【横浜山手の公園】港の見える丘公園

港の見える丘公園

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分27秒です。

【横浜山手の公園】港の見える丘公園

概要

歴史

1863年=文久三年に始まった下関戦争を契機として、”港の見える丘”が英仏両軍の駐屯地となったことが、現在の港の見える丘公園付近一帯にとっての近代のはじまりにあたる出来事です。

外国人墓地前に通された陣屋坂に英軍が陣取ったのもこの時代以降の話しですが、明治維新後、現在の山手本通り沿いは、まずは各国の領事館が立ち並ぶ地となり、次いで外国人にとっての住宅街として発展しました。

公園中央部に”イギリス館“があるのも、公園北部の斜面が”フランス山地区“と呼ばれているのも、共にかつての名残からくるものですが、”港の見える丘”は関東大震災や第二次世界大戦、戦後の接収期を挟む波乱の時代を経て横浜市の所有地となると、昭和37年(1962年)より”港の見える丘公園”として一般開放されました。

 

現在

現在の港の見える丘公園には、2館の西洋館(横浜市イギリス館山手111番館)の他、大佛次郎記念館(公式サイト)、神奈川近代文学館(公式サイト)、喫茶店”cafe the rose”(公式サイト)、ホテル・レストラン”KKRポートヒル横浜”(公式サイト)、公園中央部には四季を通じて楽しめる一面の花壇(ローズガーデン香りの庭バラとカスケードの庭)が設置されています。

フランス山地区と西洋館・文学館以外のエリアは24時間入場可、文学館(大佛次郎記念館、神奈川近代文学館)と喫茶店(cafe the Rose)、ホテル(KKRポートヒル横浜)以外の施設は入場無料です。

 

公園北部

港の見える丘公園・フランス山地区

公園の北部、元町中華街駅最寄りのエリアにはフランス山地区があります。

夜間は閉鎖されますが、7時~17時は全季節開園しています。入場料は無料です。

 

公園中央部

展望台エリア

“公園の顔”ともいえる展望台エリアは、年中無休で24時間開放されています。入場料は無料です。

 

KKRポートヒル横浜

KKRポートヒル横浜(公式サイト)は、港の見える丘公園入り口付近にあるホテルです。

ホテルの建物自体、展望台の向かいに位置しているので、抜群のロケーションが楽しめます。

KKR=国家公務員共済組合連合会(公式サイト)の施設ですが、一般の利用も可能です。

 

横浜市イギリス館/イングリッシュ・ローズの庭

港の見える丘公園の中心部に位置しているのは横浜市イギリス館

及びその前に作られた庭園であるイングリッシュ・ローズの庭(ローズガーデン)です。

ローズガーデンへの入場、横浜市イギリス館への入館は、共に無料です。

イギリス館の開館時間は9:30~17:00(7・8月は~18:00)、毎月第4水曜日の他、年末年始(12/29~1/3)が休館です。

有料イベントや、有料でのスペースレンタルも可能です。

 

香りの庭

イングリッシュ・ローズの庭の隣、海側に造られた花壇が香りの庭です。

バラがメインの花壇ですが、その名の通り、盛期にはほのかなバラの香りを楽しむことも出来ます。

入場は無料で年中無休、24時間開放されています。

 

公園南部

山手111番館

港の見える丘公園内、市バス20系統のバス通りに面したところにある西洋館が、山手111番館です。港の見える丘公園内では、噴水塔や、後述するバラとカスケードの庭に隣接しています。

開館時間は9:30~17:00(7・8月は~18:00)、毎月第2水曜日の他、年末年始(12/29~1/3)が休館です。入館は無料で、有料イベントや、有料でのスペースレンタルも可能です。

 

喫茶店”cafe the Rose”

バス通り側から見た山手111番館地下一階部分が、喫茶店”cafe the rose”(公式サイト)です。

営業時間は10:00~17:00(7・8月は~18:00)、毎月第2水曜日が定休です。

 

バラとカスケードの庭

バラとカスケードの庭は、山手111番館の裏手にある庭園です。

庭園内からは、山手111番館の他、

横浜市イギリス館を見上げることも出来ます。

入場は無料で年中無休、24時間開放されています。

 

大佛次郎記念館/神奈川近代文学館

公園内南端の”文学館エリア“にあるのが、大佛次郎記念館(公式サイト)と神奈川近代文学館(公式サイト)、二館の文学館です。

大佛次郎記念館の開館時間は10:00~17:30(4月~9月)、10:00~17:30(10月~3月)で、毎週月曜日を中心に休館日が設定されています(詳細は公式サイトへ)。入館料は大人200円、中学生以下無料、毎月第二・第四土曜の他23日は高校生無料です。

有料でのスペースレンタルが可能です。

神奈川近代文学館の開館時間は、展示室が9:30~17:00(最終入場16:30)、閲覧室が9:30~18:30で、毎週月曜の他、年末年始(12/28~1/4)が休館です。

展示室への入館は有料(学生以外の一般常設展示150円、特別展示300円。詳細は公式サイトにて)、閲覧室への入場は無料です。

大佛次郎記念館同様、有料でのスペースレンタルが可能です。

 

霧笛橋前広場と霧笛橋

大佛次郎記念館と神奈川近代文学館、二館の文学館をつなぐ位置に造られた広場が霧笛橋前広場で、霧笛前広場から神奈川近代文学館方面に伸びた橋が霧笛橋です。

霧笛橋前広場からの景観は、イギリス館前や展望台エリアからの景観に勝るとも劣りません。丘の上から港を望むにあたっての、お勧めスポットの一つです。

 

アクセス

公共交通機関を利用する場合、横浜市営バス20系統(JR山手駅・桜木町駅間)・あかいくつ号の”港の見える丘公園前”、および神奈中バス11系統の”港の見える丘公園前”バス停下車です。

みなとみらい線・元町中華街駅元町口/アメリカ山公園口)からも徒歩圏内にあります。

タイトルとURLをコピーしました