スポンサーリンク

【横浜山手の公園】イタリア山庭園(JR石川町駅最寄り、山手本通り傍)

イタリア山庭園

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分40秒です。

【横浜山手の公園】イタリア山庭園(JR石川町駅最寄り、山手本通り傍)

イタリア山庭園へ

about イタリア山庭園

明治13年(=1880年)から明治19年(=1886年)まで、この地にイタリア領事館が置かれていたことに因んで”イタリア山庭園”(公式サイト)と名づけられた庭園には、イタリア風の庭園(左右対称の幾何学構造、人工物の配置、階段滝の造成などを特徴とします)の他、敷地内に二軒の西洋館、外交官の家西洋館公式サイト)とブラフ18番館西洋館公式サイト)が建てられています。

ブラフ18番館は平成5年(1993年)に、外交官の家は平成9年(1997年)に、それぞれ庭園内に移築・復元されました。

庭園自体の整備・開園も移築に合わせたもので、比較的新しい庭園です。

二軒の西洋館の他にも、庭園名にちなんだイタリア式の庭園、ブラフ18番館前の大きなイチョウの木、二つの西洋館の間に通されたメタセコイア並木道は、庭園の名物となっています。

 

イタリア式庭園

イタリア風の庭園(イタリア式に整備された庭園)は、『長方形の敷地に左右対称の花壇を持ち、周辺風景をパノラマ式に楽しむことが出来る、花壇内に噴水などの人工物が設置されている』という特徴を持ちます。

噴水は庭園内のブラフガーデンカフェ寄りに、左右対称花壇は外交官の家寄りに、それぞれ作られています。

 

ブラフ18番館前・イチョウ

ブラフ18番館前のイチョウの木周辺は、毎年紅葉シーズンの人気スポットです。

積もる落ち葉の量で、秋の深まりを感じることが出来ます。

 

メタセコイア並木

イチョウの木同様に庭園名物であり、人気スポットとなるのが、ブラフ18番館前から外交官の家横に通された、メタセコイアの並木道です。

毎年秋の終わりから冬のはじめにかけて、道沿いの葉が紅葉に染まり、

やがて冬を迎えると、並木道はさっぱりした状態になります。

 

外交官の家

別記事に移転しました。

 

ブラフ18番館

別記事に移転しました。

 

開館情報/アクセス

イタリア山庭園の開園時間は、9:30~17:00です。

タイトルとURLをコピーしました