【横浜山手の坂道】見尻坂

横浜山手の坂道

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分15秒です。

【横浜山手の坂道】見尻坂

見尻坂のロケーション

坂道の途中に旧外国人居留地との境界があったことや、坂道が元町商店街付近から始まっていることなど、通されたロケーションが話題になることが多い坂道が見尻坂です。

ウチキパンやルノアール、スタバなどと並んで、数年幅で見ると割とテナントの入れ替わりが激しい元町プラザがある一帯、元町・中華街駅の元町口すぐ傍から、坂道は始まっています。

写真右手の門は外国人墓地の敷地への入り口(関係者専用)で、坂道の右側は延々外国人墓地の敷地です。

坂道の角度が大きいために人の尻を見ながら上ることになる、というのが命名の由来だといわれていますが、ややなだらかな坂道の途上に、急角度のキツめの坂道が伸びているのが分かります。

坂道の途中から階段坂が登場し、かつての外国人居留地エリアへ入ります。

緩やかな階段ではあるのですが、一段一段の階段が長いため、上りやすいかどうかについては微妙に評価が分かれそうです。

見尻坂横は、延々外国人墓地の敷地です。

坂道が階段坂になった辺りから、そのことがよくわかる一帯になっていきます。

上り坂の左手上方はアメリカ山公園。公園内の遊歩道脇に作られた屋根が見えます。

坂道を上りきると、すぐ左手(写真右)がアメリカ山公園入り口です。

 

山手本通りへの坂道

アメリカ山公園出口から伸びて、右手に続くなだらかな坂道は、山手本通りへつながっています。

坂道の途中には横浜地方気象台があります。

坂を上りきると、外国人墓地のすぐ横から山手本通りへ。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました