スポンサーリンク

東京街歩きと”大御所時代”

東京街歩き

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分27秒です。

東京街歩きと”大御所時代”

大御所時代と幕末日本

(以下、”駒形どぜう“の記事から移転しました)

大御所時代

今をさかのぼること200年以上前、西暦1800年頃の東京は、徳川15代将軍の中でもダントツの最長である50年に渡って(1787年~1837年)将軍を勤めた、11代将軍徳川家斉の治世期、いわゆる”大御所時代”の初期にあたる時代でした。

8代将軍・徳川吉宗の”在位29年(1716年~1745年)”が家斉の在位期間に次ぐ長さなので、50年に及ぶ家斉の治世がいかに突出して長いかというあたりを推しはかることも出来るのですが、家斉は将軍引退後も前将軍=大御所として、自身の死に至るまで4年ほど実権を握り続けました。

寛政の改革を実行した老中・松平定信が老中を辞した後の家斉の将軍在位期間(1793年~)と、”大御所”となった家斉の死によってその施政が終わるまで(~1841年)の期間の政治は、後に大御所となる将軍家斉が実権を握っていた期間(1793年~1841年)の政治だったということで、大御所政治と呼ばれます。

将軍在位期間は50年、大御所政治は48年と、厳密には双方の間に若干のズレがありますが、実質ほぼ同じ長さを持っています。

 

寛政・天保の改革と大御所時代

家斉の将軍就任直後に老中・松平定信によって進められた寛政の改革と、家斉の死後、老中水野忠邦によって進められた天保の改革に挟まれた期間の政治が大御所政治、政治を含めて時代を総称する場合は”大御所時代”です。

寛政の改革期(11代将軍家斉、老中松平定信)→大御所政治期(11代将軍家斉)→天保の改革期(12代将軍家慶、老中水野忠邦)”の流れの大局的な特徴としては、”大御所”前後が厳しい時代だったことが挙げられます。

金権政治時代(老中・田沼意次主導)の反動として訪れた、庶民にはキツめの風紀が要求された時代(松平定信主導・寛政の改革期)が”大御所”前の時代、社会全体の気風が緩んだ時代だったといわれた大御所政治の時代を経て、直後から風紀・経済政策共引き締めを旨とした天保の改革(水野忠邦主導)が始まりました。

引き締めと引き締めの間に緩い大御所時代が到来した理由には、他ならぬ徳川家斉が持っていた気質に起因する部分も多分に含まれていたのでしょうが、庶民文化の主役となるのはもちろん庶民です。

つまりは、そういうめぐりあわせだったということなのでしょう。

時の狂歌が「白河の 清きに魚も棲みかねて もとの濁りの田沼恋しき」と謳った時代の直後、庶民の本音を踏襲したかのような時代が到来することによって、江戸の町民文化は集大成の時を迎えます。

 

危機と繁栄

なのですが、という話ですね。

そもそも大御所時代の前後に大きな改革が必要とされた理由には、寛政・天保共、飢饉対策や、飢饉を理由とする打ちこわし対策等、天災の発生に起因するものが含まれていました。

松平定信や水野忠邦でなかったとしても、質素を旨とすべきだ(今は放蕩できる時ではない)と捉えるに足るだけの理由があるにはあったのですが、寛政の改革は田沼政治への反動の他に天明の飢饉対策、天保の改革は大御所時代後の風紀引き締めの他、天保の飢饉対策をそれぞれ主目的に含みます。

一方で、二つの改革の間に位置する大御所時代の世相を映す社会的事件としては、歴史的大火(“どぜう”表記のきっかけとなった江戸三大大火の一つ、文化=丙寅の大火)の発生、歴史的飢饉(江戸三大飢饉の一つである、天保の大飢饉)の発生、一揆や打ちこわしの件数激増、天保の大飢饉に起因する大塩平八郎の乱発生など、前後の時代に負けず劣らずの、割と物騒なものばかりが挙げられます。

その反面で、文化的な種々の発展があった他、江戸の町人文化(文化・文政期に円熟の時を迎えた、いわゆる化政文化)がピークを迎え、庶民の旅が大流行したことなど、明るい話題も時代の特徴となりました。

 

大御所時代が残したもの

ところで、この時代にもたらされた文化的な繁栄は、家斉自身が無二の働きをしたことによってもたらされたのではなく、逆に家斉が名君らしいことを何もしなかったことが幸いする形で訪れました。

強いて言うのであれば、将軍としてそういう時代(文化が栄え、後の時代を支える偉人を多数輩出した時代)の空気を作ったことこそが家斉の実績だったといえるのかもしれませんが、少なくとも(前後の時代の老中が推進したような)庶民を追い込むような規制とは無縁の将軍だったということで、衣食足りた庶民たちの間では、精神の自由を謳歌し、学問を奨励する空気が生まれます。

