【横浜・神奈川のニュース】期間限定「みなとぶらりシーバスチケット」発売(7月20日~)

観光手段全般

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分39秒です。

【横浜・神奈川のニュース】期間限定「みなとぶらりシーバスチケット」発売(7月20日~)

“みなとぶらりシーバスチケット”期間限定発売!

「みなとぶらりシーバスチケット」は、その名の通り、現在発売中である「みなとぶらりチケット」に「シーバス乗り放題」が付いたチケットです。

今回の発売は期間限定で、発売期間は7月20日から2022年3月31日まで、料金は大人1300円、子供650円です。

みなとみらい線沿線、ベイエリアのバスと市営地下鉄ブルーラインの当該区間(参考:横浜市交通局公式サイト適用区間地図“)の他、横浜駅東口と山下公園を結ぶ海上バスであるシーバスも、一日乗り放題となります。

【観光クルーズ】シーバス乗船記
【観光クルーズ】シーバス乗船記 about "sea bass" シーバスは、みなとみらい線の終点である元町中華街駅圏内にある山下公園と、横浜駅東口にあるベイクウォーターを海上ルートで結ぶ「バス=bus,bass」です。 いかにも...

シーバスの運賃が片道700円(山下公園から横浜駅東口まで乗船した場合。子供料金は半額)であることを考えたら、滅茶苦茶お得なチケットだという印象が伴いますが(往復乗船で元が取れた上、間の時間でバスも乗り放題ですからね)、逆にこれまでなかったことが不思議にも思えてきますね。

参考:横浜市公式(記者発表)横浜市公式(記者発表資料)

 

利用法としては・・・

例えばみなとみらい線沿線をがっつり観光しようと考えた場合、”みなとぶらりチケット”と、”バス一日乗車券”や”バス地下鉄一日乗車券”(参考:横浜市交通局”一日乗車券“)、果してどちらがお得なのか、使い勝手がいいのかという部分で、かなり微妙なものがあるにはあったように感じたんですよ。

例えば初回の観光ではみなとぶらりチケットに軍配が上がったとしても、リピートの場合はどうだろうか、という話ですよね。

とことんバスに乗って色々周ってみたいというような需要に応えるのはやはり一日乗車券の方なのですが、「みなとぶらりチケット」利用時にそういう願望がもたげた場合、それでも「みなとぶらりチケット」を使い続けたくなるだろうか(一日乗車券を使うとなると、観光特典がないのがやや寂しい)というような葛藤が、特に二回目以降に「がっつり街歩き」を考えるのであれば、結構ありそうに思えてくるんですよ。

これって結局のところ「みなとぶらりチケット」がバスと地下鉄にしか対応していなかったからじゃないかと思うのですが、今回「みなとぶらり『シーバス』チケット」になったことによって、すごくわかりやすく、ハッキリした答えが出たように感じたんです。

よりみなとぶらりチケットを使いやすくなったし、一日乗車券で回る場合の切り替えもしやすくなったんじゃないかと。

ということで利用法として特に推したいのが、というか恐らくはこのチケットを利用する皆が皆考える利用法ではあるでしょうが、「最終的にシーバスを利用して横浜駅に出る(あるいは反対に山下公園に出る、またはみなとみらいエリアで下船する)」という街歩きのクロージングです。

ちなみに、2021年7月現在、山下公園発の最終便(横浜駅東口行き)は17:55発、横浜駅東口発の最終便(山下公園行き)は18:00発です。

一日過ごした最後にシーバスに乗って横浜駅へ、あるいは逆に山下公園へ、そこから先は一日のエピローグの時間として考えるか、あるいは「第二部(もしくは第三部)スタート!」の節目として考えるなど、切り替えがしやすくなると思うんです。

結果、街歩きプランを考えるにしても、色々捗る部分が出てくるんじゃないかなーなんて思います。

参考:みなとぶらりチケット , シーバスクルージング

 

アクセス

シーバス乗り場:山下公園

 

シーバス乗り場:横浜駅東口

タイトルとURLをコピーしました