【横浜山手の坂道】フェリス坂

横浜山手の坂道

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分5秒です。

【横浜山手の坂道】フェリス坂

about フェリス坂

旧町名から西野坂(正式名称)とも呼ばれていますが、以下通称名で進めます。

元町の交差点付近と山手本通りが階段坂で結ばれたフェリス坂は、その名の通り、フェリス女学院傍にあり、かつフェリス女学院の中高生の通学路となっていることが通称名の由来です。

横浜山手の近代史と共にあった、それも女子校では県下随一の名門校の名前が坂名に付されているという、ご当地感の塊みたいな通称名ですね。

この坂道の評は総じて”フェリス坂”としての評で、フェリス女学院の中学・高校について一言付したレビューも目立っているというあたり、「正式名称はどちらなのか」という話しにもつながりそうです。

 

フェリス坂沿いの風景

それはともかく、「ある程度急な坂道を一気に上ってしまう」という特徴は横浜山手の坂道にありがちですが、フェリス坂もそのご多分に漏れていません。ということで、坂道を上りながら「どこかで見たような風景」を望めたりもします。

入り口付近に立っただけでわかる急角度の坂道は、どことなく額坂っぽいです。

一段一段はさほど高くないとはいえ、割と延々続く階段坂が伸びているのがわかります。

振り返ってみれば、高田坂っぽい眺め。

坂道沿いにはフェンスが設置されていますが、この辺りは外国人墓地横に通された見尻坂風味ですね。

坂道の途上には、学校の敷地間をつなぐ渡り廊下が通されていますが、

フェリス坂沿い、階段上に通された渡り廊下の少し手前位の位置(上り方面に向かって左側)には、学校に入るための小さい門が作られています。

登下校のために山手本通りを歩くフェリス生(中・高生)は、例えば同じ山手本通り沿いに位置する横浜雙葉学園の中高生等と比べても少数であるように見える(とういより、ほぼいないようにも見える)ので、主に現役生のための登下校用の門として造られているということなのでしょう。

ここをくぐると山手本通りももうすぐで、上りきったところからは、突き当りに通された山手本通りまでの視界が開けています。

突き当り・山手本通りを右に進むとカトリック山手教会方面、左に進むと汐汲坂方面です(共に徒歩約1分~2分圏内)。

同じ”フェリス”ということでは、山手本通りの向こう側(元町側ではなく、本牧通り側)に、フェリス女学院大学の校舎など、大学関係の施設が固まっています(丁度フェリス坂の延長線上に位置する、汐汲坂から伸びた箕輪坂沿いには、フェリス女学院大学の8号館があります)。

 

 

横浜山手芸術祭 フェリス女学院展示

【横浜山手芸術祭・ユースギャラリー】イタリア山庭園会場鑑賞記
【横浜山手芸術祭・ユースギャラリー】イタリア山庭園会場鑑賞記 今回はイタリア山庭園会場(外交官の家/ブラフ18番館)の三校(外交官の家:フェリス女学院中高、ブラフ18番館:横浜共立学園中高/横浜女学院中高)の展示の紹介です。 丁度J...

 

アクセス

グーグルマップの基本的な使用法

タイトルとURLをコピーしました