スポンサーリンク

【春の横浜】港の見える丘公園/元町公園で桜満開

みなとみらい線沿線の四季

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分23秒です。

【春の横浜】港の見える丘公園/元町公園で桜満開

3月24日の時点で開花していた桜は、その4日後、3月28日には満開になっていました。

港の見える丘公園

港の見える丘公園展望台横の”ヨコハマヒザクラ”です。

公園入り口から正面に見える桜が満開になると、いよいよ春の到来です。

イギリス館前のイングリッシュ・ローズの庭からも一目でそれとわかるくらい、華がありますが、

イギリス館の裏手、山手111番館隣にあるバラとカスケードの庭では、

春の港の見える丘公園名物ともいえる、背の低い桜が満開になっていました。

桜の花が目の高さで咲いているので、見ごたえも抜群で、隠れた人気撮影スポットとなっています。

 

元町公園

外国人墓地前から貝殻坂へ

晴れていると富士山が見える、山手本通り外国人墓地前付近では、墓地の向こうで桜が満開になっている様子が確認できました。

港の見える丘公園から外国人墓地方面に進んだとき、アメリカ山公園元町中華街駅方面への下り坂の手前に作られているブラフ99ガーデンでも、この時期マグノリアが満開になるので、かなり華やかな道を進むことになるのですが、

貝殻坂の手前まで来た時に、その華やかさのピークが垣間見えます。

貝殻坂を途中まで下ってみると、山手本通り沿いの桜が正面に見えるのですが、

山手本通りに戻るように階段坂を上ると、進行方向に桜並木と横浜山手聖公会の聖堂を望むことが出来ます。

 

元町公園

山手聖公会(公式サイト)の前付近から。元町公園側の桜がほぼ満開になっています。

この時期は、桜のはるか向こうにみなとみらいの高層ビル群が望めたり(写真中央付近にクイーンズスクエアのクイーンズタワーが見えます)、

すぐ手前にはマリンタワーが望めたりします。

山下公園では、つい先日、公園名物の枝垂れ桜が満開になっていました。今年は花見の機会がありませんでしたが、さくら通りカップヌードルミュージアムパーク汽車道の桜も、きっと華やかだったことでしょう。

元町公園を背にすると、桜の向こうには山手聖公会の聖堂です。

元町公園の桜も、港の見える丘公園・バラとカスケードの庭の桜のように背が低いので、桜の花を接写できるのが魅力です。

神奈中バスのバス停と、元町公園名物・白い電話ボックス方向へ。

電話ボックス前は、割と人が流れていることが多かったですが(日や時間帯によりけりです)、

その前後では、曇天の合間の晴天日とあって、お花見がてらの街歩きの人たちでにぎわっていました。毎年恒例の風景です。

小さいほうの元町公園でも、

ほぼ同時期に桜が満開になっていた他、

エリスマン邸裏手、山手80番館遺構傍の桜、

ビヤザケ通りへの抜け道沿い、横浜雙葉学園校門付近の桜や、写真には写しませんでしたが北方小学校校庭の桜、元街小学校の校門付近の桜、フェリス女学院傍の汐汲坂沿いの桜なども、同じように満開となっていました。

 

アクセス

港の見える丘公園

 

元町公園

タイトルとURLをコピーしました