スポンサーリンク

【箱根七福神めぐりの旅 その2】芦ノ湖畔の寿老人と毘沙門天

御朱印巡り

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分43秒です。

【箱根七福神めぐりの旅 その2】芦ノ湖畔の寿老人と毘沙門天

寿老人(本還寺)、毘沙門天(駒形神社)

畑宿そばの大黒天(守源寺)詣でに始まり、布袋尊(興福院)、恵比寿神(箱根神社)と進んだ今回の七福神巡り

恵比寿神(箱根神社)の次の参拝先は、芦ノ湖畔にある寿老人・(箱根ナビ “本還寺“)、毘沙門天(箱根駒形神社公式サイト)です。

 

寿老人=本還寺

本還(ほんげん)寺は箱根町港のすぐ傍にあって、お寺までの道が分かりやすく見えています。

 

駒形神社へ

今回の七福神めぐりで唯一迷ったのが、毘沙門天=駒形神社への行程でした。

距離的には本還寺からも箱根町港からもそう遠くないところに位置しているのですが、箱根町港付近から国道一号線に沿って歩いていくと現れる県道737号線との分岐で選択を誤ると、行けども行けどもそれらしい分岐は出て来ません。

正解は県道737号線ルートなのですが、そのまま国道一号線に沿って歩いていってしまうと、行けども行けども駒形神社にはたどり着けず、そのまま芦ノ湖スカイラインや箱根新道方向に向かってしまいます(Googleマップのナビが、国道一号線沿いから始まる、歩けないショートカットを指示することがあります)。

ということで一旦交差点まで戻り、箱根町港からそう遠くない交差点で右折し、県道737号線へ入ると、無事駒形神社へと向かうことが出来ました。

分岐点向かって右手の歩道上に、この道しるべが埋め込まれていることも、目印の一つになります。

現在の国道や県道に沿って三島方面に進むためには、県道737号線ではなく国道一号線を使う必要がありますが、かつての東海道=旧街道では、現在の県道737号線上に、三島方面へと向かう道が用意されていました。

 

毘沙門天=駒形神社

ということで、県道737号線に沿って少し歩いたところ(結構奥まで進みました)、無事、神社を見つけることが出来ました。

毘沙門天・駒形神社のすぐ傍というか同じ敷地内には、もう二つほど神社があります。

入り口すぐのところに由緒書きが置かれた犬塚明神社と、

敷地内中ほどのところにある、蓑笠明神社です。

 

アクセス

本還(ほんげん)寺

 

箱根駒形神社

タイトルとURLをコピーしました