【ちょっと懐かしい沿線風景】全国ふるさとフェア@赤レンガパーク(2015年)

新港地区とみなとみらい

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分52秒です。

【ちょっと懐かしい沿線風景】全国ふるさとフェア@赤レンガパーク(2015年)

全国ふるさとフェア

全国ふるさとフェアは、毎年秋に赤レンガ横のスペースで開催される定例イベントです。

「懐かしい」というタイトルだとちょっと過去形っぽいですし、昨年は新型コロナウイルス感染症こと武漢肺炎の感染拡大防止のためということで中止、今年の開催も目下のところ不透明っぽいですが、一応今現在も生きているイベントです。

内容はというと、日本全国のふるさとから「旨いもの」が集結するというイベントで、色々な郷土料理が楽しめます。

共にドイツのお祭りであり、ビールを楽しむことが目玉となっているフリューリングフェスト(5月)、オクトーバーフェスト(10月)、新年早々お酒と鍋が楽しめるという鍋小屋(1月)など、赤レンガ倉庫では同様のイベントは結構開催されているのですが、その中でも全年齢対象色の強いイベントですね。

入場にはチケットが必要なのですが、

入場チケットを購入して会場内に入ると、

赤レンガ横のスペースが屋台だらけとなっています。

もちろん会場外からも様子は見えますし、「ふるさとフェアが開催されている」ということを知らずに前を通ったとしても、その場で気づいて入るなんてことも可能です。

ふるさとフェアと銘打つだけあって、本当に日本全国津々浦々から美味いものが集結していることが分かりますが、

何分にも屋台の数が屋台の数、かつ全国各地からいわば”精鋭”がそろい踏みしている状態なので、かなり目移りします。

残念ながら余程の大食漢でもない限り全てを食べるのはまず不可能だと思うので、会場内をぐるぐる回りながら「その時点で一番食べたいもの」から順に選別する必要があるんですね。

ということで、カニ汁はじめ、

北海道の海産物、

まずはホタテとカニ、

さらにはカキをいただきました。

その後もボチボチ食べ歩き、最後の締めにあん肝鍋を、

いただきました。

平常時であれば開催まであと半年ほどといったところですが、今年はどうなるのでしょうか。

毎年GWお馴染みのイベントであるフリューリングフェストは中止が決まったようですが、願わくば半年後には通常モードに戻っていてほしいですね。

 

公式サイト/アクセス

公式サイト

 

アクセス(赤レンガ倉庫)

タイトルとURLをコピーしました