江戸の町人文化の円熟はその賜物だったわけですが、大御所時代はまた、寺子屋教育熱がピークを迎えるほど盛んだった、庶民に広く教養が欲されたという時代でもあります。このことが巡り巡って、ほどなく訪れる幕末の乱世に、歴史的な偉人を多数輩出し得たベースとなって行くんですね。

例えば、後に明治の世で”天保の老人”と揶揄されることになった、幕末の乱世以来日本を支えた著名人の多く(福沢諭吉や”最後の将軍”徳川慶喜、西郷従道等のほか、いわゆる幕末の志士の多く)が、大御所時代の末期=天保年間に生まれています。

仮に列強の外圧が無かった、その結果としての開国や開港がなかったとしても、以降何らかの形で日本社会が大きく変貌を遂げることになっていたかもしれない、そんな新しい時代の到来を思わせるポテンシャルを持った時代が、将軍家斉の大御所時代でした。

 

大御所時代の終焉と幕府政治の衰退

少々寂しい話しですが、ほぼ大御所時代の終わりと共に訪れたのが、江戸幕府終焉へのカウントダウンです。徳川家斉の死後早々に老中・水野忠邦が主導する天保の改革がはじまりますが、この辺りから日本史の流れが変わりはじめます。

概して、時勢に影響を受けてそうなったといえる部分が色濃い話しですね。

例えば天保の改革では、打ち出される政策の実効性についてもまた、的を射ない、効果的でないことが多くありました。経済構造や物流が変化したことに加え、幕府の権威も衰えたため、政策遂行自体が不可能となる場合もあったためです。

簡単に言うと、モノづくりが進化を遂げたことによって、人々の生活態様が必ずしも農業を中心としなくなった、その結果農業を中心とした社会を想定する幕府の政策が時代にそぐわなくなっていったんですね。

そうなると幕府の権威も低下の一途を辿り、諸藩に対して睨みが効かなくなっていくのですが、その背景には、幕府が上手く対応できなかった新時代への変化に、後に討幕の主勢力となる西国の雄藩(薩長土肥)はいち早く対応できた事実があったことも挙げられます。

弱り目に祟り目という話しで、およそこの時期を境として、幕府にとっての致命傷となる列強からの外圧も強まっていきます。

 

文明開化の時代へ

11代将軍徳川家斉の大御所時代を経て、12代将軍徳川家慶以降”最後の将軍”15代徳川慶喜の時代にかけての時代の”海の外”は、アメリカ独立戦争やフランス革命に代表される市民革命の時代であり、ナポレオン戦争(フランス革命の延長的な意味を持った戦争)後に訪れたウィーン体制(旧支配階層による反動保守の統治)を崩壊へと向かわせた、1848年革命の時代でした。

“一部特権階級とそのほか大勢”が社会を構成する絶対王政の時代が、いよいよ終焉の時を迎えようとしていた世界の激動期。日本海の向こうに位置する中国大陸では、清王朝がアヘン戦争の敗戦によって植民地時代のはじまりを迎えようとしていました。

討幕の必要性についてはさておき、日本にとってもはや開国(=列強との国交樹立、交易開始)は不可避であり、国の統治体制自体を早急に整えることが必須だった状況下の話しです。

あとは列強に並び立てるか、それとも列強の植民地となるかの二択があるのみでした。

開国後、日本は幸運にも列強の植民地にならずに済んだということで、「ザンギリ頭(=ちょんまげを結わない頭)を叩いてみれば 文明開化の音がする(ちなみに明治の世で流行った都々逸には、この有名な一節の他、”半髪=ちょんまげ頭を叩いてみれば 因循姑息の音がする”という一節も含まれています)」時代の華やかさに対してもそれはそれでいいものだとは思います。

反面、江戸の庶民文化が集大成の時を迎えていたような時代、特に大御所時代の庶民文化を思う時などには、古き良き時代に対する一抹の郷愁を感じずにはいられないというのもまた、多くの人の本音だったりするのではないでしょうか。

ともあれ、古代以来の由緒がある浅草寺の傍には江戸時代以来の馴染みである吾妻橋が架けられ、さらには文明開化の時代以来の花形バーである日本初のバー・神谷バー(公式サイト)もありますが、その風景の中にはまた、平成オープンの東京スカイツリー(公式サイト)が見えたりもします。

ぱっと見の風景が多くの”何か”を伝えてくることもしばしばありそうに思えますが、浅草界隈に出向いた時には、時にそんなことを思わされたりします。

けんいち

横浜・みなとみらい線沿線を中心とした国内街歩き・小旅行記事etcを執筆・投稿・管理しています。

けんいちをフォローする
東京街歩き
スポンサーリンク
けんいちをフォローする
横浜・みなとみらい線沿線街歩き
タイトルとURLをコピーしました