スポンサーリンク

【横浜山手の坂道】乙女坂(地蔵坂から山手地区へ)

横浜山手の坂道

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分55秒です。

【横浜山手の坂道】乙女坂(地蔵坂から山手地区へ)

乙女坂へ

ロケーションと坂名の由来

乙女坂は地蔵坂の中腹辺り、蓮光寺の横から始まる階段坂で、坂道を上りきった道沿いにある二校のプロテスタント系女子校(横浜共立学園、横浜女学院)に向かって伸びています。

“乙女坂”の坂名の由来ですが、両校の女子中高生が使う”学校へのショートカットルート”であることに由来し、いつからというよりは、いつの間にかそう呼ばれるようになったようです。

お隣・蓮光寺のお墓に沿うように通されているので、慣れてしまえばなんてことはないのでしょうが、そうでない場合、日中以外の通行には中々のスリルが伴いそうです。

どこか外国人墓地隣に通された見尻坂に近い雰囲気がありますね。

坂道を下る場合、階段坂に入って早々にお墓とお寺が視界に入りますが、反対に坂道を上る場合は、上るほどにお墓への見通しが良くなります。

仮にこの坂道が無い場合。JR石川町駅から乙女坂の”目的地”に行きつくためには地蔵坂を上りきる必要があるので、横浜女学院や横浜共立学園の生徒など”当事者”からしたら、間違いなくあってもらわないと困る類の坂道ではありそうです。

 

山手214番館

乙女坂を上りきった辺り、左側が横浜共立学園の敷地、右側が横浜女学院の敷地ですが、

ほぼすぐのところ左手にあるのが、かつての横浜でスウェーデンの領事館として使われていたという、山手214番館です。ちなみに”領事館”は領事の執務に使用する公館であり、”領事公邸”は領事の居住に使用する公館であるという違いがありますが、案内板の記載には旧領事館とあります。

現在は横浜共立学園が所有し、同窓会の施設として使われているようです。残念ながら現在内部は一般公開されていないようなので、道沿いから眺める程度の観光となります。

 

乙女坂界隈

中高だけでも二校ずつの学校がある一帯にしては通りもこじんまりとしています。同時に道沿いも綺麗にメンテナンスされているのがわかりますが、

坂の上はかつて”bluff”(切り立った崖)と呼ばれた一帯でもあるので見晴らしも良く、遠くにはみなとみらいのランドマークタワーも望めます。山手本通り沿いからの風景そのままですね。

山手本通り側から乙女坂へ向かう場合は、神奈中バス11系統のルートに沿って進み、

地蔵坂上交差点を右折後直進、さらに三差路を道なり右側に突き当りまで進むと、横浜共立学園の右手から乙女坂方面に抜けることが出来ます。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました