スポンサーリンク

【横浜山手の公園】バラとカスケードの庭(港の見える丘公園内、山手111番館裏手)

港の見える丘公園

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分7秒です。

【横浜山手の公園】バラとカスケードの庭(港の見える丘公園内、山手111番館裏手)

バラとカスケードの庭

バラとカスケードの庭があるのは横浜市イギリス館山手111番館と同じく公園南部で、東側で大佛次郎記念館に隣接し、霧笛橋ちどり坂など、新山下エリアにも近い一帯となっています。

庭園名になっている”カスケード”(小さな滝)は、

山手111番館前のバスロータリー中央に位置する噴水塔傍から始まり、中央を流れるカスケード、左右に通された階段という形で、庭園の中央部へと向かっています。

噴水塔を挟んで山手111番館の反対側には横浜市イギリス館があるので、その様子をバラとカスケードの庭からも見上げることが出来る他、

イギリス館の裏手、大佛次郎記念館の隣辺りには、庭園を見下ろすことが出来るベンチ付きの休憩スポットが作られています。

バス通り側から見ると二階建てに見える山手111番館、バス通り側からは見えないフロアには喫茶店”cafe the rose”(公式サイト)が入っていますが、

庭園の様子は館内から眺めることも出来るので、この事自体が山手111番館の魅力の一つとなっています。

庭園名こそ”バラ”とカスケードの庭となっているのですが、バラ以外の花も楽しめることが特長で、特に毎年春の”ガーデンネックレス”の季節には道沿いが華やかになる他、

桜の季節には近い距離で満開の桜を楽しむことも出来ます。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました