【秋の妙高安曇野ドライブ旅 その3】西山ふるさと公苑と田中角栄記念館

妙高・安曇野ドライブ旅

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分29秒です。

【秋の妙高安曇野ドライブ旅 その3】西山ふるさと公苑と田中角栄記念館

道の駅 西山ふるさと公苑

西山ふるさと公苑と田中角栄記念館

道中にある道の駅に寄って行くことも目的の一つとなりつつあるドライブの中、道沿いに”田中角栄記念館(公式サイト)”の案内が出てきました。

のどかな車窓風景が続くドライブの中、唐突にかつて中央政界を率いていた公人の名を付す道の駅の案内が出てくるとは、というような想定外だったのですが、

道の駅・西山ふるさと公苑(公式サイト)内にある一施設として、「記念館」は作られているようです。

ちなみに、「田中角栄」の名に惹かれて入った西山公苑だったのですが、今回はふるさと館を見終わった時点で16時少し前だったということで、残念ながら16時までの開館時間に間に合わず、時間的に見学することが出来ませんでした。

 

公苑内の風景

まぁ、仕方ないかという感じではあったのですが、

掲示板には赤とんぼが止まっているなど、夕方の公園内はのどかそのもので、秋を思わせる風情に満ちていました。

「公苑」風景の特筆すべき点としては、

「ふるさと公苑」が見せてくれるのは、純日本風の秋ですというよりはやや中国よりであるという点でしょうか。

ふるさと館前の西遊園や西遊館が醸す雰囲気は、

入り口付近からでも、ぱっと見で感じることが出来ます。

純和風の風景の中唐突に現れる中華風には、一旅行者の視点からだとさすがに違和感、異国感はあったのですが、ほぼ大きな港町ごとに存在する中華街をはじめ、なんだかんだ、中国って日本にとって身近な国ではあるんですよね。

 

ふるさと公苑と西遊記

そもそも庭園名や施設名に付されている「西遊」は、西遊記からの命名です。

資材もすべて、中国から運ばれたものが使われているようです。

西山ふるさと公苑がある新潟県柏崎市の西山町は田中角栄氏の出身地である、氏の首相としての実績の一つに日中平和友好条約締結があるということにちなみ、「記念館」を含む「公苑」が中華風に作られているのでしょう。

公苑の主役は、日中平和友好条約締結時の中国側の首相だった周恩来氏の出身地・淮安(わいあん)市ゆかりの『西遊記』で、西遊記関連の石像も置かれています。

そもそも公園ではなく公苑ですというあたりにも含むところがあるのですが、「苑」という字には、語義的に「動物たちの集まるところ」というニュアンスが含まれています。

『西遊記』の孫悟空が猿をモデルとし、猪八戒がイノシシをモデルとしていることも包含した施設名なのでしょう。

中には、同じ柏崎市内にある鯨波地区を意識してか、くじらっぽい置物もあります。

実物の蛇も出るらしいです。

いじめはしませんが、驚きはしそうですね。

 

国交の理想と現実

西山ふるさと館の中では、日中国交正常化関連、さらには淮安市との民間交流について、豊富な資料が展示されていますが、残念ながら館内は撮影禁止となっています。

西山町と淮安市では現在も市民レベルの交流が続いているようですが、平成以降の日中関係では、中国側の対応にいわゆる「反日」イメージがついて回る機会も多く、そのことに呼応するかのように日本側の対中イメージが悪化する、などということもありました。

2004年のサッカー・アジアカップの時の騒動(参考:サッカーキング激化した反日騒動“)などは、その最もわかりやすい具体例の一つですね。

ただでさえ多難の両国関係ですが、特に昨今の中国外交に至っては、日本のみならず諸外国との軋轢をも深刻化させ続けています。例えば米中の経済対立、台湾海峡問題、南シナ海問題等(ロイター通信5分でわかる南シナ海問題“)ですね。

思えば今回の新型コロナ(武漢肺炎)騒動も、元をたどれば中国・武漢の研究所が感染源となった、世界的なパンデミックでした。

既に鬼籍に入って久しい、田中角栄・周恩来両氏が現在の日中関係を見て何を思うかは神のみぞ知るところですが、その後の日中両国の間には結果として様々な政治問題が横たわることとなり、現在習近平総書記がリードする中国共産党は、リアルタイムで尖閣問題を刺激し続けています。

それが民間レベル、個人レベルの話しであれば、決して分かり合えない相手ではないだろうと思うことも多々あるにはありますが、日中両国の国民同士が真の相互理解を進めるためには、並大抵以上の努力が必要になってくるのだろうと捉えることが出来る情報が多いと感じるのもまた、率直なところです。

願わくば、友好を祈念した民間レベルの交流関係が反故になるようなことのないよう、祈るのみですね。

(続く)

 

アクセス

道の駅 西山ふるさと公苑

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
妙高・安曇野ドライブ旅SA/PAと道の駅巡り
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました