【横浜山手の公園】元町百段公園

エリア別観光案内

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分30秒です。

【横浜山手の公園】元町百段公園

元町百段公園へ

元町百段と元町百段公園、今昔の”百段”のロケーション

代官坂の途中から伸びた高田坂を上った時、

道なり右側に出てくる公園が、元町百段公園です。

かつて元町商店街と山手の外国人居留地を結んでいた、”百段”と呼ばれた101段の階段があったことを偲び、”元町百段”が現在の公園名に継承されています。

ちなみにかつての”百段”は関東大震災で崩壊してしまったため、現存しません。

また、現在の元町百段公園は山手町にありますが、かつての元町百段は山手町に隣り合う、元町2丁目から3丁目付近にあったようです。

公園前では、

前田橋(中華街の朱雀門前にかかる橋)付近から撮られたかつての「百段」の様子が石板にプリントされています。

 

百段館と百段通り

前田橋のすぐ傍には、百段館というビルがあります。

由緒書きによると、かつての山手、百段階段(101段)の先には浅間神社もあったようですが、階段坂の頂上付近では、お茶屋さんにて港や市街の風景が楽しめたようです(元町商店街公式サイトより)。

現在、霧笛楼前から始まって百段館の前を通り、堀川に架けられた前田橋中華街朱雀門方面に通された道は、かつて百段がこの道沿いに架けられていたのではないかという意味を持って、百段通りと呼ばれています。

 

百段公園のロケーション

関東大震災被災以前に存在したかつての「百段」と比べ、西寄りに作られているのが現在の元町百段公園ですが、

「かつてここに百段があったことを後世の記憶に遺せるように」とのことから、改めて1980年代に作られたようです。

住宅地の中にある小さな公園は、敷地外からも見晴らしの良さを予感させる公園ですが、

昔は港が一望できたとされる高台からの風景には、現在高層ビル群が目立ちます。

言い伝えとして残る、かつての”百段”からの景観が偲ばれるところではありますね。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました