【ポケモンGO/レベルアップ】レベル40に到達しました!

ポケモンGO

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分12秒です。

【ポケモンGO/レベルアップ】レベル40に到達しました!

レベル40到達、ポケGOカンストへ

ということで、2020年8月30日、とうとう自分にもこの時がやってきました。

レベル40までの残り経験値が約15万xpとなったところで、カウントダウンツイート開始。

達成のほぼ一週間前です。

その先は、特にレベル40まで残り5万xpを切った辺りからは、割とあっという間でした。メガシンカレイドが始まった瞬間にタイミングが重なったことも、大きかったですね。

残り3万xp。

残り2万xp。

残り1万xp。

日付けが変わる前の時点で、「『7日目ボーナス』(後述)で10000xp以上もらえる明日、確実にレベル40に到達する」ということが分かっていたので、「朝起きてからゆっくりやればいいや」と思う気持ちと「どうしても即レベルアップさせてしまいたい」と思う気持ちがせめぎ合った結果、日付け替わり後即の方を選び、まずは近所のポケストップを回しに。

7日目の初ポケストップを回して、残り5000xpを切りました。

そして最後は、7日目の一匹目、フシギダネ。思えばポケモンGOで最初に出てくる”御三家”のうちの一匹、ゼニガメにどことなく似てますね。ポケモンのタイプ以外にも、緑色のフシギダネ、青のゼニガメという大きな違いはありますが、始めたばかりの時のことを少しだけ思いだしました。

無事ゲット。

そしてとどめの一撃、7500xp!

レベル40へ!

2016年7月22日にローンチしたポケモンGO、途中全くやらなかった期間等を挟んで、足掛け4年とちょっと、とうとうここまで来ることが出来ました。

しかし、今年は年頭以来、ポケGOに関しては経験値大盤振る舞いの年でしたね。

今年年頭にレベル37だったところから、4月にはレベル38に上がり、その後ぼちぼちポケモンGO関連の記事を更新しつつ、6月にはレベル39、最終的に今回(8月30日)のカンスト=レベル40到達となったのですが、本来であれば最難関のパート(レベル35以上、特にレベル39から40)を二か月おきにクリアしてきたということで、これは本当に「去年までのポケモンGOしか知らない」状態でぱっと見の判断をするのであれば、まさに驚異的なペースでした。

何も個人的なプレイ時間が突出して長くなったというわけではなく、前回のポケGO記事でもまとめたのですが、今年のポケモンGOの経験値報酬自体がこれまで比で突出した増加をしたことに、大きな理由があります。

かつてと比べて経験値を稼ぎやすい方へ稼ぎやすい方へとシステムがアップデートされている上、特に経験値を稼ぎやすいイベントが乱発されている傾向もあるので(レイドアワー、スポットライトアワー、イースターイベント、GOフェスト、つい最近始まったメガシンカレイド等々)、今年は経験値バブルの年でもあるんですよね。

これはなんとなくで思うことなのですが、今レベル1のまっさらな状態から(そこまでガチらずに)進めたとしても、やり方次第では恐らく1年~1年半くらいでカンスト(レベル40)まで到達するんじゃないだろうか、なんて思います。

レイドがあり、ギフト交換があり、しあわせたまごがあり、7日目ボーナスの×3が継続しているので、ハマり度にもよりますがレベル30までは比較的あっという間、そこから先にしても、割とコンスタントにレベル上げが進むんじゃないかな、なんて(なんとなくですが)思います。

現在の経験値が稼ぎやすい状態にしても、なんだかんだでしばらく続くんじゃないかな(逆に言うと「経験値稼ぎ」の難易度を元に戻すに足る理由が特に見当たらない)、とも感じるんです。

まぁ、主張のほぼ全てが「思う」「感じる」なので、どれも確固とした根拠があるわけではないのですが、現在はそのくらい、経験値爆上げチャンスが進行中だということですね。

ともあれ、これまでポケGOをプレイする時には、少なからず「経験値稼ぎ」の要素を意識してきた部分があったわけですが、今日この瞬間から、昨日までのルーティンがルーティンではなくなるという、ちょっと不思議な気分でもあります。

(「レベル上限解放、経験値稼ぎのポイント」については別記事に分離しました)

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
ポケモンGOblog
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました