【横浜街歩き/元町・中華街エリア】山手111番館

about 山手本通り

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分4秒です。

【横浜街歩き/元町・中華街エリア】山手111番館

開港期よりイギリスになじみが深かった横浜山手にあって、1926年(大正15年)に、港湾の荷役会社を経営していたアメリカ人・J.E.ラフィンさんの私邸として建築されたのが、現在の山手111番館です。

ラフィンさんは1926年よりこの地で現在の山手111番館に住まい、以降戦前・戦中の動乱期を経て、戦後はヨットクラブの育成・運営などで横浜の発展に尽力された方だったようです。

白を基調とした建材、瓦屋根の利用、カーブが用いられた表玄関へのアプローチ等、この地にラフィン邸として”建築された当時”アメリカの住宅の主流であったスパニッシュスタイルによって表現されています(参考:”Houzz 『スパニッシュリヴァイヴァルの9つの特徴』”)。

港の見える丘公園内・山手111番館入り口付近。

イギリス館側から見ると、山手111番館は噴水の向こう側に位置していますが、

この噴水は、明治20年に日本で初めて横浜に近代水道が創設されたことを記念して造られた、噴水塔のレプリカです。現在、本物は保土ヶ谷の横浜水道記念館にて保存されているようです(後述)。

余談としては、ポケモンGOではジムになっているスポットでもありますが 笑、111番館はこの噴水の隣に位置しています。

また、バス通り側から見た山手111番館は二階建てなのですが、

バス通り側から見た場合の裏手にあたる、バラとカスケードの庭側から山手111番館を見ると、建物は三階建てに見えます。

公園側から入った場合左手に位置しているのが、その地下部分にあたるスペースで営業している喫茶店”cafe the rose”入り口です。

“cafe the rose”へは山手111番館入り口すぐ横からの他、山手111番館の裏手側にある”バラとカスケードの庭“側からも入れます。

ということで、山手111番館、裏庭側から。

バス通り側から見た地上部分の一階と二階が現在一般公開されている山手111番館、地下一階部分が喫茶店”cafe the rose”という構造です。

 

館内1階

入ってすぐが吹き抜けのホールで、ホールから見える3つの部屋への入り口がある他、写真左側には資料閲覧室があります。

ホールに面した一番左側の扉はキッチンへ。写真はキッチン内のもので、この写真の右手が配膳室スペースにあたります。

キッチンの窓から、バスのロータリーの向こうにイギリス館が臨めます。

正面中央の部屋は、食堂として使われていた部屋のようです。配膳室は左手方向。

食堂右手にある、山手111番館内ギャラリー。現在も機能していて、有料でレンタルすることが可能です。

開かれた扉の向こう側、通路左手には浴室があり、突き当りの位置は展示室です。ちなみにこの展示室には、山手111番館の設計者であるJ.H.モーガンさんの常設展示があります。

 

about J.H. モーガン

山手111番館の設計者は、横浜を中心として日本の近代建築に多くの業績を残している、アメリカ人建築家のJ.H.モーガンさん。

モーガンさんは丸の内ビルヂング(先代の丸ビル)建設のために来日し、以降、郵船ビルディング(初代日本郵船の社屋)、日石ビル建設、立憲政友会本部ビル建設など、日本国内で多くの建築に関わることになりました。

横浜にとっても、山手地区やその周辺の近代建築を少し調べると必ずこの人の名前が出てくることになるという位縁が深い建築家さんで、例えば山手111番館の他、山手本通り沿いにある西洋館等では、べーリックホール、横浜山手聖公会の聖堂などを設計しました。

建築家であるモーガンさん自身、さらに「111番館」の前所有者であるラフィンさんの父は共に日本人妻を持つ親日家で、ラフィンさん自身の生まれは横浜。それぞれ横浜の近代化を通じて日本の発展に寄与していた人たちですということで、山手111番館内では、J.H.モーガンさんと奥さんの写真、さらにモーガンさんの遺品が常設展示されています。

なお、モーガンさんのかつての自宅跡は、現在も一部が同じ神奈川県の藤沢市に残されています。

「一部が」というのは、残念ながら焼失してしまった部分があるということで、その再建に向けた運動も行われているようです。

 

館内2階

山手111番館の2階は、現在月一で公開されています。

やや急な階段を上って二階へ。

回廊部分はぐるっと回れるようになっているのですが、構造上一階ホールとシャンデリアを見下ろすことが出来ます。

道路側と公園側は、それぞれ客間のようになっています。

 

噴水広場と噴水塔

111番館すぐ横は、あかいくつ号をはじめとした観光バス用のターミナルとしても機能している噴水広場です。

噴水広場の噴水塔は、1887年(明治20年)、日本で初めて横浜に近代水道が引かれたことを記念して旧横浜停車場前(現桜木町駅前)に設置された噴水塔のレプリカです。

レプリカは、1987年(昭和62年)、近代水道設置100周年を記念して作られた二基のうち一基です。もう一基は当時の横浜の水源であった、津久井郡津久井町に寄贈されました。

本物は現在横浜水道記念館に展示されています。

参考:横浜市水道局『広報よこはま特別号 よこはまの水 No.116

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました