【街歩きと横浜史】三渓園 -旧矢箆原(やのはら)家住宅-

三渓園と本牧エリア

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分16秒です。

【街歩きと横浜史】三渓園 -旧矢箆原(やのはら)家住宅-

旧矢箆原(やのはら)家住宅

about 旧矢箆原(やのはら)家住宅

旧東慶寺仏殿の隣にある旧矢箆原(やのはら)家住宅は、合掌造りの住宅です。

ダム建設によって一帯の水没が決まった昭和の半ば、三渓園へと移築されました。

施設内の重要文化財の中では唯一内部見学が可能で、

ボランティアスタッフの方が案内してくれます。

 

住宅一階

一階には、

今でも薪がくべられた囲炉裏(矢箆原家の居住空間)や、

水場、

夫妻の寝室や応接間のような私的な空間と、来客用の書院造で作られた部屋等が大体半々で作られています。

 

住宅二階

割と急な階段を上って進む二階(屋根裏)は、

かつて養蚕のために使われていた空間です。

現在は矢箆原家で使われていた農具の他、

養蚕のための道具が展示されています。⠀

 

開園情報/アクセス

開園情報他

開園期間 12月29日~31日までを除く9時~17時(最終入園16:30)
交通案内 公式サイトに詳しい経路案内があります
入園料 中学生以上700円、小学生以下200円
割引制度 前売り券と20名以上の団体は100円引き
回数券/年間パスポート 回数券は大人:5枚3000円、子供:5枚500円。
年間パスポート:1年間2500円
駐車場 最初の2時間500円、以降30分毎100円。当日最大1000円。

 

アクセス(旧矢箆原家住宅)

タイトルとURLをコピーしました