スポンサーリンク

【東京街歩き】本所松坂町公園 -吉良邸跡-

東京街歩き

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分58秒です。

【東京街歩き】本所松坂町公園 -吉良邸跡-

以前江戸東京博物館を訪問した帰り道のことですが、そもそも江戸東京博物館自体が東京・下町のど真ん中(墨田区)にあるということで、何か所か周辺を周ってみることにしました。

一帯は、特に江戸時代から明治・大正・戦前昭和関連の史跡だらけというくらい、歴史の跡が豊富なエリアなので、2~3か所じゃ周ったうちに入らないくらいなのですが、それでも夕方の小一時間程度で回れる範囲でということで周ってみました。

そのうちの一か所が、今回紹介する吉良邸跡です。

ちなみに、本当は江戸東京博物館の記事を書こうと思っていたのですが、残念ながらなぜか写真のデータが丸ごと消えてしまったため、そこは次回訪問時に持ち越したいと思います。

 

本所松坂町公園 -吉良邸跡-

吉良邸跡へ

本所松坂町公園と書くより吉良邸跡と書いた方が公園の雰囲気が伝わるんじゃないかと思いますが、赤穂の四十七士によって主君の仇として討たれた、吉良上野介公の旧邸宅跡です。

旧吉良邸は本来ものすごく大きかったらしいのですが(本所松坂町公園の両側には、現在もそれぞれ吉良邸正門跡吉良邸裏門跡の碑が遺されてます)、現在は本所松坂町公園のみ、東京の墨田区(かつての本所松坂町、現在の墨田区両国3丁目)にそれっぽく残されています。

当人からすれば、思わぬところで生涯を閉じることとなり、かつ不本意なところで歴史に名を残すこととなってしまった、吉良邸主の吉良上野介義央(よしひさ)公ですが、

現在も、旧邸宅在りし日の当主として、公園内で鎮座していらっしゃいます。

 

四十七士の物語と”創作”要素

ちなみに、赤穂四十七士の討ち入りに関しては、討ち入りにどの程度の必然性があったのか、言葉を変えると吉良上野介サイドの悪態が本当に世に伝わるほど辛辣なものであったのか(結局のところ起こるべくして起こった事件だったと断言できるのか)という疑問点が、今なお残されています。

いわゆる赤穂浪士が取りざたされる度地味に持ちあがるこの点ですが、そもそも討ち入りの直接の原因となってしまった江戸城内での刃傷事件発生の背景に不明な点が残る以上、全体像に疑問が生じる余地があるのは致し方ないところだともいえます。

そんな中で後世に伝わった「主君の仇打ち」イメージについては、四十七士の討ち入りを題材として作られた人形浄瑠璃、および歌舞伎の演目「仮名手本忠臣蔵」が作り上げたものだと言われます(参考:歌舞伎演目案内仮名手本忠臣蔵“)が、横浜出身である大衆小説の大家・大佛次郎さんの名作『赤穂浪士』による影響も多々あります。

まさに討ち入りのその時まで世を欺き続けた策士・大石内蔵助の器と振る舞い、浪人生活を経て赤穂藩士となった、四十七士随一の剣客である「討ち入り」急進派・堀部安兵衛が見せた主君への忠義等々。

元々が実話に基づいたフィクションなだけに、全てを虚構だと言い切るのは、さすがに野暮だし無理があるでしょう。ただし、古典や名作がことごとく忠臣・四十七士を描き続けた、その結果”討ち入り”話に今の四十七士像が伴うのだということもまた、事実です。

そんなところから、吉良上野介は本当に不倶戴天の仇敵と言うに値する人物だったのか、赤穂にとっての敵討ちの対象となってしまうほど一方的かつ圧倒的な悪党だったのか、つまり「創作フィルターを外したときにどうなるのか」という論点が生じてくるのも無理からぬところではあります。

赤穂浪士の行動は、”仇敵・吉良”の存在を前提とした上で、およそ武士(=主君に仕える家臣)としての普遍的な道義を規範とするなら立場相応には正しかった(かもしれない)、一方の吉良上野介は世間一般イメージで語られるほどの悪党ではなかったが、諸々の事情や世評によって、仇敵だと判断されても致し方ないポジションに居座ることとなってしまった、この辺りが本当のところなのではないでしょうか。

討った側には相応の大義があったが、では討たれた側が仇として十分だったのかといえばどうやらそうだとは言い難い面にしても無くはなさそうだという、中々複雑な事情を持った事件が「四十七士の討ち入り」だったりするように見えてくるんですね。

複雑さの故は、一つには双方の身分関係にあり、もう一点としては当時の時代背景にあります。

 

“上級国民”吉良家の地位

そもそも吉良家は足利将軍家の支流でもあるという名門家系で、太閤秀吉在りし日の五大老の一人・上杉景勝を輩出した山内上杉家との間にも縁戚関係があります(徳川将軍家ともつながりが強い、上杉綱勝の妹を娶ったのが吉良上野介です)が、この血統によって、江戸幕府の直参(じきさん)の中でも上位にあたる、高家(こうけ)旗本の地位を得ていました。

ちなみに直参とは将軍直属の家臣のことを指しますが、直参のうち、将軍に謁見資格のある武士が旗本、無い武士が御家人です。高家とは儀式や典礼を司る役職に就ける家柄を指しますが、高家であるとはすなわち当時有数の名家であったことを意味します。

当時の日本の総人口を3000万人で計算するなら、うち約7%にあたると判断されている武士の総人口は200万人程度、この200万人の中で旗本の実数は5000人程度で推移していたと言われているので、吉良家は幕藩体制の中ではかなり突き抜けた家柄であり(旗本である時点で武家の上位0.25%に入る計算ですが、高家旗本はその旗本の中でもさらに上位にあたります)、今風にいうのであれば、吉良家は”上級国民”の中でも上の部類、最上級にあたる家系でした(全国民の7%にあたる特権階級の中の上位0.25%に該当し、さらにその0.25%の中でも上位の家柄だったということですね)。

対して赤穂の浅野家はといえば、城を持てる大名としてはどちらかというとギリギリと言えなくもない、5万石の大名です。

1万石以上の石高=財産を持つ武士が大名と呼ばれ、さらに3万石以上の大名には城を持つことが許された時代、浅野家の財産規模は大名全体では小さい部類に該当し、かつ江戸からは遠く離れたところに藩領があります。

高家旗本である吉良家とは、石高比較でこそ桁が一つ違うのですが(大名である浅野家の方が上です)、人臣の比較ではそれなりにわかりやすい違いが出来ていました。

圧倒的上級の吉良家、ギリギリ大名の浅野家、みたいな感じです。

ということで、「同じレベルのもの同士」の争いであればただの喧嘩となってしまう(余程の話しでもなければ、どっちも悪いという両成敗的な判断がし易くなる)ところ、「四十七士」の物語では吉良家・浅野家双方の家柄の対比が前提となることによって、日本民族特有の(?)判官びいき(悲運のものや弱者の味方をしたがる気質)を生じさせる性質を内包していました。

刃傷事件に発展した争いや、そのことに対する幕府の処断そのものが導火線、当事者(特に浅野家側)の不平不満が「火」だとするなら、導火線の下にともするととんでもない爆薬(時の民衆の世論)が仕込まれている、ことと次第によっては(当事者=浅野家側の着火の仕方如何では)大爆発しかねないみたいな状態が、既にスタート地点で用意されていたんですね。

 

忠義の物語と時の世相

「赤穂四十七士」の時代である元禄期(1688年~1704年)の文化・世相は、主に17世紀の江戸幕府の治世の賜物です。

元禄時代の文化は、やがて栄えることになる江戸を中心とした文化(文化・文政期の文化)に先行して栄えた、上方(京都・大坂)中心であるところに特徴を持つ文化で、一般町民が自由闊達な空気を謳歌できた時代だといわれる反面、武士階級から完全にかつての気風=勇ましい戦国風の武士のあり方が抜け切ってしまったといわれた時代でもありました。

