スポンサーリンク

都市型循環式ロープウェイ”YOKOHAMA AIR CABIN”、利用者100万人突破

新港地区

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分0秒です。

都市型循環式ロープウェイ”YOKOHAMA AIR CABIN”、利用者100万人突破

”YOKOHAMA AIR CABIN”の現状

開業9か月で利用者100万人

昨年2021年4月22日にオープンした都市型循環式ロープウェイ”YOKOHAMA AIR CABIN”(公式サイト)の総利用者数が、今年2022年1月に100万人を突破しました(2022年3月3日付読売新聞ロープウェー100万人超 横浜みなとみらい“より)。

9か月で100万人ということは一日当たりおよそ3700人程度、一日当たりの営業時間を10時間で計算すると、1時間あたりおよそ370人程度が利用したというところですか(休業日を含めた日数で割っているので、一日当たりの平均利用者数は”3700人以上”です)。

ちなみに、2月の末までには総利用者数が107万人に達したようですが、単純計算して約2か月で7万人、1日当たりおよそ1160人程度(1時間におよそ100人程度)と、”100万人までの9か月”に比べてややペースは落ちています(同様に、休業日を含めた日数で割っているので、一日当たりの平均利用者数は”1160人以上”です)。

問題は、利用者が減ったのか、それとも落ち着いたのかという部分ですが、恐らく後者でしょうね。

もちろん、昨今の時勢もあって利用者が二の足を踏んでいるのだという事情も多分にあるでしょうが、開業時の”ご祝儀”利用者数を考慮すればこのあたりに落ち着くのかもしれないというような、「思ったより利用されているな」と感じる部分と「確かにそんなものかもしれない」と感じる部分が絶妙に一致しているようにも見えてきます。

コロナが明ければ利用者数の回復が見込めるのでしょうが、利用者が(2022年1月2月のペースに比べて)倍増することはあっても、開業年(利用者数100万人到達まで)のペースには追い付けないかもしれない・・・位でしょうか。

どの程度の”回復”になるのかも、一つの大きなポイントになりそうですね。

 

開業前後

桜木町駅前と運河パーク(ワールドポーターズ手前、新港ふ頭の入り口に位置する広場です)を結ぶことによる利便性の向上にしても、画期的に便利になったというよりは”あると便利かもしれない””ちょっと面白いかもしれない”という感じで、日常の足用途というよりは旅行気分で「一度は乗ってみてもいいかな?」というイメージが先行します(乗車記)。

現在は、ロープウェイの乗車券とコスモワールド(というよりはみなとみらい)名物の大観覧車”コスモクロック21“(リンクはそれぞれ公式サイト)乗車券がセット販売されてもいるようですが、半分は実用性、半分は遊び心みたいな、なんとなく位置づけが見えてきた感もありますね。

サイト内の記事に残るところでは、開業の前年(2020年)には既にロープウェイを支えるためのロープを張る鉄柱が汽車道沿いに建てられていて、その前年(2019年)には、”ロープウェイ敷設”自体が地域の話題になっていたようです(参考:”【街歩きと横浜史】北仲通北・三つの公園“内、YOKOHAMA AIR CABIN)。

ロープウェイは汽車道に沿うように通されましたということで、建設が始まったばかりの頃は色々思うところもあったのですが、いざ出来てしまえばこれはこれ。今後はロープウェイを起点として、また新たな楽しみが作られていくことになるのかもしれませんね。

 

営業時間・運賃・お得チケット

原則として平日は10時~20時、土日祝日は10時~21時or22時。詳細は公式サイト“営業時間・運休日”へ。

片道チケット 往復チケット
YOKOHAMA AIR CABINのみ 中学生以上:1000円
小学生まで:500円
中学生以上:1800円
小学生まで:900円
“コスモクロック21″セット券 中学生以上:1500円
小学生まで:1200円
中学生以上:2300円
小学生まで:1500円

このほか、団体割引、障碍者割引あり。詳細は公式サイトへ。

 

アクセス

桜木町駅

 

運河パーク駅

タイトルとURLをコピーしました