スポンサーリンク

冬の終わりの山手本通り歩き@港の見える丘公園

みなとみらい線沿線の四季

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分13秒です。

冬の終わりの山手本通り歩き@港の見える丘公園

冬の終わりの港の見える丘公園

雪が降ったり降らなかったり、梅や桜のイベントがボチボチ出始めたりといった今日この頃。

春の訪れを実感するにはまだ時期尚早ですが、ぼちぼち準備がはじまり始めた春イベントの様子を見る分には、その気配が見え始めて来た節もあります。

春を少し先に控えた港の見える丘公園は、2月中旬現在、毎年冬恒例の姿である、公園内の緑が一旦リセットされた状態となっています。

 

入り口付近から

公園入り口付近右手には、緑が抜け落ちた木々の向こうに横浜市イギリス館公式サイト)が見えていますが、その昔のイギリスで”富の象徴”とされた、屋根の上の煙突まではっきり見える状態です。

付近一帯は、桜の季節を経てバラの季節、新緑の季節へと向かうにつれて華やかになり、夏の初めには緑が生い茂って視界がふさがれることになるのですが、年の初めのこの時期は、イングリッシュ・ローズの庭の向こうにあるイギリス館までスッキリ見通せています。

 

展望台付近

展望台方面に向かって歩くと、

遥か向こうにベイブリッジが望める手前、2002年W杯決勝開催記念の植樹も、花壇内共々毎年春には一気に華やかになるのですが、今はまだ春の訪れを待っている状態です。

 

イングリッシュ・ローズの庭

“イングリッシュ・ローズの庭”の様子も同様で、

今はバラの枝には葉っぱもついておらず、むき出しの茎にとげの付いている様子が目立っています。

バラの盛期は桜のあと、今(2月中旬)から大体3か月後なので、次のピークまでの準備が始まろうとしている段階ですね。

入り口付近からの風景がさっぱりしていて、なおかつバラの様子がトゲの目立つ状態であれば、大体の様子を察することが出来るのではないでしょうかといった感じで、冬のイングリッシュ・ローズの庭は視界良好です。

“これから”に備えて、庭園全体が一旦リセットされています。極端な言い方をすると、春~秋とは別の公園に見えてしまう雰囲気にしても、無きにしも非ずです。

イギリス館前から海方向を望む風景にしても、桜の季節以前だとかなり落ち着いているので、

単純にベイブリッジ方面を写した写真(=ここから港が見えるということを強調した写真)が欲しいだけなら、冬は結構お勧めの季節に挙げられますというくらい、よく言えばきれいさっぱり視界良好、季節相応に表現すれば寒々しい風景となっています。

 

イギリス館裏手の小径

この季節に見ておきたい、歩いておきたい一帯といえば、

やはりイギリス館裏手の小径です。

春以降、緑が生い茂って花が咲き乱れると、石畳の上を普通に歩くのが若干難しくなるくらい木々や花が育ってくる一帯なのですが、この時期には小径の全体像が見通せます。

この小径が半年後には(秋の様子)・・・と思うと、この先の季節が楽しみになって来ますね。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました