【港町の日常】外出自粛要請下の元町&中華街

横浜中華街

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分13秒です。

【港町の日常】外出自粛要請下の元町&中華街

いつものウォーキングコースの距離をちょっとだけ伸ばして、駅名ともなっている元町と中華街まで。

外出自粛要請がない晴天日であれば、昼日中は曜日を問わず満員御礼みたいな盛況が印象的な両スポットなのですが、果たして・・・。

中華街大通りは、やっぱりガラガラでした。ぼちぼちウォーキングコースにはしているのですが、時間の経過と共に改めて閑散としてきている気がします。

外出自粛要請が出たばかりの頃ってそうでもなかった、営業しているお店もぼちぼちあった気がするのですが、やはりその後ってことですよね。

ランニングコストの負担如何ではお店を開業せざるを得ないなんて事情もあったのかもしれませんが、それにしたってお客さん来なければどうしようもないですからね。

他県ナンバーの車は今でもぼちぼち見かけるのですが、「来ないで!」と深刻になってどうというような量でもないので、逆に「よく今の時期に来れますね笑」といった気持ちになってしまうというのが正直なところ。

一連のコロナ騒動の最初期にあったダイヤモンドプリンセスの一件が割と衝撃的だっただけに、地方で見かける首都圏ナンバーは深刻に怖いと感じるんじゃないかと思うと同時に、地方からあえて横浜にっていう移動には結構度胸がいるんじゃないかと思ってしまったりもするんですよ。

しかも、あえて来たとしてもこの状態ですからね。

参考までに言っておくと、今の中華街は本当にほとんどのお店が閉まっているので、外出自粛要請がなんだという部分を取っ払ったとしても、”ガイドブック片手に”という訪問を考えているのであれば今の中華街はおすすめできない感じですね。

似たようなことは山手地区にもいえますが、現在西洋館は全館閉館中です。

それもこれも全ては公に控えてくださいと言われているからだということで、今の時期の遠征は止めておくのが無難ですね。

関帝廟通り南門シルクロードなど、他の通りも似たり寄ったりでした。改めて、平常時がどれだけすごいのかってことをこんなところから実感させられるような状態です。

ちなみにその辺は、元町商店街でも大差ありませんでした。

外出自粛要請が出る前、チャーミングセール(公式サイト)の頃から「人少ないな~」と感じてはいましたが、現在は中華街と似たり寄ったりの状況です。

非常事態宣言の発令以前や、ダイヤモンド・プリンセスの一件以前を、はるか昔の事のように感じますね。

開いているお店もあるにはあって、そういうお店に入ると「いつもに比べて適度に空いている」ことが快適さを感じさせたりしますし、歩道にしても、元々歩道の道幅がそこまで広くもない分、ラガラでもの寂しいというよりは率直に歩きやすいといった実感が先行したりもするにはします。

ということで、元町商店街にも、中華街大通り同様、どこか早朝感が漂っています。

思うところは色々ありますが、結局はいつも通りの姿があってこその商店街ですからね。

今度こその「外出自粛要請」解除が一日も早く訪れる日を祈ります。

タイトルとURLをコピーしました