛無しでジムを崩すことが出来ます。

ただし、複数人がかりのきんズリ防衛ジムを崩そうと思ったら、どんなに短く見積もっても大体20~30分はかかることになると思うので、あとはその辺をどう捉えるかですよね。

ジムの金バッジが欲しいなんて場合であれば、ハピナス、ケッキング、ドサイドン、バンギラスあたりのきんズリ防衛はある意味大歓迎だったりもするのですが(倒しても倒してもHP全回復してくれるので、倒せば倒しただけジムのランクがガンガン上がっていきます)、そうでないような場合はちょっと・・・というところでしょうか。

 

四人以上のきんズリ防衛

結論から言うと、時間がもったいないので「きんズリ防衛突破」はあきらめましょう笑。

それでもやってやれないことはないだろうと思わなくもないのですが(6体の苦手ポケモンのみのパーティーを二~三編成組んで突撃するとか)、仮に6人全員のきんズリ防衛に単身突っ込むとしたら、30分で60個のきんズリ消費させる必要が出てきます。

30分で60個って、想像しただけで気が遠くなりますよね。

きんズリ防衛主3人の場合「30分以内に30個のきんズリ」が限度だとすると、「6体フル回復」が5回以上あった場合が4人以上のきんズリ防衛だということになりますが、例えば6人のトレーナーさんがポケモンを置いたばかりの時間帯で(皆精々5~10分程度防衛している状態)突撃して行った時など、最初の三回で3体を削ったのに即全回復、さらにその次に6体を削ったにもかかわらず6体全部即フル回復、なんてときは4人以上できんズリ防衛している可能性がかなり高いです。

激戦地にあるジムだとそれでも落とされて、新たにジムを占拠したチームがまた同じように落とされて・・・、ということが延々繰り返されたりもするわけですが、普通のジムで意味もなくそれをやってしまうと、余計な恨みを買いかねません。

確かに、ポケモンをジム置きしたばかりの時間帯って狙われやすい時間帯でもあるのですが、だからといって時間をかけて、手間暇かけて、win-winではなくlose-loseの関係を作ってしまっては、元も子もないですからね。

といったところで、今回はきんズリ防衛と「私的・きんズリ防衛突破術」についてまとめてみました。

タイトルとURLをコピーしました