スポンサーリンク

【早朝花散歩とガーデンネックレス】春の横浜公園

みなとみらい線沿線の四季

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分4秒です。

【早朝花散歩とガーデンネックレス】春の横浜公園

横浜公園とチューリップ

早朝の横浜公園と日本大通り

海の向こうから上ってくる太陽の光をそのまま受ける山下公園赤レンガ一帯などの海沿いエリアと違って、日本大通りの場合、通り沿いのビルが日陰を作ってしまうため、日の出後はしばらく薄暗い時間が続きます。

通り沿いは人影もまばらで、夜が明けてもなお日中とは雰囲気が随分違いますが、象の鼻の向こう、大さん橋に飛鳥Ⅱが停泊している様子が微かに見えるのも日本大通りならではです。

そんな日本大通りも”ガーデンネックレス“(公式サイト)の会場になっているので、開催期間中はいつもに比べて華やかな装いとなりますが、

この時間帯、横浜公園内から見ても通りは未だ眠っている状態ですね。

 

ガーデンネックレスとスプリングフェア

現在、横浜公園では他会場共々、

“ガーデンネックレス”内のイベント、”よこはま花と緑のスプリングフェア”(公式サイト)開催中ですということで、公園内にもその旨の告知が為されていることと同時に、

母体となるイベント”ガーデンネックレス”の告知がなされ、無料パンフレットが配布され、

マスコット”ガーデンベア”と共に、関連イベントの告知も行われています。

 

チューリップ

ところで毎年春の横浜公園といえば、

花壇一面のチューリップが名物です。

今年もまたこの季節がやって来ました、という感じでしょうか。

チューリップに関して言えば、みなとみらい線沿線随一ともいえる規模でそこかしこがチューリップだらけになるのですが、日本大通りから入ってすぐの位置にある一帯から、

横浜スタジアムに向かう一帯の歩道沿い(奥には彼我庭園の入り口が見えています)、

少し入ったところから日本大通り方面を振り返っても、

横浜スタジアムの周辺が、まるごとチューリップだらけとなります。

スタジアム周辺に作られた歩道のすぐ隣が花壇で、

その花壇一面にチューリップが咲いているので、

割と果てしなくチューリップ畑が続いているように、

写すことも可能です。

エリアによっては(みなと大通り寄りの一帯)、歩道傍に花壇があるというよりは、花壇の中に歩道が通されている感じですね。

植えられ方も、同じ色で統一された花壇があったり、様々な色が織り交ぜられた花壇があったり、見る者の目を色々楽しませてくれる工夫が施されています。

綺麗に並んでいる様子が確認できる様子や、

色そのものを楽しむことが出来る様子など。

横浜スタジアムのスコアボード付近を背景に、華やかな春の到来を満喫できます。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました