元町・中華街エリア

【横浜街歩き/元町中華街エリア】アメリカ山公園

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分41秒です。

【横浜街歩き/元町中華街エリア】アメリカ山公園

元町中華街駅の改札奥にあるエスカレーター、もしくはエレベーターで屋上階まであがったところに位置する公園がアメリカ山公園です。

元町中華街駅下車後、山手本通り方面に出たい場合のショートカットルート上にある公園ですが、見晴らしの良さ、こじんまりしたローカル感、花壇の花や行き届いた整備、近隣スポットへのアクセスが良好であることなどから高評価が多めです。

アメリカ山公園、山手本通り(外国人墓地)側から。

アメリカ山公園の敷地は、元々開国期にアメリカの公使館建設が予定されていた地でした。

それが「アメリカ」山公園命名の由来ですが、結局のところ予定は未定の計画でしたということで、実際にはこの地にアメリカ公使館が建設されることはありませんでした。

以降、アメリカ公使の書記官の居住地となったこと等を経て、終戦直後には用地がGHQに接収され、接収解除によって1971年(昭和46年)に日本側に返却されると、みなとみらい線が開通した2004年(平成16年)には、アメリカ山公園として整備される運びとなります。

一帯に広がった元町貝塚の調査が進み、新たな貝塚が発見されたのもアメリカ山公園整備時の話ですが(2006年)、アメリカ山公園はその後2009年に一部開園、2012年に全面開園されました。

現在、山手本通り側入口には、公園内の地図や周辺案内図が壁に掛けられています。

小奇麗に整えられた園内は、緑が多めです。

この道の左手、公園すぐ隣に通された坂道が見尻坂です。

アメリカ山公園出口に向かうと、右側に位置するのが見尻坂外国人墓地です。

公園の正面に見えるマリンタワーは、ここからだとまだやや距離があります。

公園中央は芝生エリア。

公園端にも歩道が用意されているのもポイントですが、

毎年春はそこそこ人気のある花見スポットとなります。

道沿いの壁には開港当時を物語る絵や地図が、3枚ほど飾られています。

公園奥(エレベーター降りて右手)には、小さめの芝生スペースも用意されています。

 

アクセス

グーグルマップの基本的な使用法についてはこちら