ゆるblog

【ゆるblog】ブログ一記事の更新ペース

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分47秒です。

【ゆるblog】ブログ一記事の更新ペース

“ゆるblog”趣旨

などと聞かれて、上から返答できるような立場には未だなっていないような気もするのですが笑、これまでブログを書いてきた上で、色々見たり聞いたり調べたり考えたりetcというところから、これは参考になったみたいな部分を、今現在頭に残っている範囲でまとめていきます。

あえて雑談形式で、知識的なものだったり、それ以外だったり、時事ネタを絡めてみたり、色々まとめていく予定です。

今後とも週に一度程度の頻度で更新を進めていきますが、ゆるく読み進めていただけたら幸いです。

今回はBLOG記事の更新ペースについてまとめました。

 

ブログ一記事の更新ペース:理想は定期更新

blogを書くなら毎日更新した方がいいですよ、みたいなことは、ブログ関連のhowto本には割とよく書いてあります。

一日に一気に10本記事をアップしました、でも翌日から一週間全く何も更新しませんでしたというペースよりは、一度に10本記事を書けたとしても、それを1本ずつ十日に分けてアップしましょう(あるいはそれを苦にしないのであれば、毎日10本ずつ上げていくようにしましょう)みたいなことが、わりと方々で定石のように言われていることです。

確かに、そういうペースで進めた方が、記事が検索エンジンに拾われやすくもあるようです。

みなとみらい線沿線のスポット名検索にしても、結構色々なところで上位表示してもらえるようになってきましたし、まだまだたまになんですけど、書評とか社会の記事でもぼちぼち集まってきてもらえるようになりました。

ちなみに更新ペースがどうだと言われるときは、大体SEO(検索エンジン側のサイト評価)対策を意識した話しが根拠となっていて、「このように記事を書くと、例えばGoogleに評価されやすいですよ」(→キーワード検索で上位表示してもらえるようになるので、色んな人に自分のブログを見てもらえます!)といったことが往々にしてその話しのオチとなります。

SEOの代表的なところだと、例えば「キーワード選定に気を付けろ!」なんてことも言われたりします。

具体的にはバズを狙えるキーワードをタイトルに使って、サジェスト(=二番目以降のワード)を意識する、そのキーワードに相応しい記事を書け、みたいな話ですね。

そうすると検索エンジンに高評価されやすいということのようですが、この話は更新ペースについても然りのようです。

人間が書いて人間に読んでもらうことを想定するのであれば、一度にまとめてドカンと出したら後しばらく放置、またしばらくしてから同じことを繰り返してというやり方だと、読み手としては閲覧のリズムというかテンポを捉えるのが難しくなってくるでしょうし、反対に書き手の作業感にしても、時間の経過と共に強まっていくんじゃないかと思うんですよ。

総じて、わざわざサイトにたどり着いた人がどの程度満足できるのか、そういうサイトの場合は満足度が低い事が考えられる(恐らくそういうデータがあるということなのでしょう)、といったことが根拠にされているんだと思います。

だから「blogはきちんと生きていますよ(あと、きちんと記事毎のテーマも決まっています)」ということを、閲覧者と同時に検索エンジンにアピールするという形になる「毎日更新」が有効な手段となるのでしょう。

かといってなのですが、いきなり「毎日更新しろ」と言われても、特に初めのうちはこれが中々難しかったりします(しました)。このサイトでも、今も残る初年度の記事は、恥ずかしながら年で数えて何本ってレベルでしたからね笑。

どんなテーマでブログを始めたらいいんだろう、というところも人によっては悩みどころだと思うのですが、ここも割と二分します。

「ウケるテーマでとにかくブログを乱発しろ」というやり方、「まずは自分が書きたいこと(≒無理なく書けること)で勝負していこう!」とするやり方、このどちらかですね。

入り口部分としては、個人的には後者を推します。

よほど書き慣れている場合や、既に「人に読ませる文章を書くスキル」に問題が無いような場合は別ですけど、そうでなければ「ウケるテーマ」一本釣りはハードルが高すぎるためです。

ウケるテーマ=読み手が多いテーマであれば、書き手の数もまた然りということで、そもそも競合が強豪であることが常です。その場合の強豪って、そもそも一本一本の記事の質が高いだけでなく、そういう記事を時に無数に持っていたりしますからね。

自分自身がこれから一から始めていこう、まずは毎日更新から! みたいな場合って、スタート以前の段階で、既に割とキツめのハードモードだったりします。

もちろん、それでもやってできないことはないでしょうが、短期的な結果を求めるにしても長い目で見るにしても、割と伸るか反るかの博打っぽくなっちゃうと思うんです。

なので、そこはまず書き慣れることの方に目的を置いた方が有益だろうと思えてきます。

無理なく書けるテーマでしばらく続けてみて、書き慣れたと思った時点で「ウケるテーマにチャレンジしてみよう!」位でもちょうどいいんじゃないかと。

じゃあ、「ウケるテーマ」がやりたいテーマだった場合はどうするの? ということですが、その場合はもうそのまま突っ込んじゃいましょう。「ウケるテーマ」に取り組むのではなく、「自分が書きたいことを書いていくのだ」というつもりでやれば問題ないわけです。

そうなると、「ウケるテーマ」が「書きたいテーマ」だったことが、一点して強みになります。元々人が多いジャンルなだけに、ともすると、ワンチャン一攫千金みたいなバズを狙える可能性もあるからですね(その可能性はゼロではありません、程度の話しかもしれませんが笑)。

仮に「自分が書きたいこと」が「ウケるテーマ」から離れていたとしたら、自分が書きたいことを「ウケるテーマ」に近づける努力をすればいいわけです。

人はそれをマーケティングと呼ぶのですよ、なんて話しに持っていくことが出来るかもしれませんが笑、「ウケ狙い」をあまりに至上命題として尊重しすぎると時に本末転倒になってしまいます、なんて話しでした。

それとは別に、ブログを始める際の最初の目的としては、無理ないペースで毎日更新を続けられる状態に持っていくことを設定するのがおすすめです。

ということで、今回の話しをまとめると、ブログを始めようと思ったら、1.なるべく毎日更新する、2.自分の書けるテーマ、好きなテーマではじめてみる、この辺りが基本です、という話しでした。

やや唐突に終わった感も否めない初回のゆるblogでしたが笑、このカテゴリの記事も定期的に更新していこうと考えています。