スポンサーリンク

【鎌倉街歩き】パーク&ライドと江ノ電、横須賀線、湘南モノレール

江ノ電沿線

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分9秒です。

【鎌倉街歩き】パーク&ライドと江ノ電、横須賀線、湘南モノレール

江ノ電利用と駐車場

パーク&ライドと江ノ電

江ノ電乗車を柱とした鎌倉街歩きをするにあたり、江ノ電沿線まで車を利用する場合。

”パーク&レールライド(江ノ電公式サイト)”というサービスを利用することが出来ます。

“パーク&ライド”自体は江ノ電沿線に限らず、色々な観光地で普及しているサービスのようで、地域によっては駐車場利用が無料となる場合もあるようですが、江ノ電沿線の場合、幾つかの最寄りの駐車場(後述)の4~6時間分の駐車チケット+江ノ電一日乗り放題のチケットが用意されます。

いずれも、まずは駐車場でサービス利用を申告した上で、駐車券を持ってノ電の駅まで行き、窓口で切符を買い、駐車券に時間分の清算処理をしてもらって、手続きは終了となります。

ちなみに、一人旅だったとしてもチケットは二枚ついてきます。

“チケット代=パーキング代+運賃の総額”なので、半日弱の駐車料金+江ノ電一日乗り放題で2000円程度であれば費用の点では申し分ないのですが土日祝日の場合、駐車場自体にかなりの混雑が予想される上、沿線を丸ごと楽しもうと思った場合にはやや時間的な物足りなさがあるかもしれません。

総じて、車で現地に向かった後、現地着後に江ノ電を乗り倒したい場合や、沿線のどこか1~2か所のみをじっくり見たい場合にオススメなサービスです。

 

パーク&ライド利用可能駐車場

サービス名 駐車場/営業時間/料金 フリー切符
江の島パーク&レールライド
鎌倉市公式サイト
江ノ電駐車センター
4時~23時オープン
5時間:2000円
江ノ電全線1日フリー切符
(二人分)
稲村ケ崎パーク&レールライド
鎌倉市公式サイト
稲村ケ崎駐車場
24時間オープン
6時間:1800円
同上
七里ヶ浜パーク&レールライド
鎌倉市公式サイト
七里ガ浜海岸駐車場
9時~21時オープン
5時間:1800円
同上
由比ガ浜パーク&レールライド
鎌倉市公式サイト
県営由比ガ浜地下駐車場
9時~18時オープン
4時間:1660円
サービス休止中

 

鎌倉の”環状線”と大船パーク&ライド

JR横須賀線、江ノ電、湘南モノレール

鎌倉・江の島エリアには、かつてJR横須賀線、江ノ電、湘南モノレール乗車を対象とした、とても便利なお得チケット”鎌倉・江の島パス”がありました(2020年3月31日をもってサービス終了)。

公共交通機関を使って鎌倉観光をする場合、鎌倉の山間部には大船駅・鎌倉駅間にJR横須賀線が、鎌倉の海岸部には鎌倉駅・江ノ島駅間に江ノ電が、海岸部と山間部の繋ぎには湘南江の島駅と大船駅間に湘南モノレールが、それぞれ通されています。

鎌倉駅と江ノ島駅、大船駅をそれぞれターミナル駅とする形で、3本の路線(JR横須賀線、江ノ電、湘南モノレール)が一本の環状線となり、鎌倉をぐるっと回っているんですね

大船駅、鎌倉駅、江の島駅は全て、湘南モノレールとJR(大船駅)、JRと江ノ電(鎌倉駅)、江ノ電と湘南モノレール(江ノ島駅)、それぞれの路線ごとに用意された駅の間が多少離れてはいますが、それでもすぐ近くに位置しています。

この三路線が一日定額で乗り放題だったというフリー切符のサービス終了は残念なところですが、「鎌倉市内で環状に繋がった公共交通機関がある」ということを頭に入れた上で”鎌倉歩き”をプランすると、今でも色々見て回りやすくなると思います。

 

大船パーク&ライド

令和3年(2021年)から、あらたに大船パーク&ライド(公式サイト)というサービスがスタートしました。

大船パーク&ライドでは、”大船・江の島パーク&ライド”と”大船・鎌倉パーク&ライド”の二種類が用意されていますが、前者は湘南モノレールのフリーチケットが駐車料金の割引とセットになるサービス、後者は鎌倉市内の特定文化施設利用と駐車料金が共に割引きになるサービスです。

 

アクセス

JR・湘南モノレール大船駅

 

JR・江ノ電鎌倉駅

 

江ノ電・湘南モノレール江ノ島駅

江ノ電江ノ島駅

 

湘南モノレール湘南江ノ島駅

けんいち

横浜・みなとみらい線沿線を中心とした国内街歩き・小旅行記事etcを執筆・投稿・管理しています。

けんいちをフォローする
江ノ電沿線
スポンサーリンク
けんいちをフォローする
横浜・みなとみらい線沿線街歩き
タイトルとURLをコピーしました