【鎌倉街歩き/秋の鎌倉御朱印巡り】”足利尊氏縁の寺”長寿寺

御朱印巡り

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分9秒です。

【鎌倉街歩き/秋の鎌倉御朱印巡り】”足利尊氏縁の寺”長寿寺、紅葉と御朱印

室町時代の鎌倉と上杉氏の縁については、別記事に分離しました。

日本史の大きな転換点であり、かつ激動の時代の前哨となった室町時代。その始まりの年に創建されたのが長寿寺です。

山門への坂道が通されたバス通りは、そのまままっすぐ鎌倉五山第一位・建長寺へと向かっていきます。冒頭にも記したように、長寿寺は建長寺の塔頭寺院ですが、丁度この道の突き当りに見える位置にあるのが建長寺の入り口です。

長寿寺すぐ横には鎌倉七切通し(古来よりある7つの道)の一つである、亀ヶ谷坂の切通へとつながる坂道があります。

紅葉に囲まれた山門の奥に見えるのは、長寿寺の本堂。

本堂と、そのとなりにある小方丈は、共に参拝・見学ルートになっています。

書院造の小方丈と、枯山水の庭園。

すぐ前を走るバス通りからだとちょっと想像するのが難しいような世界が広がっているのが長寿寺境内の特長ですが、純和風の空間にマッチする秋の風景がとても心地よいです。

小方丈の横にあるのは観音堂。周辺の紅葉は今が盛期です。

観音堂の裏手にあるのが足利尊氏のお墓で、ここに尊氏の遺髪が埋葬されています。

 

長寿寺・御朱印

 

長寿寺・アクセス

【街歩き・小旅行】PC&スマホ、Googleマップの使い方入門
細かい使い方、マニアックな使い方までコンプリートするつもりで進めると結構なボリュームになりそうですが、以下では最短距離で基本的な機能のみをまとめました。 2019.5.18 "Googleマイマップの基本的な使い方"追記 Googl...

 

タイトルとURLをコピーしました