【青春18きっぷの旅:初日】中央線&中央本線で横浜から塩尻まで

上信越

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分7秒です。

普段はおよそみなとみらい線の沿線だったり、そこから近い範囲で動くことが多いのですが、このところ毎年お盆過ぎにお墓参りを兼ねた長旅をする事が習慣化していて、今年もまたその流れで旅行を企画しました。

ということで、今年はローカル線を使った電車旅で、太平洋側から日本海側に抜ける旅を楽しむことにしました。

about 青春18きっぷ

春夏冬の特定期間内(夏は発売期間が7月1日~8月31日、利用期間が7月20日~9月10日)、五日間(もしくは一日=一人計算で五人まで)JRの普通電車乗り放題で11850円。

この価格設定を高いと見るか安いと見るか、あるいはお手頃だと見るかは人それぞれだと思いますが、今更ながらやはり使いようによってはかなりお得で魅力的なチケットではあるでしょう。

五日間連続で乗ってもいいし、日付けをバラして乗ってもいい、なんなら別々の人が使ってもいい(既述のように、一日=一人計算でマックス五人まで)というように、とにかく五日分、あるいは五人分であれば果てしなく普通列車に乗車できてしまうチケットは、柔軟な使い方が出来るのも魅力のうちです。

特急列車や新幹線、飛行機とは違って日常のすぐ隣からそのまま非日常へと繋がっていく旅のイメージは、昭和以前の汽車旅にかぶり、かつ江戸時代の街道旅行にも被ってきそうな旅、という感じでしょうか。

【街歩きと日本史】五畿七道と東海道、江戸時代の「聖地巡礼」
今回のドライブ旅行では、数々の「旧街道」沿いを通過しました。街道といっても、近世以前からあった街道、近代化の過程で新たに街道と命名されて通された街道、大雑把に分類してもふた通りの種類があるわけですが、このうち「近世以前から」の街道の事情についてまとめました。

以下、今回の旅行の道中記ですが、まずは湘南新宿ラインで横浜をスタートし、新宿からは中央線/中央本線ルートで信州=長野(中央本線・奈良井駅)を目指しました。

 

湘南新宿ラインで新宿まで、さらに新宿から高尾まで

東京方面に向かう湘南新宿ラインってほとんど使ったことがなかった路線であるとはいえ、それでもやはり「いつも乗っている電車」感は強め。

そもそも乗車駅が生まれてこのかたの生活圏内、車両も見知った車両、それでホームもまぁ大体同じところからのスタートなら流石に見えてくる風景も同じようなものになるだろうと言う事で、スタートからしばらくは旅情の欠片も無い時間が続きます。

強いていうのであれば、ここ(いつもの生活圏を抜けるまでの時間、帰り道であればいつもの生活圏に入ってからの時間)が18きっぷ旅の難点といえば難点でもありますね。

可能であれば、この部分をなんかしらひねることで、旅はさらに味わい深いものとなることでしょう、なんてことを今回の旅行を通じて感じました。例えば旅を始めるにあたっての出発駅を変える、あるいは旅をクローズするにあたっての到着駅を変えることによって、日常と「旅」の間にワンクッション入れて「18きっぷ旅」を切り離すというやり方ですね。

道中が申し分ないだけに、その両端は気になりました。

新幹線や特急電車、さらには飛行機を使った旅はもちろん、それ以外でも例えばドライブ旅にしても、スタートの時点で準備も雰囲気も日常利用とは異なることが原則ですが、18きっぷ旅の場合、全てが緩やかに始まる(そして緩やかに終わる)ことが特徴です。

旅のどこかでスイッチが切り替わる瞬間がなければ、あるいはそのままずるずると終わってしまいかねない普通列車の旅ですが、見方を変えると「その瞬間」が確実に訪れることが分かっているからこそあえてそういう旅をしたくなる、という話でもあります。

今回の旅行では、高尾での乗り換え後に、ゆっくり世界が変わっていきました。

高尾から中央本線で塩尻まで -18きっぷ旅のはじまり-

横浜駅の改札をくぐった時点で18きっぷ1日目のカウントは始まっていたのですが、やはり旅情を感じるというよりは、正直なところ「単にいつもの生活圏内を移動しているだけ」感が強めのスタートとなりました。

この感覚が明確に変わったのは、高尾で中央本線に乗り換えたあたりからです。

横浜から湘南新宿ラインで新宿まで、新宿から中央線で高尾まで。乗車時間自体はともかく(横浜から高尾まで約1時間半)、なんだかんだで高尾までは乗り換え一回です。多少時間がかかるとはいえ、高尾までの距離感自体は横浜スタートの感覚で、横浜に軸足を置いたままの目線でも捉えることが出来ていました(計画時も、当日も)。

ところが、それでは高尾を起点とした行動を考えた場合はどうかというと、「高尾からであれば普通に出れるであろうところ」が「自分にとって、横浜に軸足を置いたままで普通に出れるところ」であるとは感じなかった、中央本線エリア自体が丸一日以上かけた旅行で行くところって感覚だったので、計画段階から、自分的にはここからが旅のはじまりだというポイントだったんですね。

そんな意味でも「高尾に着きました、それでは中央本線に乗り換えましょう」という時点でやや気分は高まったのですが、その中央本線のドアについていたのがこのボタンでした。

乗り換え時間を含めると、横浜をスタートして既に1時間半以上が経過している、乗り換えも二回目の乗り換えで「結構遠くまで来たな」という気分になり始めた頃、ローカル線によくあるボタンで開けるタイプのドア。

それは旅気分も盛り上がろうというものです(笑)。

このタイプの(扉にボタンがついている)電車が走っている区間って、これまでのローカル線乗車経験からだと、割と例外なく車窓からの風景が抜群だったりしたので、「いよいよかー!」(なるほど中央本線はそういう路線なのか)となるわけです。

それでもまだ路線の名前が「中央本線」ということで、なんか中央線みたいな名前が付いてるし、やっぱり適度に開けた住宅街の中をいかにも通勤電車風に走っていくのかなー位のことを思っていたりもしたわけですが、そもそも中央本線下りで高尾の三つ先(上野原)からはもう山梨県です。

山間部を走って甲府盆地を目指すのが中央本線なのだということで、車窓からの風景も都心部を走る中央線とはまるで別物で、いよいよ18きっぷ旅らしい旅の幕開けとなりました。

車窓からは常に緑が見えていて、山が近くなったり遠くなったりという風景の中。

車窓からの風景が一々絵になるな、なんて思いながらの乗車が続きました。

目的地がある以上、気持ちが急く部分もないわけではないのですが、それよりはこの雰囲気の中をゆっくり走ってもらいたい、ひたっていたいという気分の方が強くなる沿線風景。

そんな中、中央本線が甲府盆地に入って最初についたのが、この「勝沼ぶどう郷駅」です。

初日、それもまた半日も経過していない時点で「18きっぷ旅に求めていたのはこれなんだよ!」というような時間に恵まれながらの移動となった中、本当にこの旅をしてよかったなんてことを早くも思い始めた中着いたのが、山と山の間を抜けた盆地の入り口にある「ぶどう郷」の駅でした。

ちなみに結構空いていたお昼ごろの中央本線、それでもぼちぼち乗っていた人たちがほぼ一斉に降りていったのがこの駅だったのですが、ここから先はほぼガラガラになりました。

勝沼ぶどう郷駅は、ぶどうや桃、さらにはぶどうから作られるワインの産地である勝沼にある駅です。都心発のバスツアーの人気スポットにもなっているところですが、駅自体が「関東の駅百選」に選定されています。

駅最寄りのスポットにはぶどうの丘などがあって、ここだけでも一日かけたくなるようなスポットなのですが、残念ながら今回の旅の予定はある程度固まっていたということで、素通りせざるを得ませんでした。

山間部を抜けた中央本線は、勝沼ぶどう郷より先、緑に囲まれた甲府盆地の中をひたすら走っていきます。盆地なので、どの方角を見ても山が見えるのも特徴です。

ちなみに中央本線はそのまま長野県に入るので、車窓からだとうまく写真に収めることができませんでしたが、諏訪湖なども沿線に出てきます。

諏訪湖といえば、最近ではほとりの高台にある公園が映画”君の名は。”の聖地(諏訪湖は、作中で彗星が墜落することになった糸守湖のモデル)として有名になったところですね。

諏訪湖周辺にしてもゆっくり見て回りたいエリアではあるのですが、上諏訪ー下諏訪ー岡谷とその諏訪湖のほとりを抜けた後で、初日の宿泊地である奈良井へ向かうための乗り換え駅である、塩尻へ到着しました(高尾から中央本線で約2時間半)。

塩尻から奈良井までは20分程度なので、即奈良井へ向かっても良かったのですが、ちょうどいい時間でもあったので、駅前にある食べログ評の高いお店にて少し遅めの昼食を取ることにしました。

(続く)

タイトルとURLをコピーしました