【春の横浜】汽車道の桜

みなとみらい線沿線の四季

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分0秒です。

【春の横浜】汽車道の桜

汽車道

周辺環境

汽車道は、日本丸メモリアルパーク傍からワールドポーターズ手前に向けて通された遊歩道です。山下臨港線プロムナードと同じく、鉄道の廃線跡が観光資源として再利用されました。

歩道に沿って桜が植えられている並木道のため、桜の季節は道沿いが華やかになるのですが、川の向こうに延々続く桜の並木道が、汽車道です。

桜並木は汽車道に沿って作られていますが、

そもそも入り口付近から桜に囲まれています。

桜の向こうにナビオス横浜、さらにナビオス横浜越しには赤レンガが見えますが、

はるか遠くにクイーンの塔(横浜税関)があるのも、この位置から肉眼で確認できます。

汽車道の入り口、右側にかかる小さい鉄橋が港三号橋梁です。

 

桜の季節の汽車道へ

並木道の桜は、丁度満開でした。

線路跡がレプリカの形で残されているのも汽車道の特徴ですが、

遊歩道に”線路跡”があることによって、単なる日常ウォーキングに冒険気分が加味されたりもします。さすがに”stand by me”とまではいかなかったとしても、なんとなくその昔の姿を偲ぶことが出来る感じですね。

さくら通りからカップヌードルミュージアムパーク方向へ歩いた後で、例えば新港中央広場付近でUターンして汽車道に入るとすると、ウォーキングのスタート地点となったさくら通りを対岸に臨むことが出来ます。

汽車道の桜も、さくら通りの桜と同じく、近い距離で見れるのがポイントです。

さくら通りからだと至近距離でやや圧迫感を感じたランドマークやクイーンズスクエアも、若干距離があるので、いい塩梅の背景となってくれます。

港三号橋梁と港二号橋梁の間の歩道は道幅が広く、かつ芝生が敷かれた一帯もあります。

平時であれば、レジャーシートを敷いてお花見が出来るスペースですね。

 

港二号橋梁が見えてくると、桜並木もいよいよ終わりです。

逆から来るのであれば、ここからがお楽しみという分岐点ですね。

振り返るとナビオス横浜方向に続く汽車道と、桜並木。

川の向こうはカップヌードルミュージアムパーク方面です。

ここの水は割と綺麗です。カヤックやってる人がいたりするくらいですからね。

散った桜が波打際に滞留しているのがはっきりわかりますが、今年の桜も今がピークですね。

二号橋梁と、背後にランドマーク。

最後の鉄橋である港一号橋梁をくぐると、桜木町駅まであと少しです。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました