【沿線風景回顧】ちょっと懐かしい横浜公園とベイスターズ

みなとみらい線沿線の四季

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分54秒です。

【沿線風景回顧】ちょっと懐かしい横浜公園とベイスターズ

2017年春の横浜

今(2021年2月)から約4年前、正確には3年10か月前、

2017年4月の横浜公園の風景です(日本大通り側から)。

スタジアムの隣に写っている関内駅前の横浜市役所がまだ現役だったことも、今となっては”なつかし要素”に挙げられそうですが、あとから振り返ってみると、この2017年という年は、横浜在住のベイスターズファンにとっては中々記念すべき年になりました。

 

ガーデンネックレス初開催

まず最初に、”横浜在住の”という部分から。

この年初めて横浜で「ガーデンネックレス」が開催され、以降、毎年春の定例行事化します。

ただし初年度のこの時点では、ガーデンネックレスは一発イベントだという認識の下「今年の春は随分華やかな春になったな」といったような心持ちでイベントを味わっていました。

2017年春といえば丁度このサイトの更新を始めた時期にもあたるのですが、ブログ記事の一発目のネタがまさにガーデンネックレスでしたということで、その意味でも感慨深いものがありますが、

結果としてイベント自体も成功裏に終わり、かつ好評を博したということで、翌年以降も開催継続が決定し、今に至ります。

横浜市が主催する形での翌年以降の開催が決まったのも同じ2017年じゃなかったかと記憶していますが、初年度は国の肝いり(国土交通省提唱、都市緑化機構主催)だったこともあってか、相当華やかな開催となりました。

梅の季節から桜の季節、さらにはその先にはチューリップの季節、初夏のバラの季節、百合の季節が待っているという、畳みかけるような「春」の演出は中々見事でした。

翌18年以降の開催では、規模こそ縮小されてしまいましたが、基本的な雰囲気は今に継承されています。

 

2017年の横浜公園

元々歴史的にはクリケット場から野球場へという流れを持つ横浜スタジアムだけあって、

2017年のガーデンネックレスは野球関連の展示にもかなり力が入っていました。

2017年といえば、近年のベイスターズが最もアツかった年でもありました。

あそこまで野球観戦に熱くなったのは、マシンガン打線と”大魔神・佐々木”を擁して38年ぶりリーグ優勝と日本一を決めた1998年以来だった記憶がありますが、

“横浜一心(横浜DeNAベイスターズ公式サイト2021年シーズンスローガンの決定について“)”がスローガンとなった今年、”永遠番長”三浦監督指揮下のベイスターズにも期待しています!

タイトルとURLをコピーしました