【開港都市・新潟の風景】荷揚げ場と石倉(保税倉庫)

国内港町めぐり

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分34秒です。

【開港都市・新潟の風景】荷揚げ場と石倉(保税倉庫)

旧新潟税関庁舎と荷揚げ場、石倉(保税倉庫)

新潟税関庁舎と荷揚げ場

1869年(明治2年)に新潟運上所として竣工し、やがて1873年(明治6年)に新潟税関と名を変えた旧・新潟税関庁舎では、その後1966年(昭和41年)に至るまで関税業務が営まれますが、かつてそのすぐ目の前(信濃川側)には、船から貨物を揚げるための作業場や石段等が築かれていました。

ということで現在の旧税関庁舎前では、

発掘調査によって明らかになった当時の信濃川の川岸の様子が丸ごと復元される形で、川が作られると同時に、荷揚げ場の石段が積まれています(2005年(平成17年)より一般公開開始)。

 

石倉(保税倉庫)

旧荷揚げ場や旧税関庁舎の向かって右隣りでは、

かつて新潟運上所や新潟税関の保税倉庫として使われていた、石倉が復元されています。

ちなみに保税倉庫とは、関税の徴取が留保された(一時的にとどめ置かれた)貨物を保存するための倉庫です。

保税倉庫は、輸出入品目や品質のチェック、関税の賦課等の作業をスムースに行うために整備された”保税制度”(参考:公益財団法人 日本関税協会保税制度の概要“)と共に誕生した倉庫で、幕末の神奈川運上所での倉庫運用と制度制定を経て、全国へと広まっていきました(参考:横浜税関横浜開港150年の歴史“)。

新潟や横浜(神奈川)など、開港当時各地に置かれていた”運上所”が”税関”と名を改めたタイミングも、保税倉庫の台頭とほぼ時を同じくしています(同)。

新潟運上所・新潟税関の保税倉庫としての初代・石倉は、昭和38年まで存続していたようですが、

現存する石倉は、昭和57年に新築・復元されたものです。

右手前にある建物が石倉で、すぐ横を流れるのは”かつての信濃川”、

奥に見えるのは、二代目の新潟市役所庁舎のデザインを参考にして作られた建物を持つ、“みなとぴあ”=新潟市歴史博物館です。

 

アクセス

荷揚げ場

 

石倉(保税倉庫)

 

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
国内港町めぐり
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました