【青春18きっぷの旅/二日目】日本海ひすいラインと信越本線からのオーシャンビュー

上信越青春18きっぷの旅

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分31秒です。

【青春18きっぷの旅/二日目】日本海ひすいラインと信越本線からのオーシャンビュー

「ひすい」と日本海ひすいライン

日本海ひすいライン

JR松本駅からリゾートビューふるさとに乗って、南小谷まで。南小谷での昼食後に、今度は大糸線で糸魚川まで。この行程で山間部を抜けた後、糸魚川からは元・JR西日本の北陸本線、現在は官民共同出資=第三セクターのローカル線である日本海ひすいライン(公式サイト)に乗車しました。

日本海ひすいラインは、かつてJR西日本の管轄下(北陸本線)にあった路線です。

北陸新幹線開業に伴ってJR西日本から経営分離された後に、2015年に官民共同の第三セクターとして、市振駅・直江津駅間が新規開業しました。

現在は妙高はねうまライン(公式サイト)と共に、えちごトキめき鉄道(公式サイト)が経営しています。

そんな前提があることから、ホームも特にJR大糸線と改札で分離されておらず、同じホームからの出発となるのですが、現在はJRの管轄ではないため、青春18きっぷが使えない区間にあたる点には注意が必要です。

 

ひすいラインの”ひすい”とは?

日本海ひすいラインの名に使われた”ひすい“とは、新潟県の姫川流域の特産である半透明の緑色をした石のことです。

いつからの特産かといえば先史時代からのもので、かつてはひすいで作られた勾玉などが、祭祀用に使われていました。道具としての「ひすい」は、同じく有史以前から日常生活で道具として使われていた黒曜石と共に、「産地」以外の場所でも使われていたという点に、特異性が見いだされます。

ひすいの場合はほぼ東日本全域で広く使われていた跡が確認されていますが、「ひすい」より産地の多い黒曜石の分布は、日本全国で確認されています。

このことから、後に律令制下で五畿七道が整備される以前から、本州では物流が広く発展していたということが推定されるんですね。

 

日本海ひすいライン乗車

そんな由緒正しい「ひすい」の名を冠した日本海ひすいラインに、糸魚川から乗車しました。

糸魚川の次の目的地は、ひすいラインの終点・直江津です。

大糸線の終点は糸魚川ですが、その糸魚川につく少し前(姫川ー糸魚川間)から、電車は日本海沿いを走りはじめます。

よりはっきり「日本海側」を感じることが出来るのは糸魚川を出て少したってからだったような記憶がありますが、いずれにせよ、ここで本州を縦断したことが明らかになりました。

糸魚川では短い接続時間の中、下校時刻を迎えたと思しき地元高校生に囲まれながらの乗車となったので、改めて途中駅で「ひすいライン」をパシャリ。

正面からがカッコ良ければ、側面のペイントもこれまたイカすという、

「トキてつ」ひすいラインは中々の電車でした。

ひすいラインが走り抜けていくのは、すぐ傍にある堤防、車窓から手の届きそうな位置に作られたテトラポット、さらにその向こうにある日本海、といった風景の中です。

砂浜も見えています。

車窓から臨める砂浜の向こうの海といったあたり、江ノ電・鎌倉高校前駅からの風景に近いものを感じたりもしましたが、砂浜との距離でいえば、間に国道134号線を含む江ノ電より、僅差でひすいラインの方が近いようにも感じます。

そんなひすいラインも国道(8号線)との並走区間を持っていて、この日の目的地である新潟までの距離が確認出来たりもしました。

あと約140キロ・・・まだまだ結構あるんですね。

ひすいラインの乗車時間自体はそれほど長くなく、およそ40分程度でした。

今にして思えば、40分も乗車したらわりと乗ってる方じゃないかという気もするのですが、乗車時にそんなことを思っていたという記憶は微塵もありません。

「18きっぷ旅」で感覚がマヒしていたということでしょうか 笑。

わりとあっという間と感じたひすいライン区間を経て、信越本線エリアに入りました。

 

直江津駅にて

“ETR”とは、Echigo Tokimeki Railway(ひすいラインの運営会社)のことです。

今回のプランではひすいラインのゴールであると同時に、信越本線のスタートでもあるのが直江津駅だったのですが、乗り継ぎまでに多少時間があったので、少々構内を見て回ることにしました。

ひすいラインを降りたホームにあった、お菓子の自販機。

駅のコンビニ傍には、特産品・名産品の展示コーナー。

“越乃Shu*Kura”(公式サイト)は、土日を中心として、「お酒を楽しむ」というコンセプトに基づいて運行されているイベント列車です。

上越妙高駅ー十日町間を走り、越乃=越後、Shu=酒、Kura=蔵、*=米、雪、花を意味しているということのようです。

このオブジェがイベント列車の停車駅を意味するものだということは現地で知ったのですが、何か特別感はありますね。

直江津はまた、北越急行のほくほく線(公式サイト)の始発駅でもあるので、同じホームにはほくほく線の電車が止まっています。ちなみに左側がほくほく線です。

今回の旅行では最終日の前日に乗車することとなった、やはり新潟県内の第三セクター鉄道がほくほく線で、新潟の山間部を通る直江津ー越後湯沢間で運営されています。

海沿いにはひすいラインが、山側にはほくほく線が、それぞれ直江津をターミナルとする形で結ばれているので、ローカル線乗車をメインとした新潟観光をする際、直江津は一つのポイントになってくる駅にあたります。

ほくほく線と、越乃Shu*Kuraオブジェ。

夕暮れ時の直江津駅ホームは、のんびりした雰囲気がとても良かったです。

またいつか! なんて一枚ですね。

 

信越本線へ -日本海を臨む車窓からの風景-

しばし直江津駅のホームでの時間を過ごしたのち、まずは信越本線の乗換駅である長岡駅を目指して、さらにその先にあるこの日の目的地である新潟駅へ向けての旅が始まりました。

ここからは、まずはひすいライン顔負けのオーシャンビュー路線となります。

砂浜がすぐ横にあるので、距離感ゼロの車窓風景が楽しめます。

特に青海川ー鯨波間はほぼ隣が日本海で、車窓風景にくぎ付けになってしまいました。

追記:この18きっぷ旅の約一年後、今度はドライブでこの海岸線を走る機会に恵まれました(【秋の妙高安曇野ドライブ旅 その4】鯨波から青海川へ -日本海の海岸線を夕陽ドライブ-)。

 

長岡から新潟へ

残念ながら直江津での乗車時点ですでに夕方だったため、信越本線の乗換駅である長岡までの乗車で日本海側の夕日は落ち、以降は夜間の車窓風景となりました。

信越本線の乗り換え駅だった長岡についたのは19時過ぎ。今回は信越本線の乗り継ぎ駅だったということで、わずかに滞在したのちにさらに新潟駅を目指しました。

電車内では本を読んだりスマホをいじったりという時間を過ごしたのち、20時40分新潟着。

途中観光をしながら、食事を含めながら、奈良井宿からおよそ12時間がかりの道中でした。

「ようやく着いたぜ~!」「いやーお疲れ!」といった感じですが、せっかく新潟に着いたのだからと、この日の宿へのチェックイン後、駅前の繁華街へ「旨いもの」を求めて繰り出しました。

(続く)

 

アクセス

糸魚川駅

 

直江津駅

 

青海川駅

 

長岡駅

 

新潟駅

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
上信越青春18きっぷの旅
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました