スポンサーリンク

アジサイの季節の明月院(JR横須賀線北鎌倉駅下車)

鎌倉・湘南街歩き

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分44秒です。

アジサイの季節の明月院(JR横須賀線北鎌倉駅下車)

明月院とアジサイ

about “アジサイ寺”

鎌倉時代以来の由緒を持つ明月院鎌倉市公式サイト)が”アジサイ寺”となったのは昭和40年代のことで、昭和も半ばを過ぎた時期、戦後復興の一環として”アジサイ寺”となりました。

その結果、今では全国に数多ある”アジサイ寺”のルーツとなったのですが、現在の境内ではアジサイ以外の花も咲くことから、”花の寺”とも称されています。

アジサイの季節の明月院、唯一の難点としては、満員御礼当たり前という大盛況ぶりが挙げられます。お昼近くなると、入場待ちの列が長くなって入場規制がかかってしまうので、ねらい目は朝一、開門早々の時間帯です。

 

アジサイの季節の”アジサイ寺”

ピーク時、かつ天候に恵まれた日であれば、朝一を逃したら入場規制まではあっという間で、同じく鎌倉でアジサイが名物となっている長谷寺共々、平日でも開門早々混雑が始まります。

境内に入ると早速、盛況となっている空気の中に身を置くことになりますが、どこでアジサイにファインダーを向けたとしても、

ほぼ確実に”記念撮影”の様子が写り込んでしまいます。

それもまたアジサイ寺の持つ風情ですということで、こちらも明月院名物の”花想い地蔵”さんです。

 

明月院ブルーのアジサイ

明月院は、”明月院ブルー”を主体としたアジサイが有名です。

一口に”明月院ブルー”とはいっても、一つ一つの花に近寄ってみると、

厳密にはそれぞれの”ブルー”は異なっているようにも見えることがわかります。

ただし総体として見ると、”明月院のアジサイ色”に見えてしまうんですね。

明月院のアジサイは、少し高いところにも咲いているとはいえ、基本的に手の届く距離、目の高さからさほど離れていないところに多く咲いています。この点、同じ鎌倉のアジサイ寺である長谷寺と、好対照をなすところですね。

 

開園情報/アクセス

開園情報

施設名 開園日・開園時間 拝観料
明月院 6月:8:30~17:00

6月以外:9:00~16:00

一般:500円

小中学生:300円

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました