ゆるblog

【blog/映画レビュー】続 “君の名は。”? 天気の子を見てきました

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分3秒です。

「天気の子」以前のお話し

“君の名は。”の新海誠監督の新作である”天気の子”、公開初日に見てきました。

謎の(?)封切り前レビュー含め下馬評では既に色々言われていますが、総じて「君の名は。」にはまった人であれば恐らく普通に楽しめるでしょう。

「君の名は面白かったしなー、見てみるか!」程度で見に行ったとしても、「君の名は。」で描かれた世界の雰囲気自体が好きだったのであれば、少なくとも見終わって映画館を出るときに「金返せバカヤロー!」になることはまずないだろうと思います。

前作と喧嘩せず、世界観を壊さず、その映画一流の個性を乗せた上で、高い壁を越さずとも根本的な期待を裏切らずにやり過ごすことはできているのではないでしょうか。実際「君の名は。」を踏まえつつまるで別の映画を作って行くということが、制作で狙われたところでもあったようです(公式パンフ”director interview”より)。

仮に「君の名は。」を100点とすると、「天気の子」は大体75点~80点くらいの作品じゃないかというような(あくまで私見ですが)感想を持ちました。邦画史に残るレベルの大ヒットを飛ばした前作を超えることはさすがになかったとしても、これはこれで十分面白かったというのが正直なところです。

「君の名は。」までと「君の名は。」から

新海誠監督の作品は「君の名は。」から入っているので、それ以前をリアルタイムで抑えているわけではないのですが、後から作品の流れを見る分には、「君の名は。」が一つの転機になっていることがわかります。

というのも、新海誠監督作品の長いファンには言わずもがなの部分でしょうが、ドラマチックなハッピーエンドで物語が畳まれる「君の名は。」に対し、「言の葉の庭」然り「秒速5センチメートル」然り「雲の向こう、約束の場所」然り、新海監督の直近の過去作を見てみると「本当に大切な人を、結果的に自分のものに出来なかった」みたいな終わり方をする作品が主流だったんですよね。

「君の名は。」で例えるなら、瀧くんと三葉がティアマト彗星の衝突から糸守町の人々を救った後、瀧も三葉もそれぞれ相手の名前を忘れたまま、最後に坂道で再会せずにエンドロールが流れるのが「かつての新海作品だった」ということのようですが、「君の名は。」を境にして、この世界が違った描かれ方をするようになります。

「君の名は。」の時はストーリーに翻弄されるかのようななし崩しで、今回は力づくで、それぞれ主人公がその結末=最後の別れにつながる「切ないエンド」を止めに行くんですね。特に「天気の子」では、「作られた調和はいらない、今のあるがままが一番」といった世界を力づくで取り戻しに行くドラマが描かれています。

ということで、以下、ネタバレ含みのレビューをまとめてみました(「ネタバレ見ても楽しめる」方以外、特に”代償=人柱からの大荒れの結末へ”パート以降は映画鑑賞後の閲覧推奨です)。

 

天気の子・ネタバレレビュー

船旅から繁華街の雑踏へ

家出高校生・帆高が、田舎の島からの船旅の後、今時の都会に迷い込むところから物語は始まります。

いきなり都会からではなくあえて船旅を描写しているということは、ここに早くも重要な出会いが設定されているということを意味しますが、帆高は同じ船に乗船していて、やがて一時のビジネスパートナーとなる須賀圭介と出会います。

嵐の中、船上に出ていった帆高が海に転落しそうになるところを圭介に救われるといった出来事を通じて食事を共にし、会話を交わすんですね。

この出会いによって、後に帆高は都会に居場所を得ることになります。

ところで、零細出版社を経営する40代の(妻とは死別した)既婚男性だという設定の圭介、初見時の個人的な印象は、まんま「『君の名は。』の瀧のバイト先で、瀧と入れ替わった三葉と働く奥寺先輩のスカートを切ったクレーマー客」でした(実際には別人です)。

