スポンサーリンク

冬の終わりの山手本通り歩き@元町公園前付近

みなとみらい線沿線の四季

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分24秒です。

冬の終わりの山手本通り歩き@元町公園前付近

外国人墓地前~貝殻坂付近

山手本通りの、外国人墓地前の風景です。

右手が外国人墓地、左手に見える西洋館風の建物はレストランの山手十番館(公式サイト)です。

山手十番館は、みなとみらい線・馬車道駅傍にある馬車道商店街の老舗”勝烈庵“(公式サイト)の十番目のお店として、同じく馬車道にある馬車道十番館(公式サイト)と共に作られたお店です。

お店の隣に併設された庭園では、夏場はビヤガーデンも開催されますが、横浜山手が国内ビール発祥の地であることにちなんだイベントですね(参考:”ビヤザケ通り“)。

港の見える丘公園の風景同様、元町公園やその周辺風景も、冬の間は春から秋にかけての風景とは違って、木々から葉が落ちた様子が目立ち、

ぱっと見花が咲いているように見えなくもない一帯は、葉が黄色くなった状態です。

貝殻坂沿いの上に伸びているのは桜の木ですが、シーズンには桜一色となる坂道沿いも、今はまだ冬景色の一部となっています。

貝殻坂傍にある横浜山手聖公会(公式サイト)前付近から元町公園内を見ても、遠目からだと、2月中旬の今はまだ、冬真っ只中を思わせる風景となっています。

 

元町公園

電話ボックス付近

桜の木の下に立って上を見上げると、小さい桜のつぼみらしきものがついています。

実は桜のつぼみって、春に桜が開花し、ほどなく散って葉桜となった夏頃には出来ているものなのですが、周辺の緑が青々としている季節には中々目立ちません。秋になっても、目立つのは紅葉だったりバラの花だったりするので、これまたやはり中々目立ちません。では冬はというと、ぱっと見葉が落ちた状態になっているということは目立ちますが、中々桜の木を見上げて枝先の様子を伺おうというような気分になることも少ないのではないでしょうか。

ということで、この時期漸く注意を引かれることになるんですね。

今年の開花予想を基準としても、まだあと開花までは一か月近くあるので、この様子からだと冬の終わりはまだ少し先だということになりそうですが、

あと一か月ほど先には、この電話ボックス周辺も、開花した桜で春一色となります。

 

エリスマン邸

港の見える丘公園の冬景色同様、元町公園付近にも共通して言えることではあるのですが、特にエリスマン邸周りは冬になるととてもさっぱりした一帯となります。

木々の向こう、エリスマン邸の屋根の向こうに青空を望むことが出来るのも冬ならでは。やがて、山手本通り側からの視界は、生い茂る緑にふさがれます。

春先から紅葉の季節に向けて、周りは緑一色となってどこかうっそうとした雰囲気すら漂うこともあるのですが、今の季節だと、元町公園内だけでなく山手本通り沿いも、葉が付いていない木が目立ちます。

常緑樹と呼ばれる年中葉が付いている木以外の木からは全て葉が落ちている状態ですが、えの木てい公式サイト)前の名物”えのき”はじめ、動物で例えるのであれば木々が冬眠している状態にあるんですね。

ということで、今の時期は、元町公園前でも木々が冬眠から目を覚ます直前であり、桜が開花する直前であるという、冬の終わりの風景が続いています。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました