【観光クルーズ】シーバス乗船記

観光手段全般

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分7秒です。

【観光クルーズ】シーバス乗船記

about “sea bass”

シーバスは、みなとみらい線の終点である元町中華街駅圏内にある山下公園と、横浜駅東口にあるベイクウォーターを海上ルートで結ぶ「バス=bus,bass」です。

いかにも観光船というような背の高い船ではなく、むしろ若干平べったい、実用向きっぽい作りになっている特徴を持つ水上専用船で、ネーミングの由来はシーバス=スズキから来ています。

シーバスが結ぶ航路両端の水質は、横浜駅東口のベイクウォーター付近が帷子川の淡水、山下公園付近が横浜港の海水であることから、淡水・海水双方で生きることが出来る「スズキ=シーバス(sea bass)」が採用されたわけです。

バスの綴りは魚の”bass”で統一されているようですが、実態としては「スズキ=sea bass」と「バス=bus」のダブルミーニングですね。

そもそもシーバスが開通したのは昭和60年代の話し、もうかれこれかなり昔の話になりますが、はじめて”シーバス”の名前を聞いた時は、魚の方は全く出てこず、海の上を走るバス=sea busかな? なんて思ったりもしました。実際それで大体合ってるんですが、実はネーミングには若干捻りがあったと、そんな蘊蓄があるにはあります。

わかるような、わからないような? それもまた味わいという奴ですよね 笑。

 

山下公園乗船口

チケットは山下公園の”お祭り広場“に売り場があるので、そこで購入します。乗船の直前まで購入可能な当日券売りです。

チケット購入後は、氷川丸のすぐ隣に横付けされているシーバスへと急ぎます。

山下公園のすぐ隣にあたる象の鼻エリアからは多くの観光遊覧船が出ているのですが、タイミングがよければシーバス乗り場付近からその様子を眺めることも出来ます。

そして、出航!

タイミング的に、ベイクウォーター側から来たシーバスと入れ替わりでした。

進みだすと結構速いです。割とあっという間に山下公園の乗り場から遠ざかっていきます。

 

大さん橋付近

徐々に遠ざかる氷川丸・マリンタワーと、

徐々に近づいてくる大さん橋。

毎年横浜の開港記念日(6月2日)、大さん橋には海上自衛隊の護衛艦が寄港します。

みなとみらい方向を背景に。

これは2018年の様子ですが、大さん橋では長蛇の列が出来ていて、艦内公開が大人気となっていることが分かります。

憲法解釈上、護衛艦(destroyer, 駆逐艦と同義です)を軍艦(warship)と呼ぶべきかどうかという部分には議論がなくはないですが、それはさておき、海自の船には一般の商船や観光船とは明らかに違うカッコよさがあることもまた事実です。

横浜港内では、第三管区海上保安本部がある海上保安庁(以下、海保)の船はしばしば見かけますが、海上自衛隊の船はほぼ年一でしか見かけません。

護衛艦を見たければ、横浜ではなく横須賀へどうぞという感じですね。

そんな意味でも特別感がありますが、護衛艦に近づいているように見える船は、タグボートの「ゆみはり号」です。

 

ピア赤レンガ桟橋へ

山下公園を出航後、大さん橋付近を通過すると、やがてピア赤レンガ桟橋に到着します。

途上では他観光船や、

ベイクウォーター発のシーバスとすれ違う機会もあったりしますが、船の往来は割とあります。

船尾方向に対岸にある風力発電所・ハマウイングが見えてくると、

ほどなくピア赤レンガ倉庫へ到着します。

赤レンガパーク内、大さん橋側の海沿いにある一角が、赤レンガの船着き場となっています。

船が桟橋に横づけになると、

右端に位置する海保の資料館(海上保安庁資料館横浜館)から左側に広がるみなとみらい方面の遠景を、赤レンガパークの向こうに望むことが出来ます。

 

ぷかりさん橋へ

ピア赤レンガを出航すると、進路右方向には大さん橋、

進路左方向には赤レンガパーク・赤レンガ倉庫を見ながら、

みなとみらいのぷかりさん橋を目指します。

横浜港内には海保の基地をはじめ海保の施設が多くあるので、

当然のこととして海保の巡視船も停泊しています。というか、横浜港内では海保の巡視船は結構頻繁に見かけます。まさにお膝元ですからね。

豆知識として、戦前の帝国海軍では、軍艦に命名する際には艦の大きさによって、旧国名・山・川の名前から命名していました。これは、英国海軍を母体として誕生した旧帝国海軍が国際慣習を引き継いだところに由来があるようで、現在の海上自衛隊でも一部その伝統が引き継がれていますが、海保の船の命名でも同様の傾向(旧国名・山・川名からの命名基準実際の巡視船などの名前)が継承されています。

そんなこんなで、みなとみらいのぷかりさん橋へ到着。

正面奥から左側に立っているのは、ご存じインターコンチネンタルホテル、

下写真正面奥、陸に向かってぷかりさん橋の右隣にあるのはパシフィコ横浜です。

海側から陸に向かう方向的にぷかりさん橋のすぐ左側には、春は桜が満開になるカップヌードルミュージアムパークがあります。

【春の横浜】カップヌードルミュージアムパークの桜
【春の横浜】カップヌードルミュージアムパークの桜 ロケーション 桜の季節の場合、さくら通りを歩いたらここも歩いておきたいという感じの近隣スポットの一つが、カップヌードルミュージアムパークです。いわゆるみなとみらいのど真ん中ですというより...

 

終点・ベイクウォーターへ

ぷかりさん橋を出航すると、次は終点のベイクウォーターです。

海から見ても一見してみなとみらいっぽい一帯を離れ、

海から臨める陸側の景色が新興のタワマン・オフィスビルメインという、あまり華が無いようにも見える一帯を進みます。

みなとみらいの端から新高島~横浜にかけてのエリアですね。

海上からこの一帯を見ると、華が云々というよりは、高層ビル特有の威圧感を感じなくもないです。

この辺りから横浜駅を挟んで東神奈川の手前あたりまで、海岸沿いはタワマン、オフィスビル、倉庫といった風景が中心になっていきますが、

この辺りは既に横浜港ではなく、帷子川上です。

以降、なぜシーバスの背が低いのか、海を這うような船体となっているのかがなんとなく察せられるコースを進みます。海水が淡水となっていく事とも併せて、シーバスのシーバスたる所以が発揮されるエリアにあたりますが、

まずは貨物列車の鉄橋をくぐり、次にはみなとみらい大通りの下をくぐります。

シーバスが一隻止まっているのが見えますが、ベイクウォーターの発着場は、船の右側です。

振り返れば、みなとみらい大通り下から、貨物列車の鉄橋が遠くに見えます。

ベイクウォータは、横浜駅きた東口A出口から徒歩圏内です。

【みなとみらい線全駅紹介】横浜駅
【みなとみらい線全駅紹介】横浜駅 概要 県下最大のターミナル駅が、みなとみらい線・JRその他の横浜駅です。 同じみなとみらい線沿線ではあるのですが、その故もあって、元町中華街/日本大通り/馬車道/みなとみらい/新高島各駅とは若干(...

ちなみにベイクウォーターと連絡通路で結ばれているのは、同じく東口にある横浜そごうです。ベイクウォーター同様横浜駅からは徒歩圏内で中央東口地下街・ポルタの先にあります。

【みなとみらい線全駅紹介】横浜駅
【みなとみらい線全駅紹介】横浜駅 概要 県下最大のターミナル駅が、みなとみらい線・JRその他の横浜駅です。 同じみなとみらい線沿線ではあるのですが、その故もあって、元町中華街/日本大通り/馬車道/みなとみらい/新高島各駅とは若干(...

ということで、横浜駅東口方面のベイエリアど真ん中といった雰囲気のある発着場ですが、山下公園からの便は、山下公園に向かうシーバスの出向を待って、乗り場へ入港します。

そして時間が来ると、再び山下公園へ。同じ航路を進んで戻ります。

ベイクウォーターのシーバス乗り場は、野外にある山下公園とは対照的に、室内に造られています。

 

公式サイト/アクセス

シーバス公式サイト

 

ベイクウォーター・シーバス乗り場

横浜駅から徒歩で向かう場合、きた東口A出口が最寄りです。

 

山下公園・シーバス乗り場

山下公園通りから入る場合、中央入り口に向かってやや右側にある、山下公園東口からが最寄りです。

 

タイトルとURLをコピーしました