いくら尤もらしい理由があったところで、16歳の家出高校生に無理やりご飯をおごってもらうという展開はさすがに大概胡散臭く、結果的に楊枝でただ飯を食べたならず者というあの場面が一気によみがえったわけですが、この男が「天気の子」世界ではどんなタイミングでイタリア料理店に食事に行き、どんなタイミングで頼んだ料理に楊枝を入れ、どんなやり取りの後に”三葉”瀧にクレームを入れるのだろうか、「まずはそれを見たい!」とは結構思っていました。

実際には圭介と「かの人物」とは全くの別人なのですが(笑)、顔つきや声色の他雰囲気もそれとなく似ているというアウトロー風の外見に反して、しばし帆高が一人で苦労した後で実はいい奴だったという描写と共に話が進んでいきます。帆高が圭介と共に働き始めたあたりからは、明らかに圭介は圭介としてキャラが立ってくるのですが、それはまだ少し先の話しですね。

まずは突如大雨が降りだした船上にて、海に落ちてしまいそうになった帆高を救うことで、圭介と帆高の出会いが成立するのですが、この場面についてはいまいちわかりづらいところがありました。

なんでわざわざ船旅での大雨のアナウンスの中、一人好き好んでデッキに雨を浴びに出ていったのか(挙句、海に転落しそうになったのか)、という部分ですね。

映画の冒頭部分にあった、物語の展開や顛末を示唆するようなナレーションの内容と何か関係がある行動なのかな、とは思ったのですが、見ていてうまくセリフを拾えなかったためか、何かその部分は有耶無耶に進んでしまいました。

後からパンフを見ると、この行動は「作品自体が持つ大きなテーマを象徴するような行動だ」というとらえ方もできるのですが、結局のところなにを求めての(突飛な)行動だったのか、その目的というよりは結果(海に落ちそうになって圭介に救われた)の部分が強く印象に残っています。

 

最初の試練

いざ船を降りて大都会のど真ん中に上陸してみると、そこは帆高にとって随分殺伐としたところでした。

船で知り合った圭介以外の知り合いはいない、居場所もない、職も見つからないと、上陸早々詰んでしまうわけですが、ただ詰んでしまうだけでなく、色々厄介な話にもまきこまれていきます。

都会のリアルを描写するという展開は「君の名は。」でもありましたが、「君の名は。」で描かれた東京は、瀧と入れ替わった三葉がそのまぶしさを体感するという文脈の中で表現された東京、対して「天気の子」では人工的なドライさや殺伐とした一面が強調されます。

あれも東京ならこれもまた東京、といった感じですね。

「地方との対比」で都会の魅力が表現された「君の名は。」に対し、どちらかというと単体で都会の負の部分を目の前につきだしてくるのが「天気の子」の世界なのですが、ストーリーの進展と共に、そんな世界にもある温かさが作中に織り込まれていきます。

とはいえ出だしでは、まずはギラつき、殺伐としてドライなところが強調されます。

猥雑な空気と共に満喫の派手な看板が出てきたり、逆から読むと”all in AV”となることで有名な(?)求人情報のトラックがBGM付きで走っていたりと、「見るところをみたらそっくりそのまま」といった感じの、繁華街の(賛否両論醸しそうな)風景が流れてきます。

この辺り、「君の名は。」でもどこかで見たことがあるようなないようなという胡散臭いタイトルがついたサイトを(三葉が瀧のために)ブックマークしていたり、相変わらず序盤ではちょこちょこ生々しいところをぶっこんでくるなぁ、なんて感じがするノリですね。

登場人物の境遇のみならず環境についても、新宿界隈の総武線沿線の風景が老舗名門通信添削・Z会のサブリミナル的な広告と共に描かれていた「君の名は。」とは好対照な描写だったりするわけですが、「東京やぁぁ!」と歓喜している(瀧と入れ替わった)三葉に対し、「東京って怖え」となってしまう帆高、わかりやすく好対照です。

物語開始早々、都会の雑踏の中で完全に詰んでしまった主人公・帆高くん。万策尽きて、船旅で知り合った圭介とアポイントを取ります。

まず仕事を探さなければどうにもならないとして、藁をもつかむ形で東京での唯一の知人・圭介に連絡を入れるわけですが、そこで得た仕事は、まさに願ったりの住み込みの仕事(ライター稼業)でした。

正式採用後の早速の取材では「晴れ女を探せ」との指令の下、パートナーとなった女子大生・夏美と共に、それっぽい場所を周っていく事になります。

ネカフェの個室での食事時、帆高がカップラーメンの蓋として使っている本が常に”The Catcher in the Rye(ライ麦畑でつかまえて)”だったりするあたりもそのことを強く示唆しているのでしょうが、まずは帆高は自分の故郷から抜け出したい一心だったんですよね。

あとは、洋書を邦訳版ではなく原書で持っているというあたり「中身はわからない、単なるお守り」とかじゃないのであれば、元々ある程度しっかり勉強をしていた生徒だったのでしょう。

だからこそ思い立ったら自分を止められなかったとか、そんな話でもありそうです。

それはともかく、その結果がどうあろうとそこにい続けるよりははるかにいいだろうとノープランで都会に抜け出してきた帆高、結果トラブル続きの毎日に突っ込むことになったわけですが、寝床がネカフェから圭介の事務所となってから先は、東京砂漠の中でひたすら流浪の民と化して進むのではなく、与えられた状況の中で、自らの行動の延長で、やがて日々の目標を見つけていくといったターンがはじまります

仕事云々というよりは、とりあえず居つける場所が見つかったという安ど感、それを映画の鑑賞者と共有できる状態になったという進歩が大きい部分で、この辺りから何が起こるかわからない毎日から脱し、割とテンポのいい毎日が進みはじめます。

 

「晴れ女」との出会い、笑顔の日々

晴れ女とは、自らの意思で天気を操ることが出来るという特殊能力持ち女性のことで、作品を俯瞰するのであれば、ヒロイン陽菜のことです。

都会に出てきたはいいけど、泊まるところを探すのにも苦労する、仕事探しなんてとてもじゃないけどおぼつかないといった状況で、圭介と連絡を取る前の帆高にとってはファストフードも貴重な休憩場所となっていたのですが、そのファストフードの客席が陽菜との出会いの場でした。

今回は地方在住が帆高、都会住みが陽菜という「君の名は。」とは逆パターンの配置です。

客の帆高、店員の陽菜という立場を通してファストフードの顔見知りだった二人は、図らずもお互いの素性を知りあってしまうというイレギュラーなイベントを経験し、その距離が一気に詰まります。

やがて二人は陽菜の家を拠点として「晴れ間を作り出すこと」を商売としていくのですが、ここから先、帆高にとっては陽菜との「晴れ女」仕事は、圭介・夏美との「ライター稼業」と兼業となります。

陽菜との出会いが成立し、二人で仕事を始めた日以降、ようやく一時の幸せが二人の下に訪れることとなるのですが、帆高と瀧、帆高と三葉の出会いもこの時期に訪れます。

「晴れ女」依頼者の一人だったのが「初盆の日を晴れにして欲しい」と願っていた瀧のおばあちゃんだった、という形で訪れた出会いですね。

おばあちゃんの依頼を受けているとそこに瀧が現れ、帆高は瀧とも会話を交わします。会話の中で帆高は瀧に「誕生日を迎える女子へのプレゼント」の相談をし、一人プレゼントを買いに行くのですが、そのお店の店員さんが三葉でした。

「らしい」接点だなとは感じましたし、ほとんど一瞬ですが、割と満足感は高かったです。見覚えのある制服姿の瀧が登場してから「店員」三葉に至るまでは割と一気に流れていく展開ですね。

後から思い返してみると、それぞれ、瀧が帆高の相談に乗った時は三葉のことを思いながら、反対に三葉のお店で三葉が帆高に返答したときは瀧のことを思いながら、それぞれ帆高に回答しているようにも思えてくるのですが、「君の名は。」にハマった人間からすれば中々たまらないシーンでした。

