元町・中華街エリア

【横浜街歩き】秋の終わりの横浜/年の瀬の中華街

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分58秒です。

【横浜街歩き】秋の終わりの横浜/年の瀬の中華街

フランス山の夕暮れと山下公園通りの紅葉

今回の写真は、この秋以降に撮った写真のうち、なんとなく使いそびれてしまった写真、うち、デスクトップのフォルダに残されていたものを掲載しました。

まず最初は、港の見える丘公園、フランス山地区で撮った一枚。

上手い人なら一発で決めることがほとんどなのでしょうが、個人的には案外綺麗な写真、納得いく写真が撮りづらい一帯です。

そんな一帯を抜けて、山下公園前の様子。これはまた別の日に撮った写真なのですが、紅葉が始まりかけた頃の一枚です。山下公園内を歩いていた時、公園前の通りをあかいくつ号が走っていくのを見つけたので一枚、なんてタイミングでした。

フランス山を降りていく時は、ほぼ山下公園界隈が目的地だったりします。この写真を撮った時も、やはりフランス山から下りてきました。

帰り道は、秋の終わりのアメリカ山から。街の喧騒や港の風景が少し遠くに見えます。

ハロウィン後、クリスマス商戦過熱前の季節、夜の園内にはバラも咲いていました。

 

年の瀬の中華街

夕方から三脚を持って久々夜景撮影に出向いた時に撮った、中華街大通りとその界隈の写真です。

山下公園側、中華街東門前から。

東門(朝陽門)は山下公園と一本の道で結ばれている上、中華街大通り入り口すぐ手前、さらには元町中華街駅の入り口も傍にあるので、一番わかりやすい入り口の一つです。

時間帯が時間帯なら、山下公園からこの門が見えた時点で空腹が加速しそうな門でもあります。

左側が中華街大通り、右の道はローズホテル方面です。

大通りに入ってしまうと、通りの両サイドはお店だらけ。高くてもいいので確実に旨いものを食べたいなんて場合に適しているお店=有名老舗店が多く軒を並べています。

老舗店以外にも、立ち食い黙認(肉まんや小籠包、タピオカなど)のお店、雑貨屋さん、お土産屋さん、手相占い、水族館、お寿司屋さんと、割と何でもありの通りです。

「甘栗」も、今はひところに比べると大分落ち着いています。

大通りから派生する道沿いにも、おいしそうなお店が密集しています。

新たな発見が欲しい、珍しいものを食べたいなんて場合に割と面白いお店が見つかる可能性があるのが、大通りから派生した道に軒を並べているお店です。

ちなみにこの写真を撮影したときは、ぐるぐる回った挙句にお寿司を頂きました。

そんな感じで「選に漏れた写真集」でしたが、色々あった2019年、今日はいよいよ除夜の鐘の日ですね。

それでは皆様、良いお年を。