【春の横浜】山下公園の桜

みなとみらい線沿線の四季

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分59秒です。

【春の横浜】山下公園の桜

春の山下公園

みなと横浜を代表する公園の一つである山下公園は、春になると桜の名所としても人気を博します。

メジャーな見どころは、石のステージ(山下公園の元町寄りの部分です)付近と未来のバラ園(中央入り口付近にあるバラの花壇です)付近の二か所です。

中華街の東門から一直線に山下公園を目指した場合の入り口・中央入り口から入ると近いのが枝垂桜、港の見える丘公園からフランス橋・ポーリン橋を渡って山下公園に向かう場合に近いのが、石のステージ付近に植えられた桜です。

 

山下公園内・石のステージ周辺

ポーリン橋から山下公園に入った場合、石のステージ周辺の桜が最初に目に入ります。

満開時にはものすごく桜が映えるのですが、今回は3分~5分咲き程度の状態でした。

3月下旬現在、春爛漫まであと少しでした。

ちなみに梅雨時になると、今度はアジサイが一杯の一帯となります。

 

山下公園内・バラの花壇付近

ほぼ山下公園のど真ん中にある枝垂桜は、公園内から撮影するとニューグランドが背景となり、

ニューグランドを背にすると、桜の向こうに氷川丸を撮影できます。

毎年お馴染み・春の風物詩的風景は、今年もまた健在でした。

タイトルとURLをコピーしました