スポンサーリンク

【00年代の函館 その8】石川啄木と立待岬

北海道の港町/00年代の函館

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分7秒です。

【00年代の函館 その8】石川啄木と立待岬

居住地跡と一族のお墓

函館縁の人物の一人に、明治の世を生きた歌人である石川啄木がいます。

岩手県出身の石川啄木と函館の縁は、函館市中が大火に見舞われた不運などもあって、明治40年の5月から9月までとなってしまったという、わずか4か月ほどのものではありましたが(参考:函館市文化・スポーツ振興財団石川啄木“)、

居住地跡を示す案内書きが市内中心部(護国神社坂傍)に残されていると同時に、

一族の墓が津軽海峡に面した立待岬にあり、

歌が刻まれた墓碑が置かれています。

立待岬は、地理的には函館市のはずれに位置しているのですが、かといって市の中心部からそこまで遠いということもなく、

岬の先端までいくと、視界一面に津軽海峡を望むことが出来ます。

この時はタクシー観光で周ってもらったのですが、中々お手軽に行けるドライブコースぽい距離だったように記憶しています。

冬季の場合、海上に低く垂れこめた雲の隙間から陽が差すこともあるという”北の海”を連想させる一帯となってはいても、雪の季節以外や快晴日であれば、爽やかな絶景が期待できるスポットではあります。

ただし道中にはお墓の真ん中を進む道などもあるので、雪の季節とそれ以外の季節、昼と夜とで大分イメージは変わるかもしれません。

 

アクセス

石川啄木居住地跡

 

石川啄木一族の墓

 

立待岬

タイトルとURLをコピーしました