【港町の四季】初夏の見尻坂とアメリカ山公園

みなとみらい線沿線の四季

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分11秒です。

【港町の四季】初夏の見尻坂とアメリカ山公園

見尻坂から

梅雨が明けたのか梅雨真っ只中なのかよくわからない気候が続く今日この頃ですが、

最高気温が30度に近づいたとある午後、元町商店街の端から山手本通りへと抜けて、アメリカ山公園まで歩いてみました。

元町中華街駅すぐ傍、谷戸坂とは元町中華街駅を挟んで反対方向に位置する、元町プラザとウチキパンの間に通された見尻坂から、山手本通り方面へ。

「人の尻を見ながら坂道を登ることになるから」という命名が言っているように、坂道のはじまりはかなりの急角度で通されているのですが、気が付くと階段坂へ、さらに階段坂も割とあっという間に終わります。

坂道が木陰になるので、

夏日や猛暑日でも割と涼しかったりするのはありがたいところです。

もちろん、そうはいっても暑いものは暑いのですが、主に外国人墓地内に生い茂った緑が、暑いなりに涼しい道を提供してくれます。

外気がもわっとした感じで高温高湿度状態だったとしても、冷房がキンキンに効いた室内から出たばかりといったような状態であれば、逆にその蒸し暑さを心地よく感じるなんてこともあるかもしれません。

という感じで坂道を登っていくと、

左手に出てくるのがアメリカ山公園です。

門前のカラフルな花壇が目を惹きます。

 

初夏のアメリカ山公園

見尻坂を登りきって、公園内へ。

入ってすぐの道沿いに、早速アジサイが咲いています。

旬は少し過ぎてしまっていたようですが、まだまだ十分みられる状態ですね。

アメリカ山公園は屋上階=五階にあるので、見晴らしがとても良いところも魅力です。

公園内をぐるっと一周歩いてみると、

壁伝いに造られた道にアジサイの見どころがあるのが分かります。

実にいい位置に植えられているんですよね。

ただ、アメリカ山公園を整備していた方もおっしゃっていたのですが、見ごろを少し過ぎてしまってはいたようです。

少し前までは葉の緑も鮮やかで、茎もしっかり伸びていたようなのですが、今はちょっとくたびれてしまっています。

白いアジサイは、アメリカアジサイ(=アナベル)と呼ばれている品種です。

それでも結構鮮やかに咲いている花も。

アメリカ山公園の真ん中付近、アジサイっぽい色で、今の季節に合っていますね。

満開のヒマワリは、

一足早く、夏を思わせます。

 

アメリカ山公園周辺の初夏

アメリカ山公園から徒歩圏内にある横浜地方気象台でも、

ごくわずかに咲いたアジサイが見ごろを迎え、

元町公園内にも、ピークをやや過ぎたアジサイが咲いていました。

信号の向こうにある元町公園にも、アジサイです。

春は桜が満開になる一帯で、信号の向こうはエリスマン邸です。

 

タイトルとURLをコピーしました