【横浜街歩き/日本大通り】THE BAYS

みなと横浜はじまりの地

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分35秒です。

【横浜街歩き/日本大通り】THE BAYS

THE BAYS

about “THE BAYS”

THE BAYSは、日本大通りの一番横浜公園寄りの区画(中区役所の並び)に位置している、横浜DeNAベイスターズが提唱する「横浜スポーツタウン構想」のパイロットプログラム(新たな試み)を発信する拠点です(“THE BAYS”公式サイトより)。

ざっくり捉えるなら、「プロ野球チーム!」というよりは”プロスポーツチーム・横浜DeNAベイスターズ”のアンテナショップのようなお店なのですが、元々関東財務局・横浜財務事務所などが入居していた建物が、2017年より”The Bays”として生まれ変わりました。

以降「横浜に拠点を置くベイスターズ球団が、『プロ野球チームである』という枠を超え、スポーツチームとしてどんなことを考えているのか、横浜に何を提供しようとしているのか」の一部が、ここから発信されるようになりました。

1Fはライフスタイルショップ+Bとクラフトビアダイニング&9、地下階(B1F)と上階(2F)では、パイロットプログラムの頭脳となる施設が機能しています。

以下、開業の翌年2018年の店内の様子です。

 

+B(ライフスタイルショップ)

+Bの”B”とは、Baseballのイニシャルを意味しています。

横浜DeNAベイスターズの球団公式グッズは、横浜公園内の”BAYSTORE HOME”(公式サイト “店舗一覧“)ほかの実店舗や、オンラインショップ(BAYSTORE ONLINE 公式サイト)などで販売されていますが、

+Bでは、「lifetimeにbaseballをプラスする」ということで、野球をテーマにしたグッズが色々販売されています。

NPBやベイスターズの色は、感じ取れるにしても微かに残されている程度、まんまNPB球団が経営するグッズショップですというよりは、プロスポーツチームがデザインした、野球をテーマにしたライフスタイル商品が主力となっています。

プロ野球チームというよりはプロスポーツチームとして、要はNPBの色は薄めですということなのですが、「絶対勝つぞベイスターズ!」(参考:球団公式サイト”テーマ別応援歌”)みたいなコテコテ感を期待すると、やや物足りないと感じるかもしれません。

「生活の中に不自然無く溶け込んでくる、ちょっとおしゃれなプロスポーツチームグッズ」という雰囲気、球団イメージとの距離の取り方は、そのままNPB球団のグッズ的だというよりは、どこかMLB球団が販売しているグッズに近いようにも感じます。

そのまま捉えるのであれば、”熱き星たちよ(YOKOHAMA DeNA BAYSTARS CHANNELより”2021年バージョン“)”よりは、”take me out to the ball game”(MLB公式チャンネルより”Take Me Out to the Ball Game“)のイメージに近いグッズが売られています。

 

+B公式サイト

 

&9(CRAFT BEER DINING)

入り口から入って+Bの奥に位置しているのが、クラフトビアダイニング”&9″です。

カウンターの向こうにお酒の瓶が並んでいれば、そのままスポーツバーのような雰囲気がありますが、

クラフトビールも楽しめるダイニング”&9″、カウンターの向こうにあるのは、実際に公式戦で使われて折れたバット、用済みとなった硬式球などが再利用された用具(ビアタップ)です。

日々の生活に野球文化を加えることが狙いとされている(公式サイト”インフォメーション”より)ようですが、このお店のロケーションが横浜公園徒歩ゼロ分圏内だという点もまた、心憎いですね。

通常時であれば平日は夜23時までの営業なので、ベイスターズの勝ち試合の後、球場を出てからクラフトビールを楽しむこともできるわけです。

さぞやおいしいお酒が飲めることでしょう。

店内はそんなに広いわけではないのですが、スペースの使い方はやはりカッコイイです。

この辺のおしゃれっぽさは、DeNAベイスターズ関連ショップの得意分野といえる部分でしょうか。

もちろん、お店ではソフトドリンクを楽しむことも出来ますし、

最近では、主力選手がプロデュースしたメニューも「売り」の一つとなっています。

 

&9公式サイト

 

公式サイト/アクセス

タイトルとURLをコピーしました