【箱根七福神めぐりの旅 その2】芦ノ湖畔の寿老人と毘沙門天、芦川の石仏群

御朱印巡り

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分38秒です。

【箱根七福神めぐりの旅 その2】芦ノ湖畔の寿老人と毘沙門天、芦川の石仏群

寿老人(本還寺)、毘沙門天(駒形神社)

畑宿そばの大黒天(守源寺)詣でに始まり、布袋尊(興福院)、恵比寿神(箱根神社)と進んだ今回の七福神巡り

次なる参拝先は芦ノ湖畔にある寿老人、毘沙門天です。

 

寿老人=本還寺

本還(ほんげん)寺は、箱根町港のすぐ傍にあって、

お寺までの道が分かりやすく見えています。

 

駒形神社へ

今回の七福神めぐりで唯一迷ったのが、毘沙門天=駒形神社への行程でした。

距離的には本還寺からも箱根町港からもそう遠くないところに位置しているのですが、

一本道を間違えると、えらいことになってしまいます。

駒形神社は箱根町港から徒歩圏内にあるのですが、それでもやや距離が離れています。

箱根町港から駒形神社方向に国道一号線を歩いていくと、やがて県道737号線との分岐が出て来るのですが、そのまま国道一号線に沿って歩いていってしまうと、行けども行けどもそれらしい分岐は出て来ません。

延々歩いていくと、そのまま芦ノ湖スカイラインや箱根新道等に向かってしまいます。

ということで一旦交差点まで戻り、箱根町港からそう遠くない交差点で右折し、県道737号線へ入ると、

無事駒形神社へと向かうことが出来ました。

分岐点向かって右手の歩道上に、

この道しるべが埋め込まれていることも、目印の一つになります。

ちなみに、現在通されている国道や県道に沿って三島方面に進むためには、県道737号線ではなく国道一号線を使う必要がありますが、かつての東海道=旧街道では、現在の県道737号線上に、三島方面へと向かう道が用意されていました。

 

毘沙門天=駒形神社

ということで、国道一号線を使わない以上、県道737号線をまっすぐ進めば駒形神社は出てくるはずだとは思いつつも、やや不安になり始めたころ、

無事、神社を見つけることが出来ました。

県道737号線を結構奥まで歩いた後にようやくたどり着くことが出来た毘沙門天・駒形神社ですが、

毘沙門天・駒形神社のすぐ傍というか同じ敷地内には、もう二つほど神社があります。

入り口すぐのところに由緒書きが置かれた犬塚明神社と、

敷地内中ほどのところにある、蓑笠明神社です。

 

芦川の石仏群

元々は駒形神社の境内にあったという芦川の石仏群は、

その大半が「箱根宿の宿民が巡礼成就の記念として建立したものである」(国交省関東地方整備局 横浜国道事務所東海道への誘い 箱根宿“)ようで、

現在でも駒形神社から歩いてすぐのところにあります。

ここから三島宿方面に向かう形で伸びているのが、旧東海道です。

現・県道737号線の延長線上に置かれた石仏群と、

石仏群からまっすぐ三島方向に向かって延びた、旧東海道・石畳の坂道です。

石畳の坂道に沿うように、横浜山手でいうところの「ブラフ講」(桜道沿い元町公園内)のような溝が伸びていますが、旧街道維持にあたっての水はけ等が懸念されたことからのものでしょうか。

入り口には「史跡 箱根旧街道」の碑が建てられていますが、

ここは畑宿の一里塚から続く、旧東海道の道中にあたります。

 

(続く)

 

アクセス

本還(ほんげん)寺

 

箱根駒形神社

 

芦川の関仏群

タイトルとURLをコピーしました