【SNS・Twitterの基礎知識】ハッシュタグ・リツイート

SNSの基礎知識

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分24秒です。

【SNS・Twitterの基礎知識】ハッシュタグ・リツイート

twitterのタグ、RTについては元々別の記事に用語解説を含めていたのですが、今後は基礎知識は基礎知識として分離させることにします。

今後もSNSやアプリ等についての基本的な知識については、必要に応じて随時追加していけたら、と思っています。

ハッシュタグ

まずはTwitter利用の初歩的な部分として、ハッシュタグ(#)について。

自分の投稿に”#”(ハッシュタグ。以下タグ)を付けて投稿することが、原則として「そのことについての話題だ」という、投稿(以下、tweet)についての意思表示になります。

もちろん、タグはつけて投稿してもつけずに投稿してもどちらでもいいのですが、タグを付けずに投稿すると、多くのフォロワー(≒ネット上の友達)を持っている人以外、せっかくの投稿が誰の目にも触れずに終わってしまうということになりかねません。

なので、およそアカウントを公開している状態であれば、通常は付ける場合が多いです。

タグは一般的には文末に付けることが多いですが、稀に文中のワードに”#”をつけて表示することもあります。

例えば、よくある形としては「今日の勝利でCS進出決定! #baystars」みたいに書くやり方、これに対して、稀に「今日、#baystars が勝利してCS進出決定!」(タグ利用の場合、次の言葉との間に半角以上のスペースを開けることが必要)みたいに書く人もいる、といった感じですね。

総じて「その話題に興味があります」という意思表示ともいえる部分ですが、この慣習(?)を利用した機能がタグ検索で、Twitterの重要機能の一つとなっています。

タグの付いた言葉をクリックすることによって、同じテーマについてのtweetを一気にソートすることが出来る(時系列順、あるいは注目度の高さ順に一覧表示される)のですが、Twitterの場合、例えば、#baystars とタグを使ったとすると、「#baystars」部分がクリック可能となり、ここをクリックすることでbaystarsの話題を取り上げたtweetが一気に表示されます。

結果、自分のtweetもそのtweetの中の一つのtweetとして、タグ検索に拾われることになるんですね。

この機能を有効利用することで、同じ話題に興味を持つ人とつながったり、あるいはその話題についての多くのTwitterユーザーの声を知っていくことが出来るわけです。

逆に、多くの人が注目している話題(「トレンド」としてピックアップ表示されます)にタグ付きワードを添えてtweetすることで、自分自身のtweetに耳目を集めさせることも可能となります(Twitterを利用したプロモーション活動でよく使われる、定番的な手法ですね)。

 

リツイート(RT)

例えばハッシュタグ検索などで、自分がある特定のtweetについて良くも悪くも目を惹かれた、なんて場合。

その投稿を自分自身のタイムライン(自分の投稿をメインとした画面)に投稿しなおすことが出来るのですが、この「誰かのtweetを自分のtweetとして投稿しなおすこと」をリツイートと言います。

リツイートとは、Retweetですね。RTと略したりもします。

語の頭にある”Re”は、よくメールの返信なんかで出てくる”Re”と恐らくは同義だと思いますが、「このtweetについて、自分は興味を惹かれた」くらいの意でしょう。

一見「え?それってパクリじゃないの?」みたいにみえるかもしれませんが、RTしても元のtweetの形は一切変わりません。投稿者名、投稿内容、全てもとの形が残されたままで、RTとして再投稿(再tweet)されるんですね。

再投稿というよりは、tweetの紹介みたいなニュアンスの方が近いですね。

形的には、自分のフォロワーさんに、誰か自分以外の人間がtweetしたものを再投稿して紹介するという形です。詳しくはサイトの右側にある公式Twitterの表示を見ていただけるとわかりますが、「〇〇さんがリツイートしました」と表記された上で、元のtweetが投稿されるわけです。

このRTもTwitterの持つ重要機能の一つで、価値のある、あるいは注目に値するtweetがガンガンRTされることで、より多くの人の目に触れることになるんですね。

極端な場合、何万何十万と、あっという間にリツイートが広がって(その状態をバズるといいます)、時に「ユーザーの誰もが知る話題」となっていくんですね。

元々は小さかった話題が一気に広まっていく、このことによって時に問題が解決され、小さな感動が大きなムーブメントになり等々という、ネット社会一流の動きが作られていきます。

タイトルとURLをコピーしました