【横浜街歩き/元町中華街エリア】三渓園

元町・中華街エリア
臨春閣

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分37秒です。

本牧地区と三渓園

横浜を代表する日本庭園である三渓園は、生糸貿易で財を成した原家によって、明治39年に本牧の地に開園されました。

横浜開港以前の本牧地区は、海岸沿いには風光明媚な漁村あり、内陸部には田園地帯ありという、牧歌的な風景を持っていたとされますが、開港以降急速に発展していく横浜にあって、徐々にかつての姿を変えて行きました。

ちょうど横浜港を起点とする貿易が発展の一途を辿り始めた時期、本牧では三渓園を中心とした地域開発が始まります。

「三渓」とは、三渓園を造った原富太郎さんが文化・芸術活動において使っていた号(本名とは別の呼び名)ですが、そのまま公園の名前に使用されました。

大池に浮かぶ舟。

入園してすぐの道沿い・右手にある蓮池。

公園外の空気から、徐々に三渓園内の空気に取り込まれて行きます。

入ってすぐ左手、大池の向こう側に建って目をひく建築物は、外苑地区にある重要文化財・旧燈明寺三重の塔。

大池と、そのほとりの丘の上に立つ三重塔は、共に三渓園の名物です。

大池

道の奥にかすかに見える建物は、かつて原三渓が住まいとしていた鶴翔閣(かくしょうかく)。左手にある池が大池です。

牧歌的だったかつての本牧を思わせるような、人が楽しむための「自然」満載の風景は、現在の園内でも至るところで楽しむことが出来ます。

三渓園内の中心にある大池には、亀や鯉も住んでいる他、池のほとりには三渓記念館、お茶屋さん、ベンチなども用意されています。

ちなみに大池に住む鯉の群れは、中々迫力があります。

三渓記念館横の売店で餌も売っていますが、鯉に餌をあげる際には注意!

鶴翔閣

入園後最初に目に入って来る文化財は、現在、横浜市指定の有形文化財となっている、かつて原三渓さんが住んでいた鶴翔閣です。

原三渓さんの住まいだった鶴翔閣は、園内では内苑地区手前に位置していて、現在は施設の時間貸しも行われています。

かつての鶴翔閣・全景は、プレートに残されています。

元々は埼玉の豪農だった原善三郎さんが、横浜での原家の初代にあたります。

善三郎さんは幕末から明治にかけ生糸貿易で財を成して国内有数の実業家となると、最終的には衆議院議員から貴族院議員にまで上り詰めるのですが、その原家に(善三郎さんの)孫娘の婿として入ったのが「三渓」原富太郎さんでした。

ちなみに原三渓さんの義理の祖父・原善三郎さんについては、その像が説明版に遺されています。関東大震災被災による倒壊後、再建築はされずに今に至っているようです。

三渓園との関係では、三渓園のベースとなる土地を本牧の地に購入したのが善三郎さん、その地に三渓園を造園・整備したのが富太郎さんでした。

 

内苑地区

園内でも重要文化財の密集地帯にあたる内苑地区は、元々原家の私庭だった部分にあたります。国内外から財界人・文化人としての「三渓」原富太郎さんの下を訪れる来客も多かったため、近代日本文化・芸術にとっての広い交流の舞台ともなっていたようです。

内苑地区で最初に目に入るのは、重要文化財・臨春閣。

臨春閣は、紀州徳川家初代藩主・頼宜が1649年に現在の和歌山に建築した建造物で、由緒や時系列的に、八代将軍徳川吉宗が幼少時を過ごした家であると考えられています。

大正6年(1917年)、三渓園に移築されました。

臨春閣の遠景。

臨春閣内部の様子。

三渓園に移築された国・横浜市認定の文化財の多くは、およそ中世末~近世(室町~江戸の武家政権時代)に建造されたものです。なので”明治期に造園された三渓園”だったとしても、明治・大正期の「ヨコハマ文化」がそのまま残されているというような施設では全くなく、日本庭園として作られた自然が体現され、園内一流の世界を作り上げています。

園内を流れる小川と小川にかかる小さな橋。

共に17世紀に作られ、大正年間に三渓園に移築された二つの重要文化財、月華殿と天授院そばの様子です。

月華殿への上り階段。

月華殿やや奥には天授院、そのそばには約1.8畳の茶室、”原三渓プロデュース”の「金毛窟」があります。

階段を上り切ると、月華殿。

月華殿奥に位置する天授院。そばには茶室・金毛窟があります。

天授院からの下り階段。

天授院から聴秋閣へ。下り階段に平行して小川が流れ、聴秋閣前に走っています。

聴秋閣前。

聴秋閣は三代将軍徳川家光と春日局ゆかりの建築物で、大正年間に三渓園に移築されました。やはり重要文化財に指定されています。

外苑地区・展望台・三重塔

外苑地区の見どころとなる三重塔がある高台へは、三渓記念館や原善三郎像の案内などがある、大池のほとりから登っていきます。

三渓園内で配布されている地図内の三渓園・外苑地区より。

「三重塔」へは二通りのルートがあることと、原三渓さんの碑のすぐ後ろあたりにうち一つのルートの始点があることがわかります。

三渓園入場後、大池に沿って鶴翔閣横から内苑地区へ回るというルートを採ると自然にこのルートに行き着くことになるという、スタンダードな順路ですね(ちなみに残り一つのルートは”逆回り”ルートです)。

今回は”順路に沿って”三重塔へ登ってみることにしたのですが、池のほとり、原三渓さんの碑のすぐ後ろ当たりから「あ、多分この上り坂道が三重塔に向かうんだな」という直感的にわかりやすい道が伸びています。

早速そこを上っていくと、途中で三重塔行きの道と展望台行きのルートが分岐し、右に曲がると展望台へ、左へ曲がると三重塔へ、それぞれ向かうことになります。

多少わかりづらい道かもしれませんが、迷うといっても目的地(三重塔)まで多少時間がかかることもあるという程度の迷いなので心配は無用です。

分岐を右に向かい、展望台へと進んだ場合に展望出来るのは、三渓園内部が表現している世界とは異質な風景、首都高湾岸線と工業地帯です。

どこか「港の見える丘公園」から横浜港を臨む風景を彷彿とさせるような風景ですが、展望台=松風閣には自販機とベンチがあるので、飲み物を飲みながらでもゆっくりできます。

展望台から三重塔へは、わかりやすい一本道でつながっています。

下りも上り同様二通りのルートがありますが、来た道を戻らない(順路に沿って進む)場合、降りた先にはお茶屋さんがあり、お茶屋さんの先には合掌造りの住宅、重要文化財となっている旧矢箆原(やのはら)家住宅があります。

「合掌造り」とは「掌(てのひら)を合わせた」ような木材の梁(はり)を骨格に持つかやぶき屋根の住宅で、世界遺産にもなった岐阜の白川郷が有名ですね。

合掌造りとして最大級の建築物で、江戸時代後期に白川郷に建築された旧矢箆原家の住宅は、昭和35年、三渓園に移築されました。

合掌造りの住居、旧矢箆原家住宅。

施設情報/アクセス

入園料 大人(中学生以上)500円、子供200円
割引制度 前売り券と20名以上の団体は100円引き
回数券/年間パスポート 回数券は大人:5枚2000円、子供:5枚500円。
年間パスポート:1年間2500円
駐車場 最初の2時間500円、以降30分毎100円。当日最大1000円。

開園期間は12月29日~31日までを除く9時~17時までで、アクセスについては公式サイトに詳しい経路案内があります。

 

【街歩き・小旅行】PC&スマホ、Googleマップの使い方入門
細かい使い方、マニアックな使い方までコンプリートするつもりで進めると結構なボリュームになりそうですが、以下では最短距離で基本的な機能のみをまとめました。 2019.5.18 "Googleマイマップの基本的な使い方"追記 Googl...
タイトルとURLをコピーしました