スポンサーリンク

北仲通北・三つの公園(馬車道駅、万国橋傍、汽車道沿いの公園)

新港地区

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分19秒です。

北仲通北・三つの公園(馬車道駅、万国橋傍、汽車道沿いの公園)

about 北仲通北公園

北仲通北公園は、みなとみらい線の馬車道駅前傍、みなとみらい大通り沿いに、みなとみらい側から順に第一、第二、第三とナンバリングされた三つの公園です。

対岸に新港ふ頭を望む岸に沿うように作られています。

明らかに公園が三つあることがわかる作りになっているというよりは、岸沿いに作られた遊歩道の所々に、飛地的に公園が3つ作られているといった感じの作りになっているのですが、第一・第二公園については多少広いスペースに、第三公園については遊歩道沿いに、それぞれベンチが用意されています。

 

北仲通北第一公園

入り口付近

新しい横浜の中心部の一角にどこかひっそりと作られているのが、北仲通北第一公園入り口です。

“第一公園”は、大岡川にかけられた北仲橋のすぐ手前に位置していますが、北仲橋自体は馬車道とみなとみらいの境界線付近に架かった橋で、公園はその北仲橋傍の馬車道側に作られています。

公園入り口を入るとすぐのところから、万国橋方向に向かう遊歩道が始まっています。

駐車場の向こうにあるのが市役所の新庁舎、駐車場の隣に立つ高層ビルは横浜第二合同庁舎(旧生糸検査所)です。第二合同庁舎は中央官庁の出張所や出先機関を寄せ集めたようなビルで、北仲通北公園側から見ると普通の高層ビルのように見えるのですが、万国橋通り沿いではかつての生糸検査所を再現した、赤レンガ風の建物になっています。

第一公園側から入って北仲通北公園間に作られた遊歩道を歩くと、対岸には汽車道と、その向こうにみなとみらいの高層ビル群(ランドマークタワークイーンズスクエア、インターコンチネンタルホテル等)を眺めながらの時間を楽しめます。この風景を見た時点である程度の察しはつくかもしれませんが、北仲通北公園は夜景がとても映えることでも有名な(?)公園でもあります。

 

灯台発祥の地

北仲通北第一公園入り口すぐのところには、海上保安庁第三管区海上保安本部による”灯台発祥の地”碑が残されています(リンクは共に公式サイトです)が、1869年=明治2年から1948年=昭和23年まで約80年間にわたって、灯台事業を担う燈明台局が置かれていたようです。

燈明台局は当時の工部省の管轄で、灯台の建設・管理・用具製作など、灯台に関連するすべての業務を取り扱っていました(参考:国立公文書館 アジア歴史資料センター “公文書に見る明治日本のアジア関与 燈明台局“)

 

YOKOHAMA AIR CABIN

“灯台発祥碑”付近の写真でもう一つ気になるものといえば、新たに海中に建てられた鉄塔です。昨年(2019年)末に話題になりましたが、桜木町の駅前と新港ふ頭を結ぶロープウェイ”YOKOHAMA AIR CABIN“(公式サイト)のために建てられたもので、川沿いに点々とルートが続いています。

ロープウェーが向かう先にあるのは、コスモワールド(公式サイト)、ワールドポーターズ(公式サイト)、赤レンガパーク公式サイト)、万葉倶楽部(公式サイト)、カップヌードルミュージアム(公式サイト)、マリンウォーク公式サイト)、そしてハンマーヘッド公式サイト)等々、新旧共々の新港ふ頭名物の商業施設です。改めて、ロープウェーや新港ふ頭が一気に注目スポット化することがあるのかもしれません。

 

北仲通北第二公園へ

岸沿いの遊歩道を歩いていくと、

ノートルダム横浜(公式サイト)という結婚式場の先で、やがて北仲通北第二公園へ到着します。

 

北仲通北第二公園・第三公園

第二公園入り口付近

北仲通北第二公園の入り口も、やはり地味目に作られています。

北仲通北第一公園から岸沿いに進み、ちょうど北仲ブリック&ホワイトの裏手あたり、岸沿い遊歩道のちょうど真ん中付近に位置していて、

公園前の通りを左手に進むと、万国橋通りに通じています。

右手は市役所新庁舎前へ。通りの向こう、写真左手にあるのが北仲ブリック&ホワイトです。

北仲通北第二公園では、入り口すぐのところに子供用遊具と共にベンチが置かれていて、広めのスペースがとられています。入り口から入ってまっすぐ進むと北仲通北第三公園方面(万国橋方面)へ、左手に進むと北仲通北第一公園方面(みなとみらい方面)です。

 

公園沿いの風景

北仲通北公園では、桜木町駅方面を見ればロープウェイ用の鉄塔、向こう岸には汽車道を眺めながらの遊歩道が続きます。

現在北仲通北公園がある一帯は、公園として整備される以前から、華やかながらもどこか物寂しい夜景が見れた一帯でもありました。かつては今以上に、開発と開発の隙間のエアポケットを感じさせるような風情があったということなのですが、手前にはかつての横浜(汽車道)、その奥に現在の横浜(みなとみらいの高層ビル群)という新旧入り乱れた雑多な感じも、エリア一流の持ち味です。

第二公園・第三公園間の道は、対岸に通された汽車道に並走しつつ、万国橋方面へ向けて真っ直ぐ伸びていますが、

同じ方向に伸びていることが伝わって来るロープウェイ工事については、これからも変わりゆく馬車道を象徴しているように取れなくもありません。2020年末に開通予定のロープウェーの進路も、ほぼ汽車道に沿って伸びています。

 

第三公園へ

道沿いにはアパホテル(公式サイト)もありますが、この付近まで来ると第三公園もすぐそこで、

万国橋もすぐそばです。

橋の手前には、北仲通北第三公園のベンチが多く置かれています。

 

アクセス

北仲通北第一公園

 

北仲通北第二公園

 

北仲通北第三公園

 

タイトルとURLをコピーしました