瀧にしても三葉にしても、彗星衝突後にお互いがお互いの存在を忘れてしまったものの、何かが心の奥に引っかかっている、そんなときにそれぞれが「女子へのプレゼント選び」というお題を与えられ、かつ違った角度から回答する瀧と三葉という感じ、「君の名は。」のラストにそのままつながっていくところが容易に想像できてしまいます。

時期的には彗星衝突後、瀧が高校2年生か3年生、三葉が大学2年生か3年生の時点の話しでしょう。もし瀧と三葉が「天気の子」世界で再会することがあるとしたら、それは瀧と三葉が都心のインフラ共々無事生き残っていた場合の話しになりますが(笑)、この物語が描いた時期の、さらに何年か後になりますね。

そんなこんなで「君の名は。」の世界もガッツリ抱え込んだ「天気の子」の物語は、佳境へと進んでいきます。

 

代償=人柱からの大荒れの結末へ

「天気=晴れ間を自在に操ることが出来る」能力を駆使することの代償は、自らが身代わりになることで天気を安定させるというもので、そのシビアな事情が作中の中盤から、じわじわと陽菜の体に忍び寄ってきます。

結局「人柱」となった陽菜はいなくなり、陽菜を失うという代償と引き換えで、世界は好天を取り戻しました。

同時に、既に「お尋ね者」となっていた帆高にも、「かつて」(東京上陸直後)の禊が要求されます。帆高は一度捕まった後に再び逃走、警察の包囲網を潜り抜けて陽菜のところへいき、さらに陽菜を呼び戻すことに成功しました。

しかし陽菜を呼び戻すことによって「代償」を失った世界は再び大荒れの天気に見舞われ、結果東京都心部の大半は水没してしまうこととなりました。

ここで「物語の本編」といえる部分は一度幕を下ろします。

かつて(映画の最序盤)、まだファストフードの店員としてのかかわりしかなかった陽菜を守るため、風俗店のスカウトのような男から陽菜を連れ出そうとした流れで拾った銃を撃ってしまった帆高、「晴れ女」としての能力を酷使した陽菜、それぞれに審判が下されるといった(ラストに向かう)展開が始まります。

「晴れ女は人柱となって、天気を安定させるために犠牲になってしまう」という結末を元々知っていたという話の延長で、帆高、弟の凪と共に楽しい一夜を過ごした後、まずは陽菜が割とあっさり逝ってしまいます。

逝ってというと物理的な跡が残されているようにも見えますが、体が丸ごと水蒸気になって雲の上に上っていってしまう、来ていたガウンだけがベッドに残された状態ですね。

本当に、すごいあっけなく持っていかれちゃいます。

そしてここから警察と帆高の、「逃げて、捕まって、また逃げて」という追いかけっこが始まるのですが、このフェーズで足を引っ張るのが「大人である」圭介です。

帆高のピンチにかっこよく登場したかと思ったら退職金を払って厄介払い(ちなみにこの退職金で、帆高は陽菜、凪姉弟とホテル泊して最後の一夜を楽しみます)、それで帆高との縁を切って話を終わらせたかと思ったらわざわざ「鳥居」(陽菜の飛ばされた世界への入り口)のあるビルに先回りして、帆高を説得しにかかります(出頭を勧める)。

器が大きく、酸いも甘いも嚙み分けた大人であったような描かれ方をしていた圭介が、突如として「あんた、何やってんだよ」って感じの役回りを演じはじめるのですが、圭介は圭介で色んな葛藤抱えたまま、後手後手で深情けに引きずられちゃうんですね。

反対に、ここで活躍するのが圭介の姪、圭介の女子大生アシスタント(記者)である夏美で、逃走中の帆高の前に原付で颯爽と現れ、帆高を拾ってパトカー相手のカーチェイスを繰り広げます。帆高にとってはこの追いかけっこ自体が「陽菜に晴れ女をやらせたのは自分だ、自分が陽菜に晴れ女をやらせたから陽菜がいなくなっちゃったんだ」という自責の念に支配されてのものだったのですが、夏美は帆高のそういう気持ちにそっくりそのまま共鳴するわけです。

このシーン、かっこいいといえばかっこいいし、名場面特有の疾走感もあります。クライマックスへと続いていく見せ場の一つですよね。

ただ、それでは爽快といえば爽快なシーンにそのままのめり込めるのかというと、どこかでそれを客観視してしまう自分もいて、一度意地を張ったら最後まで貫き通してナンボ、でも意地を張る、貫き通すってなんだろうなみたいな気分にもさせられたところでした。

しかしそんな思いをふっ飛ばすかの如く、とにかく帆高は突っ走っていきます。その頑なな意思と共に警察の包囲網を潜り、圭介の静止も振り切った帆高は、陽菜が「晴れ女」となったビルの屋上階にある鳥居をくぐります。

逃走の目的自体が「陽菜の後追い」にあったということで、自分もかつての陽菜と同じ場所で強く祈って鳥居をくぐれば、陽菜をもう一度この世界に連れてくることが出来ると固く信じ、同じ気持ちを持って祈りを捧げるんですね。

その結果、ビルの最上階の鳥居から天空の雲の中の世界、陽菜のところへたどり着くと、陽菜をもといた自分たちの世界へと連れ戻します。

その後の展開はエピローグで語られるところとなりますが、結論として帆高が陽菜を連れ戻した後、大暴れした全員が全員、きちんと社会的なというか法的な制裁を受けることになりました。

ただまぁ、ここは結局のところ陽菜を連れて帰れたかどうかが大問題なところで、陽菜は無事戻ってきた、とりあえずはそれでOK、あとはやったことに対してけじめを付けたら、それぞれが毎日の生活を守っていくための準備が必要になってくるんですね。

 

エピローグとエンディング

エピローグは、帆高の高校卒業に時を合わせる形ではじまります。

再び上京する帆高、しかし今度は高校卒業後の大学入学という社会的な名分を持っての上京なので、バイト探しから住処まで、前回の家出上京がうそのようなイージーモードで話が進んでいきます。

社会的な禊を済ませ、正々堂々と再び東京詣でをした帆高、今度はかつてと違って選択肢だらけの状況下で、ゆとりのあるスタートを切ります。

そして訪れるエンド。坂の下から坂の上にいる陽菜を見つけた帆高、晴れて二人は再会を果たしました。

坂の上で待つ陽菜のところに駆け寄っていく帆高というラストシーンには、やっぱり君の名はのラストが被ります。

もちろん率直に、「天気の子」単体のラストとしても感動はしましたよ(笑)。

ただ帆高と陽菜の場合、結局はお互いの関係の保証にしても普通にあったのだろうと思える分、「君の名は。」に比べてハードルが下がっているようには感じなくもなかったです。

まぁ、こういうハードルは高いから偉い、尊いというものでもなくて、それよりは既にそこにある絆の強弱こそが意味を持ってくる部分でしょう。

「早く会いに行ってこい」みたいに、かつてに比べると立派な事務所を構えている圭介(と飼い猫)にちゃかされたりもしていたわけですが、色々あった分、ラストシーンが「日常生活の中にある、ちょっといいシーン」程度で終わったところも好印象でした。

その分、ラストで一期一会を突きつけられたような再会を果たした瀧・三葉とはやはり好対照な感じでしょうか。

その出会い(というか再会)によってそれぞれの人生の一面が確定してしまったかのような瀧・三葉の関係に対して、「まだまだこれから、いよいよこれから」といった帆高・陽菜という感じの爽やかさも魅力ですよね。

改めてですが、「天気の子」がお勧めかどうかと聞かれたらお勧めです。特に「君の名は。」にはまった人であれば楽しめるでしょう。

見終わった後にもう一度「君の名は。」を見たくなって来る映画だろうと思います!