【青春18きっぷの旅:三日目】新潟駅から越後線・弥彦線乗車

上信越

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分23秒です。

前夜チェックインしたホテルの部屋にて起床後簡単に朝食を済ませた後、ホテルをチェックアウト。

早め早めのスタートで、弥彦を目指すことにしました。

【青春18きっぷの旅:二日目】新潟泊の夜
早朝の奈良井スタートの後、リゾートビューふるさと、大糸線、日本海ひすいラインそして信越本線と、丸半日がかりで普通列車を乗り継いで到着した新潟駅。 色々とプランが押してはいたのですが、なにはともあれ夕食がまだですよということで、...

朝の新潟駅

早朝の青空と新潟駅。朝からいかにも夏っぽく晴れ渡り、かなり爽やかな一日の幕開けとなりました。

外に出るなり一気に目が覚めていくのを感じた新潟駅前から、越後線・弥彦線と乗り継いでまずは弥彦神社、次いで弥彦山へ向かうのがこの日の予定です。

昨年夏、一昨年夏もこの地に降り立っているので、ご無沙汰というよりはちょっと懐かしい駅前風景でもあったのですが、それでもやはり「新潟名酒」と地名の入った看板を見ると、改めて、その場にいること自体に新鮮さを感じさせられます。

例年であれば、ここからゆっくり新潟市内観光へと赴きたい気分になるところなのですが、この日の朝が早かった理由は残念ながら別にありました。

繰り返しになりますけど、”18きっぷの旅”三日目はローカル線乗車+弥彦詣でということで、予め買っていた御朱印帳をスタートさせる神社として、弥彦神社を考えていたためです。

新潟市内観光についてはまた機会を改めてゆっくりと、なんて気持ちで駅前を後にし、構内へ向かいました。

 

越後線から弥彦線へ

新潟駅構内

新潟駅は、正面の改札からそのまま一番線ホームにつながっているという構造を持った駅です。改札の外から同じ高さにそのままホームが見えるという作りですね。

この構造、駅ビルがついているような大きい駅では結構珍しい構造だと思うんです。

新潟駅のこの構造自体は昭和の頃からのものだったと記憶していますが、現在駅の工事中ということで、一番線ホームは閉鎖中でした(ただし通路として歩くことはできます)。

さすがに昨夜に続く二度目の新潟駅。きちんとわかりやすい誘導があったこともあって迷うこともなく目的ホームに着くと、乗車を予定している9:22発吉田行きは既に表示されています。

OKここでいいんですね、ということで電車の到着を待ち、一路吉田、そして弥彦へと進みました。

ちなみにこの越後線・弥彦線乗車が、この日唯一のローカル線乗車です。旅行中の「お休み」気分、ゆとりを持ってローカル線乗車を楽しむことにしました。

 

越後線

例えば、普段首都圏に暮らしている人間が「越後線」という路線の名前から想像するのはどんな世界なのかというと、これはあくまで個人的なイメージに過ぎませんが、始発から終点まで遠くに山が見える中、田園の中をひた走っていく電車、強い日差しと夏の雲、手前にはかかし、たまに海沿いを走ると海の向こうには佐渡ヶ島みたいなイメージが少なからずあったりします。

ちょっとベタすぎるかもしれませんが、名前で乗りたいと思わせる路線ではあったんです。

このイメージのうちの一部がまさにそのもの、ど真ん中に当てはまるという区間もあるにはあるということは実際に乗ってみてわかったことなのですが、でもそれは少し走ってからの話し。

駅出発後、しばらくは首都圏近郊ぽい風景の中を走った後で現れたのが、「越後線」という名前から個人的にイメージしていた風景そのものでした。

内野西が丘駅より先が田園地帯となり、その先にある弥彦へと進んでいきます。

新潟駅発後、田園地帯になってから着いた最初の駅、越後赤塚。

見渡す限り一面の黄金色って中々壮観ですが、そんな田んぼと田んぼの間には時折川が流れ、その向こうに徐々に近づいてくる山。

まさに求めていた風景の中を走っていきました。

【国内小旅行/ドライブto新潟】津南町へ
新潟市内を目指してスタートした今回の小旅行ドライブ、結果的に最後の観光地となった津南町は、「観光」では元々の目的地でもありました。道中のドライブをたのしみつつ、観光案内所で教えていただいたコースのうち、見玉不動尊や龍ヶ窪を見学しました。

 

弥彦線・弥彦駅

JR吉田駅で越後線から弥彦線に乗り換えて二駅。

弥彦駅に降り立った瞬間は、やっぱり軽い達成感というか到達感がありました。

旅行の目的地に着いた〜! って感じですが、駅舎自体もそんな気分を盛り上げてくれます。というよりは、この駅舎があったからこそそういう気持ちが喚起されたのかもしれません。

神社の社殿風駅舎と、そこに横付けしている弥彦線。

外から弥彦駅を見てみると、より一層社殿風に見えます。

駅名表示を隠してしまえば、そうだと言われなければ、「これがJRの駅だ」とは中々わからないんじゃないかというような駅舎ですね。

そんな弥彦駅到着をもって、この日のローカル線乗車は終了。

この日のメインである弥彦詣で、神社+「街歩き」的な旅へ移行します。

(続く)

タイトルとURLをコピーしました