江戸幕府最初の三代で、武士や諸藩に荒々しさや臨戦態勢を残したままでは治安の維持が図れないとの判断の下、敵討ちや新規の築城、争いごとが禁じられ、城の修繕も大名の結婚も許可制、違反者は厳罰に処すといった具合に、武士全般の統制に力が入れられるのですが、元禄期はその成果が社会に根付いてきた時代だったんですね。

一連の規制は武家諸法度とその改正版という形で発布されますが、三度目の武家諸法度である天和令が出されたのが1683年(天和3年)、発布したのは五代将軍・徳川綱吉でした。

将軍綱吉といえば武家諸法度の天和令以上に生類憐れみの令で有名な将軍ですが、他ならぬ、吉良上野介を事実上不問に付した一方で浅野内匠頭に即日切腹を命じ、かつ浅野家に改易(赤穂藩領の没収)という厳罰を下した人物でもありました。

荒々しさを求めず、殺生も求めず、武士の「らしさ」もてこ入れされ、身分相応に質素にふるまうことのみが美徳とされたという、一連の規制と価値観を江戸幕府の一存でゴリ押しできた時代です。

江戸城松の廊下での刃傷事件が、時の将軍綱吉の逆鱗に触れた事件だったのだろうということは想像に難くありません。結果、浅野家側に厳しすぎた処断が出てくることにも相応の理が宿るとはいえ、ほぼ即断即決で一方にのみ厳罰を科すというやり方は、やはり理不尽といえば理不尽に映ります。

 

事の顛末と庶民の本音

しかし、世は天下泰平の、徳川幕府全盛期です。

四十七士がその裁定に異を唱える形で討ったのが吉良上野介だったのだということで、四十七士は「亡君の仇」を討つわけですが、残念ながら四十七士が命をかけて貫いた忠義は、将軍の裁定に異を唱え、敵討ちを実行し、世を騒乱したという面を併せ持っていたため、元禄期の武士のものとしては、二重三重にあるまじき姿勢でもありました。

結果四十七士ほぼ全員に亡君と同じ切腹という厳罰が下されるわけですが、この件に対して庶民一般の思うところは一体どうだったのかといえば、その隠された本音が仮名手本忠臣蔵の大ヒットに現れていたのではないかという、そんな解釈が導けるような気もします。

元禄期の武士が完全に忘れたと思っていた魂を四十七士は持っていた、実にアッパレという、それを痛快だと思う層にとってはたまらない話だったことでしょう。

幕府批判が出来ないために舞台を室町期に設定した創作「忠臣蔵」が大ヒットした、将軍綱吉の一方的断罪も含めて「吉良」が仇となったという話であれば、あるいは世が世ならこの事件が討幕への流れを加速し、かつ赤穂藩の面々が維新政府の一角を占めたなんてことになったのかもしれません。

とはいえ、なんですよ。

将軍の裁定がどこかおかしいというところまではわからなくもなかったとして、時の将軍のお目こぼし(というよりは一方的な処断)によって、結果的に赤穂四十七士に討たれることとなった、なおかつ義士の仇敵として歴史に名を残すことになってしまったという、それでも真相が闇の中にある部分があるとはいえ、吉良上野介公にしてもまた、実は中々に悲運の人なのかもしれません。

 

アクセス/公式サイト

墨田区公式(吉良邸跡)

 

アクセス

JR総武線・両国駅から徒歩圏内で、近くには国技館もあります。

 

けんいち

横浜・みなとみらい線沿線を中心とした国内街歩き・小旅行記事etcを執筆・投稿・管理しています。

けんいちをフォローする
東京街歩き
スポンサーリンク
けんいちをフォローする
横浜・みなとみらい線沿線街歩き
タイトルとURLをコピーしました