【横浜街歩き/みなとみらい線沿線と路線バス その7】桜木町駅始発の路線バス 神奈川中央交通(神奈中)バス11系統

観光手段全般

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分14秒です。

【横浜街歩き/みなとみらい線沿線と路線バス その7】桜木町駅始発の路線バス 神奈中バス11系統

神奈川中央交通バス11系統:桜木町駅前-保土ヶ谷駅東口

桜木町駅始発で、市営バス20系統と同じバス停から出発するバスに、神奈川中央交通=神奈中11系統のバスがあります。

神奈中11系統には、ベージュの車体に白字で”YAMATE LINER”と書いてある独特なバスが投入されているので、走っているのを見かけると、割と目を引かれることが多いです。

走行ルートですが、桜木町駅前から元町入口まで横浜市営バス20系統と全く同じコースを走った後、港の見える丘公園前で交差点を右折し、地蔵坂の先(地蔵坂上バス停)まで山手本通りを走ります。

山手本通りを抜けた後は、平成30年(2018年)11月になされた日米間の合意によって日本への返還が確定的となり、現在跡地の再開発計画が進む根岸の旧米軍住宅地区跡地の横から南区へ入ると、眺めの良い稲荷坂を下って保土ヶ谷へと向かいます。

 

乗車時の見どころ

港の見える丘公園前までの見どころは市営バス20系統に一致しますが、その後の見どころとしては、山手本通りの中心部分が丸ごとルートになっている部分も、路線が持つ個性にあたります。

以下、市営バス20系統とルートが分離してからの部分について。

山手本通りの入り口付近、岩崎博物館(服飾関係の常設展示があります)前に設置された港の見える丘公園前バス停からおよそ徒歩30秒~1分圏内には、バス停名になっている港の見える丘公園の他、陣屋坂への入り口、横浜地方気象台横浜外国人墓地などがあります。

市バス20系統やあかいくつ号の「港の見える丘公園前」バス停はまさに公園の真横(ローズガーデンの隣)に位置していますが、神奈中11系統の「港の見える丘公園前」バス停は、公園入り口から少し離れたところに位置しています。

その後のルートにしても元町公園前バス停付近には元町公園山手234番館、エリスマン邸、ベーリックホールなどがあり、代官坂上バス停は代官坂汐汲坂の間、山手町バス停はカトリック山手教会山手公園傍、イタリア山庭園前はその名の通りイタリア山庭園の最寄りバス停で、横浜共立学園の敷地の隣に位置する地蔵坂上バス停傍には、山手214番館や乙女坂があります。

山手本通り歩きをそのまま代替してくれるようなコースを走るのが、山手本通りを走る唯一の路線バスである神奈中11系統なのですが、残念ながら横浜市営バスではないため、市営バス一日乗車券もみなとぶらりチケットも使えません。「桜木町駅からの山手本通り歩き」で神奈中11系統を使い倒したい場合、別途神奈中バスの一日乗車券(大人1050円、子供530円)を購入する必要があります(バス車内でのみ購入可)。

 

沿線の主要なスポット

馬車道商店街界隈日本大通り横浜中華街山下公園港の見える丘公園横浜山手の坂道山手地区山手本通り

 

全バス停案内

タイトルとURLをコピーしました