【冬の終わりの札幌へ その1】横浜から船旅で北海道へ

旅プラン

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分1秒です。

【冬の終わりの札幌へ その1】横浜から船旅で北海道へ

横浜から北海道へ、交通手段の選択

4通りの交通手段

横浜(関東エリア)から札幌へと言うルートを考える場合、ざっと4通りのメジャーな交通手段があります。

飛行機、鉄道、陸路ドライブ+青森からの青函フェリー(公式サイト)乗船、この辺りが現在の三強でしょうか。

ここに商船三井のフェリー”さんふらわあ号”(商船三井フェリーさんふらわあについて“)に大洗から乗船し、苫小牧に入るという4番目の選択肢が加わります。

 

空路の利点

社会人であれば仕事、学生であれば勉強というような、どこかでそれぞれの義務が絡んだ移動の場合、最も無難な交通手段は羽田空港・新千歳空港間を約1時間30分で結んでくれる飛行機です。

新千歳空港到着後、札幌駅までは「快速エアポート」(JR北海道公式サイト)によって約40分で結ばれているので、羽田空港から札幌駅前までが2時間強で結ばれている計算になります。

横浜駅東口にあるYCAT(公式サイト)から羽田空港までリムジンバスで30分程度であることを加味すれば、横浜中心部からでも+30分~40分程度でしょうか。

トータルでも、都合3時間~4時間程度といったところですね。

こういう移動が可能となると、例えばお昼ご飯は中華街で、夕ご飯はすすきので、というなんとも不思議な一日を過ごすことが出来ますが、これは飛行機旅ならではの魅力です。

 

鉄道移動とドライブ旅の現状

例えば飛行機のライバルである新幹線の場合、北海道新幹線が札幌まで全線開通するのにあと10年程度かかる予定です。

こと札幌行きを考えるのであれば、現状(2021年時点)だと新幹線が飛行機のライバルになるには大体10年早い計算となりますが、2021年現在、既に東京から新函館北斗駅までが約4時間30分で結ばれています。

同じく北海道とはいっても、エリアによっては既に飛行機のライバルとなっているか、あるいは飛行機を上回る状態となっていることがわかりますが、次に新幹線移動と車での移動を比べた場合はどうか。

関東エリアから北海道を目指すドライブ旅の場合、フェリー移動となる津軽海峡を超える時に費用がかさむことになるので、ドライブ旅自体が目的である場合は別ですが、「ガス代だけの下道旅」的なコスパはあまり期待できません。

ということで、「コスパ」(というよりは低予算移動)を第一に考えた場合、ドライブ旅は案外かさみます。

現状だと、青函トンネル区間を超える部分でのみ別料金がかかる、18きっぷ旅一強ということになりそうです。

以上3通りの移動手段をまとめると、スピード重視の旅である飛行機旅や新幹線旅、趣味色の濃さと満足度の高さが比例しそうなドライブ旅、低予算を第一に考えた場合の18きっぷ旅といったあたりに落ち着きそうではあります。

 

船旅で北海道へ

船旅の魅力としては、旅をゆっくり味わうことが出来る点が挙げられます。

少し前までであれば、「旅情メインのゆっくり旅」のライバルには寝台特急・北斗星の旅がプラスされたのですが、残念ながら北斗星は2015年3月で定期運航が終了してしまいました。

結果、「北海道まで、ゆっくり旅情を楽しみながらの旅」としては現状だとドライブ旅との二強状態か、あるいは実質一強状態にあるのがフェリーを利用した船旅である、といえるでしょうか。

船の長旅というと「豪華客船での世界一周クルーズ」みたいなイメージが浮かびがちなところではありますが、日本近海を移動するフェリー旅の場合、そのような旅に比べるとけた違いにリーズナブルでありながらも、ちょっと優雅な旅が楽しめます。

大洗・苫小牧間の便の場合、徒歩での最安一人旅なら一万円程度、最高級船室であるスイートを借りたとしても約7万円程度です。一気に身近なところに迫ってくる感じが何とも魅力的ですね、ということで、今回は久しぶり(10年以上ぶり)に札幌へ、初めて船旅で向かうことにしました。

 

(続く)

 

アクセス

大洗港フェリーターミナル

 

苫小牧西港フェリーターミナル

横浜出身・在住。現在、主に横浜(みなとみらい線沿線中心)の街歩きガイド記事を書いています。鎌倉・江ノ電沿線街歩きや箱根エリアの他国内小旅行記事をはじめ、その他の話題もボチボチ。サイトへのご意見・ご感想等々は、お手数ですがPCからお願いします。

けんいちをフォローする
旅プラン国内小旅行冬の終わりの札幌へ
けんいちをフォローする
みなとみらい線沿線街歩き + 小旅行&Indoor Life
タイトルとURLをコピーしました