【横浜街歩き/元町・中華街エリア】聖坂

横浜山手歩き

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分28秒です。

【横浜街歩き/元町・中華街エリア】聖坂

ワシン坂の記事から分離しました)

聖坂へのルートは、ワシン坂方面からであれば、ワシン坂上公園を上り方向に歩き、最初に出てきたY字路を左に折れた方向に下ります。

港の見える丘公園方面からであれば、”近代文学館入口”の交差点から二つ目の交差点、直進方向に”7時~9時進入禁止”の標識がある交差点を右折して下る坂が聖坂です。

結構急な坂道ですが、きれいに舗装されていて、坂の途中には日本水上学園と養護学校があります。

元々は、水上で生活していた横浜港の艀(はしけ=小舟)の船頭さんの子供のために作られた学校としてはじまったのが日本水上学園です。

艀を生業とするには船頭さん自身が水上で生活する必要があった、その場合、家族に同行する形で生活している子供の教育環境が難しくなる場合がほとんどだったことから、その状況を改善するために作られた学校だったのですが、現在は児童の自立支援のための学校(日本水上学園)、養護学校(聖坂養護学校)として機能しています。

現在はピーク時に比べると艀事業の仕事量もかなり減ったようですが、今でも本牧ふ頭の沖合には警戒船を見かけたりしますし、港にはなくてはならない仕事の一つだったりするようです。

坂の途中、水上学園傍の道沿いにあるのは聖坂公園です。

ワシン坂へとつながる坂道の交差点からは既に結構下った地点にある公園で、ここからもう少し下ると見晴トンネルの入り口があります。

聖坂公園内から臨んだ聖坂。

聖坂公園内の様子。

聖坂からまっすぐ伸びた道は本牧通りに直交しますが、坂道下の交差点名は”見晴(みはらし)トンネル”です。見晴トンネルへは、本牧通りを”見晴トンネル入り口南側”交差点で、横浜方面から来たのであれば左折します。

聖坂公園の真下は見晴トンネルで、ワシン坂から続く坂道の下を通っています。

 

アクセス

グーグルマップの基本的な使用法についてはこちら

タイトルとURLをコピーしました