スポンサーリンク

【早朝花散歩とガーデンネックレス】春の港の見える丘公園

みなとみらい線沿線の四季

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分39秒です。

【早朝花散歩とガーデンネックレス】春の港の見える丘公園

朝の”港の見える丘”

今年最後の桜

日の出直後の山手町、

港の見える丘公園傍にあるゲーテ座・岩崎博物館(岩崎博物館公式サイト概要・沿革“)横の桜、

公園入り口右手、横浜市イギリス館前のイングリッシュ・ローズの庭内の端にある桜、

イングリッシュ・ローズの庭入り口付近右手にある桜、

展望台横、2002年ワールドカップ決勝開催記念植樹のヨコハマヒザクラ等々。

やや桜の葉も目立つ状態となりながら朝日に照らされ、今年最後の見ごろを迎えていました。

 

展望台付近の朝

公園の東側に海がある”丘公園”では、海の向こう(正確には、本牧ふ頭のA突堤の向こう)から日が昇って来るので、展望台エリアはそのまま朝日に照らされます。

港が見える丘歌碑“、

フランス山地区入口まで伸びた花壇も、一面朝日に照らされます。

フランス山入り口付近からも望める横浜港の風景は、山下町、大さん橋、みなとみらい方面です。

今日もまた、横浜に朝が来ました。

日中に比べると地元色の濃い公園内、朝ご飯を求める猫ちゃんの散歩も始まります。顔つきも穏やかで体格もふっくらしているあたり、ぱっと見でも結構いいものを食べてそうで、健康状態は良さそうにに見えますが、実際、結構いいものを食べているようです。山手町には何か所か猫の集会場がありますが、純粋な野良=野生ネコではない、いわゆる”地域猫”ちゃんですね。

 

イングリッシュ・ローズの庭の朝

まだまだ見ごろが続く桜も、そろそろ葉の色が濃くなる時期ですが、

同時に、イングリッシュ・ローズの庭の緑もぼちぼち濃くなり始めます。少し前(2月上旬)の様子とは雰囲気が変わってきているのがはっきりわかりますが、冬の終わりから春の初めにかけて、割と劇的に雰囲気が変わります。

庭園内の歩道もにわかに華やかに・・・

丁度桜のピークと入れ替わる感じですね。

イングリッシュ・ローズの庭内、公園入り口からも見える桜は、やはり緑が目立つようになってきていますが、

香りの庭側の桜は、展望台横の桜とのコントラストはまだまだ鮮やかです。

イギリス館裏の小径も、冬が終わったようです。

 

バラとカスケードの庭の朝

公園内で一番桜に寄れる、バラとカスケードの庭内の桜、遠目にはまだまだ華やかですが、

近寄ってみると、満開時に比べるとほぼ散ってしまったようで、ぼちぼち主役が入れ替わっている様子がうかがえます。

季節は早くも、春から初夏へということで、桜と入れ替わりのタイミングで、今は歩道脇のチューリップが鮮やかです。

 

霧笛橋前広場/霧笛橋傍/香りの庭の朝

バラとカスケードの庭からも進める、文学館エリアちどり坂方面へとつながる霧笛橋付近でも、まだまだ桜が華やかな様子が伝わって来ますが、

香りの庭内では、ぼちぼち花の甘い香りに満たされる季節が始まります。

イギリス館・イングリッシュ・ローズの庭へと続く階段坂横では、まだまだ桜が華やかでした。

 

アクセス

公共交通機関を利用する場合、横浜市営バス20系統(JR山手駅・桜木町駅間)・あかいくつ号の”港の見える丘公園前”、および神奈中バス11系統の”港の見える丘公園前”バス停下車です。

みなとみらい線・元町中華街駅元町口/アメリカ山公園口)からも徒歩圏内にあります。

タイトルとURLをコピーしました