【港町の四季】アジサイと新緑の季節の山手本通り歩き

みなとみらい線沿線の四季

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分13秒です。

【港町の四季】アジサイと新緑の季節の山手本通り歩き

山手公園のアジサイ

関東地方は今日、梅雨入りしました。

ということで、

毎年春の終わりから夏にかけて緑が生い茂る山手公園では、アジサイがシーズンを迎えています。

公園中心部のアジサイスポットは、

山手公園開園120周年の碑横から、テニス発祥記念館に向かう道沿いにかけての花壇です。

冬が終わるととにかく緑が濃くなるのが山手公園の特徴ですが、

そのアクセントにもなっている梅雨のアジサイは、テニス発祥記念館前の通りを彩っています。

 

元町公園の新緑

桜シーズンの後の元町公園は、早速新緑の眩しい季節へ突入します。

バス通りにかけて緑が生い茂る感じは、

“開港後に切り開かれる前の山手”を感じさせるものでもありそうですが、

絵描きさんにとっても待望の季節到来ということで、例年通り、晴天日は画材を持った訪問者が多く訪れる日々のはじまりとなりました。

エリスマン邸前のベンチから空を見上げると、緑のはるか上空に青空が臨めます。

 

港の見える丘公園のアジサイ

やや時期を逸してしまった感もありますが、港の見える丘公園にもアジサイスポットがあります。

ローズガーデンから海方面を望むときに視界に入るアジサイと、

イギリス館を背景に。

時期的に、バラの次がアジサイ、アジサイの次にはユリの季節が待っています。

ローズガーデンの隣、香りの庭でも初夏を感じられます。

写真奥が展望台方面です。

タイトルとURLをコピーしました